始末書_管理不行届(部下の交通事故)文例と書き方

始末書_管理不行届(部下の交通事故)の文例

始末書管理不行届(部下の交通事故)の文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課 ΟООΟ 印

始末書

(去る○月○日○時頃/先日ご報告したとおり)、当課○○が(営業車を運転中に交通事故をおこし/自身の車で運転していて(人身/死亡)事故をおこし/朝の通勤の際起こした交通事故について自動車運転過失傷害の疑いで検挙され)(ました/たことが判明いたしました)。
 
(営業車の運転には常日頃、注意喚起をしていたにもかかわらず、このような/会社として、安全運転の指導を再三にわたり行って中の)事故であり、弁明の余地がなく、本人に対しての厳しい処分は(やむを得ない/免れない)し、その者を(監理監督/指導)すべき立場の私に関しても(指導を徹底できなかった責任は重く/管理不行き届があったのは明白であり)、深く反省するとともにお詫び申し上げる次第です。
または
この度、(事故を起こした/検挙された)○○は、(複数回の交通違反があり/運転上の不注意がみられ/スピード違反など繰り返し、安全運転の意識が低かったといわざるを得ず)、その都度の注意喚起わしていたものの今回の事故で(課長/管理者)たる私(の指導力不足を痛感し、/の管理不行き届きを/も責任を感じ、)深く反省いたしております。
 
同課の者には、更に安全運転を徹底するよう指導をして/安全運転を徹底する/再度、指導を徹底)してまいりますので、この度の監理不行き届きにつきまして何卒ご寛大な措置をいたさきますようお願い申し上げます。
または
この度にことは、(私の管理者としての指導の甘さ/課長である私の管理能力の未熟さ)(にも責任があり/もたた一因であったことを認め)、相応の処分をお受ける覚悟でおります。
 
この度の(不始末/不祥事)につき本書をもちまして深くお詫び申し上る次第です 。

以 上


 

始末書の文例と書き方

各種始末書の文例と書き方一覧と 始末書関連コンテンツです。

始末書文例一覧

6月季節/時候の挨拶

6月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について