始末書_火災文例と書き方

始末書_火災の文例

始末書火災例文/文例と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

ΟΟ工場長
ΟООΟ 殿

平成Ο年Ο月Ο日
製造部 ΟООΟ 印

始末書

去る平成Ο年Ο月Ο日午前10:30頃、私が行っていた溶接の火が側にあった段ビールに引火し、火災が発生しました。 幸い気付いたのが早く、私と同僚数名で消火にあたり、火災のあった近辺を焦がす程度で火は収まりました。
この失火事故は、私が溶接作業における安全確認を怠ったことが原因であり、まったく弁解の余地もありません。
この度の事故で会社に多大な損害とご迷惑おかけしましたこを深く反省しております。 今後は、いかなる作業においても指差しによる安全確認をおこない、二度とこのような 事故を起こさないことを固くお誓いいたします。
この度の不始末につき、本書をもって改めまして深くお詫び申し上げます 。

以 上

火災事故は責任が重いため、慎重に語彙を選択して使いましょう。
「失火」は、本人が犯した過失で火災を起こした場合に使い、
「出火」は、過失の有無を問わず火災を起こした場合に使います。
火元責任者の引責などでは、「ОΟОが起こした失火事故」又は、「ОΟОの火災/出火事故」とし、 出火に対して、火元責任者自身の直接的過失はないことを表しておくのが無難でしょう。
【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について