始末書_客先での失態(規則違反_社内用)文例と書き方

始末書_客先での失態(規則違反_社内用)の文例

始末書客先での失態(規則違反_社内用)の文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課 ΟООΟ 印

始末書

私は、去る○月○日に○○株式会社○○(工場/事業所)において(立ち入り禁止エリアに許可なく進入するという/ヘルメットを着用せず脚立での作業を行い、客先から安全教育の再受講を命じられる/作業用に車両を構内の制限速度を超えて運転し、客先より厳重なる注意を受ける)(不始末を起こ/失態を犯して)してしまいました。
 
この度の(こと/不始末)は、私(の明白な不注意/が安全作業を軽視しているといわれてもしかながないことでであり/客先での行動に(問題があったことは明らか/甘えがあったの原因で/緊張感がないことが原因)あり)、申し開きでの余地がないことと、深く反省いたしております。
または
○○株式会社殿(での作業が/へお伺いしたのが)初めてで(客先の規則を(把握できてい/知ら)なかったとはいえ、(規則に反してしまったことにはかわりがなく/客先にご迷惑をかけてしまった/会社の信頼を損ねたことは間違いなく)、(深く反省しておりまます/自分自身の(不甲斐なさ/浅はかな行動)を悔いるばかりです)。
 
今後は、このようなことと(が発生/を起こさない)ように(肝に銘じて/細心の注意を払って)まいりますので、今回は寛大なご措置を賜りますようお願い申し上げます。
または
これからは、客先(での行動につき細心の注意を払い/の規則を事前に確認して)、絶対に規則違反を犯さないよう努めてまいる所存でありますので、今回は寛大なご措置を賜りますようお願い申し上げます。
 
この度の不始末に関しまして本書をもちまして深くお詫び申し上る次第です 。

以 上


 

始末書の文例と書き方

各種始末書の文例と書き方一覧と 始末書関連コンテンツです。

始末書文例一覧

6月季節/時候の挨拶

6月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について