始末書_暴言/非礼/無礼(対客先)文例と書き方

始末書_暴言/非礼/無礼(対客先)の文例

始末書暴言/非礼/無礼(対客先)の文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課 ΟООΟ 印

始末書

この度は私の(不適切な接客態度/言動/言葉遣い/無礼な態度/失礼な言動/不誠実な応対/不適切な電話対応)により、(お得意様である○○(株式会社/様)(の逆鱗に触れてしまい厳しい叱責をお受けしました/からお叱りを受けました)。
または
私は、○月○日に○○株式会社(を訪問お伺いした/ΟΟ様とお打ち合わせ/への(営業/納品/○○)の)(際/の折に)、(ΟΟ様/客先の皆様)に(非礼な/不心得は/ご無礼な/営業マンとして/社会人として)あるまじき)(ことを/言動を/暴言を申し上げて)してしまいました。
または
私は、○月○日に(店舗にお越しいただいたお客様/○○株式会社へ出向き、打ち合わせてをしている最中)に(自分自身の感情の抑制ができず、つい/感情的になって)(お客様/ΟΟ様)(に暴言を申してしまいました/の名誉を傷つけるようなことを申してしまいました/食ってかかって口論をなりました)。
 
(当日/先日)は、(体調が優れず、イライラしておりまして/思うよにならない事が重なり、自分の感情を抑えることができませんで/神経が高ぶっていて自制心がきかず)、(自分でも思いもよらない(行動/言葉を発)してしまいました/不本意ながらあのような行為に及んでしまい/自身でも何故あのよなことをしてしまったかのかと/心にもないことを申し上げたてしまいましたことを)今では(深く反省/後悔)するばかりです。
または
(当日/先日)は、(あまりも理不尽なことについ感情的になってしまい/○○の対応に関して厳しい叱責を受けてつい頭に血が上り)(激しい口論に及んだことは/暴言を発したのは)、それが紛れもない事実であり、(自分自身の弱さ/社会人としての自覚の欠如)を痛感し、(深く反省するばかりです/今は後悔しております)。
 
また、(私の不始末のために/この度のことで)(会社/職場)の皆様に多大なご迷惑をおかけしましたこと(深く/改めて)お詫び申し上げます。
 
(かかるうえは/今後は)、(如何なる場合は冷静でいるよう精進し/心身の安定を心がけて)、このような(不始末を起こさない/ことのない)よう(注意し/肝に銘じた/心身の健康管理に気を付けて)ますので、今回に限りまして寛大なご措置をいたさきますようお願い申し上げます。
または
この度にことは、(全くもって弁解の余地もなく私の不始末/社会人としてあるまじき行為/自身ので責任)ありますので、(如何なる処分も/相応の処分を)受ける覚悟でおりますが、私の謝罪の気持をご賢察いただければ幸いです。
 
この度の不始末に関しまして本書をもちまして深くお詫び申し上る次第です 。

以 上


 

始末書の文例と書き方

各種始末書の文例と書き方一覧と 始末書関連コンテンツです。

始末書文例一覧

関連文例&コンテンツ

2月季節/時候の挨拶

2月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
2月上旬 (厳寒/余寒/立春)の(候/みぎり)
2月中旬 (残寒/残雪/晩冬)の(候/みぎり)
2月下旬 (春寒/寒風/梅花)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map