催促状(再催促_会費納入)文例と書き方

催促状(再催促_会費納入)の文例

催促状(再催促_会費納入)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ОΟОΟ 株式会社
役職
ОΟОΟ 様
又は
ΟООΟ 様

平成 年 月 日
ОΟОΟ会
理事長 ΟООΟ 印
電話***-****-****

会費納入のお願い

拝啓 
ΟΟの候、(会員様/ΟΟ様/貴社)におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、先般もご通知いたしましたとおり、Ο年度会費が未だ納入されておりません。 (時節柄/何かと)(ご多忙/ご多用/ご繁忙)とは存じますが、当会としましても(今後/会計処理上/予算策定)の都合もあり、 何とぞ、お振込みをお急ぎいただきますよう切にお願い申し上げます。
なお、お振込みが本状と行き違いになってしまいましたら、お許ください。
取り急ぎ、会費納入のお願いまで 。

敬具


 

催促状文例と書き方

7月季節/時候の挨拶

7月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
7月上旬 (梅雨明け/向暑)の(候/みぎり)
7月中旬 (仲夏/盛夏)の(候/みぎり)
7月下旬 (大暑/極暑/酷暑/炎暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について