催促状(最終催促_代金支払)文例と書き方

催促状(最終催促_代金支払)の文例

催促状(最終催促_代金支払)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

株式会社 ОΟОΟ
代表取締役社長
ΟООΟ 様

平成 年 月 日
株式会社 ОΟОΟ
ΟООΟ 印
電話***-****-****

代金お支払いの件

前略
早速ですが、 月  日付(請求番号      )にてご請求いたしておりますОΟОの代金支払いの件ですが、 再三にわたるお支払いのお願いにもかかわらず、未だご入金がなく、弊社としましては、貴社に強い不信感を感じざるを得ません。
つきましては、最終のお支払い期限として、今月末日までにお支払いくださいますようお願いいたします。
<継続取引の場合>
万が一、期日までにお支払いがない場合、誠に(残念/遺憾/不本意)ではありますが、以降のご注文を(ご遠慮/お断り)させていただくとともに、 本件に関してもしかるべき対応を検討いたしたく存じます。
<法的処置の通告の場合>
万が一、期日までにお支払いがない場合、甚だ(遺憾/不本意)なことではありますが、 法的手段を含めしかるべき対応をとりますことをご承知おきください。
なお、ご送金が本状と行き違いになりましたら、ご容赦いただきますようお願いいたします。
取り急ぎ、お支払いのお願いまで 。

早々

催促状文例と書き方

7月季節/時候の挨拶

7月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
7月上旬 (梅雨明け/向暑)の(候/みぎり)
7月中旬 (仲夏/盛夏)の(候/みぎり)
7月下旬 (大暑/極暑/酷暑/炎暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について