始末書_管理不行届(従業員の接客クレーム)文例と書き方

始末書_管理不行届(従業員の接客クレーム)の文例

始末書管理不行届(従業員の接客クレーム)の文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО店 店長 ΟООΟ 印

始末書

○月○日○時頃に○○店(に勤務する○○/のアルバイト店員/のパート従業員)が、ご来店したお客様に対しまして(不適切な接客態度/失礼な接客/無礼な態度/失礼な言動に/不誠実な応対に/○○○をしてしまいそてに)より、(当(社/店)の信頼を著しく損なうこととなりました/お客様の逆鱗に触れてしまい厳しい叱責をお受ける失態を犯してしまいました)。
または
去る○月○日、私が店長を務める○○店の(アルバイト店員/パート従業員/従業員○○)が、お来店いただいたお客様に(甚だ(非礼/無礼/失礼)な接客をした/○○○をした/○○という(不始末/失態)を犯した)ことで、(その接客態度を(Twitter/ブログ)に投稿したことで、当店(に批判/を非難)する(苦情が多く寄せらる/(記事/投稿)がインターネット上に蔓延する)事態を招いてしまいました。
 
(店長として/私としては、)(従業員/パート従業員/アルバイト店員)の(接客/言動/言葉遣い)について(厳しく教育しておりました/日頃より指導を行ってきましたが)、(まだそれが徹底されていなかった/不十分であった)ことを痛感(し、深く反省しております/しますとともに私の管理が行き届いていなかったことに責任を感じております)。
または
この度の件では、クレームを受けた(アルバイト店員/パート従業員/従業員○○)は、(普段より接客態度に問題があった/入店間もなかった/不慣れであった)のにもかかわらず私の判断で(フロアーを任せて/○○をさせて)しまったのは、(明らかに/弁明の余地もなく)私の(責任でありまして/不徳の致すところ/管理能力の欠如でありまして)深く反省いたしております。
 
今後は二度と同様なのことが起きないよう(従業員/アルバイト)への(管理と指導を/指導を徹底)してまいりますので、今回に限りまして寛大なご措置をいたさきますようお願い申し上げます。
または
この度にことは、(クレーム対応を誤ってしまったことで事態を悪化さたことは明らかで/店長である私に責任がることは明白で/私の管理不行届が原因で/私の管理と指導不足が原因で)ありますので、(如何なる処分も/相応の処分を)受ける覚悟でおりますが、私の(反省/謝罪/反省と謝罪)の気持ちだけでもお汲みいただければ幸いです。
 
この度の(不始末/不祥事)に関しまして本書をもちまして深くお詫び申し上る次第です 。

以 上


 

始末書の文例と書き方

各種始末書の文例と書き方一覧と 始末書関連コンテンツです。

始末書文例一覧

関連文例&コンテンツ

1月季節/時候の挨拶

1月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
1月上旬 (新春/初春/寒冷)の(候/みぎり)
1月中旬 (仲冬/酷寒/厳寒)の(候/みぎり)
1月下旬 (厳冬/寒風/大寒)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map