始末書_管理不行届(社員の営業クレーム)文例と書き方

始末書_管理不行届(社員の営業クレーム)の文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
始末書管理不行届(社員の営業クレーム)の文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課 ΟООΟ 印

始末書

去る○月○日、(当課の/私の(指揮/監督)下にある)○○が(株式会社○○において/客先にて/当社(得意先/重要顧客)であります○○株式会社殿において)(甚だ(非礼/無礼/失礼)な(行為/言動)をなして/○○という(不始末/失態)を犯して)しまい、(客先より(抗議/クレーム)を受けました/○○の件を逸注いたしました)。
または
去る○月○日、当課○○が株式会社○○殿より、(見積もり依頼/ご注文を/資料の請求/納期変更のご連絡)をお(受け/聞き)していたのもかかわらず、それを(失念し、/忘れてしまい/担当に伝えず)(○日もの間何の対応をとらなかった/ほったらかしにした)ことで、(客先からの信頼を損なってしました/客先より厳重な注意を受けてしまいました)。
 
この度の(不始末/失態)を犯した当課の○○は、(入社して間もない者でしたから/度々客先での言動に関して注意を受けることがありましたので/当部署に転属になりまだ日が浅く、業務に不慣れであったことから)、本来なら(責任ある業務を任せるべきではなかったのです/誰かをサポートに付けるべきでした)が、(繁忙期であったことで/人手が不足していたため)私の判断で(○○株式会社の担当/今回の業務)を任しました。
しかしながら、(私の判断/その判断の甘さ)がこのような(問題/失態)を招いたことは、(明らかに/弁明の余地もなく)、深く反省いたしております。
または
(指揮監督をする立場の者として/私としては、)○○をはじめ全ての営業担当に(営業対応/業務の(誠実/着実)な遂行)を(厳しく指導しておりました/日頃より指導を行ってきましたが)、(まだそれが徹底されていなかった/不十分であった)ことを痛感(し、深く反省しております/しますとともに私の管理が行き届いていなかったことに責任を感じております)。
 
今後は二度と同様なのことが起きないよう(管理と指導を/指導を徹底)してまいりますので、今回に限りまして寛大なご措置をいたさきますようお願い申し上げます。
または
この度にことは、(私の管理者(としての判断の甘さ/としての職務怠慢)であり/課長である私に責任がることは明白で/私の管理不行届が原因で/私の管理と指導不足が原因で)ありますので、(如何なる処分も/相応の処分を)受ける覚悟でおりますが、私の(反省/謝罪/反省と謝罪)の気持ちだけでもお汲みいただければ幸いです。
 
この度の(不始末/不祥事)に関しまして本書をもちまして深くお詫び申し上る次第です 。

以 上


 
-スポンサードリンク-

始末書の文例と書き方

各種始末書の文例と書き方一覧と 始末書関連コンテンツです。

始末書文例一覧

関連文例&コンテンツ

3月季節/時候の挨拶

3月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
3月上旬 (弥生/早春/浅春)の(候/みぎり)
3月中旬 (軽暖/春暖/春分)の(候/みぎり)
3月下旬 (陽春/春色/萌芽)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map