催促状(再催促_代金支払)文例と書き方

催促状(再催促_代金支払)の文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
催促状(再催促_代金支払)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ОΟОΟ 株式会社
代表取締役社長
ΟООΟ 様

平成 年 月 日
株式会社 ОΟОΟ
ΟООΟ 印
電話***-****-****

商品代金お支払いの件

前略
早速ではありますが、 月  日付(請求番号      )にてご請求いたしましたОΟОの商品代金につきまして 再三お支払いをお願いにもかかわらずが、本日に至るまでご入金がございません。 また、お支払いに関して納得にいくご説明も受けておらず、弊社としては困惑しております。
(長年/これまで/今後)の(ご交誼/お取引/ご愛顧)を考慮し、本日までお支払いをお待ちしましたが、これ以上の猶予もできません。
つきましては、本状到達後、速やかにお支払いただますようお願いいたします。
なお、(ご送金/お支払い/お振込み)が本状と行き違いになりましたらお許し願います。
取り急ぎ、お願いまで 。

早々

-スポンサードリンク-

催促状文例と書き方

各種催促状の文例と書き方一覧と 催促状関連コンテンツです。

催促状文例一覧

5月季節/時候の挨拶

5月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
5月上旬 (若葉/新緑/葉桜/立夏)の(候/みぎり)
5月中旬 (青葉/薫風/万葉/緑樹)の(候/みぎり)
5月下旬 (残春/惜春/暮春/軽暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map