個人から法人宛の請求書文例と書き方

個人から法人宛の請求書文例

個人から法人宛の請求書文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

株式会社 大山商事 御中

平成  年  月  日
ΟООΟ 印 
住所 ОΟООΟО 
電話   00-000-0000
FAX   00-000-0000

御請求書

拝啓 
ΟΟの候、貴社におかれましては(益々/いよいよ)ご(隆盛/繁栄/隆昌/清栄/盛業)のこととお慶び申し上げます。
さて、先日ご購入いただきました絵画(題名 ОΟО)につきまして、下記の通りご請求いたします。お支払い程よろしく願い申し上げます。
なお、ご不明な点は当方までお問い合わせください 。

敬 具

1.品名・価格
1) 絵画 1点  ¥000000 (Ο号油絵、額付)
2) 送料 1式  ¥000000
       ご請求金額   ¥000000円 
2.お支払い期限 平成Ο年Ο月Ο日 
3.お支払い方法 以下の銀行口座へのお振込み
        ΟΟ銀行 ΟΟ支店
        普通 口座番号 000000000
        口座名義 オヤマ イチロウ
 (お振込み手数料はご負担いただきますよう願します。)
4.備考

以 上

請求書文例と書き方

各種請求書の文例と書き方一覧と 請求書関連コンテンツです。

請求書文例一覧

関連文例&コンテンツ

2月季節/時候の挨拶

2月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
2月上旬 (厳寒/余寒/立春)の(候/みぎり)
2月中旬 (残寒/残雪/晩冬)の(候/みぎり)
2月下旬 (春寒/寒風/梅花)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map