始末書_管理不行届(管轄部署の目標不達成)文例と書き方

始末書_管理不行届(管轄部署の目標不達成)の文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
始末書管理不行届(管轄部署の目標不達成)の文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課 ΟООΟ 印

始末書

私(が管轄する/の統括する)(○○課/○○エリア/○○事業)が、(○月の(営業/○○)目標/(上半/四半)期の営業目標/○○拡販月間の売り上げ目標/○月から○ヶ月連続で○○の目標)(において大幅に業績を下回わる事態を招いてしまいました/を達成できませんでした)。
 
このことは、(ひとえに/如何なる理由であれ)私の(不徳の致すところ/職務怠慢/管理能力の欠如/部下への指導力不足)(であり、/を痛感するとともに)深く反省をしております。
または
この度の(目標不達成/業績不振)は、(○○の対応に忙殺されたとはいえ/まだ、新規参入したばかりで販売に苦戦したとはいえ/この所の景気後退で受注が思うよに伸びなかったことが原因はありますが/当初の(予定/目標)が(実態/実情)に即していなかったとはいえ)、(最低限の目標は当然達成すべきで/○○課の(統括/課長)として責任は否めなく/私に職務怠慢があったといわれても仕方がないこと)、深く反省しております。
 
(つきましては/かかるうえは)、(来月/次月/(上半/四半)期)においては、(一意専心で/鋭意努力し、)与えられた(目標必ずや達成/職務を遂行)しますことをお誓いいたします。
(また、/万が一にも)(来月/次月/(上半/四半)期)においても(改善がみられない/目標を下回った)場合、(厳しい処分/如何なる処分)を受け(ても不服を申し上げません/する覚悟をしている次第です)。
または
(来月/次月/(上半/四半)期)は、(課員/部下/エリアの店舗/事業部門の皆)(に/に対しての)(更なる/改めて)(指導/営業努力の喚起/管理/管理監督/教育)をしてまいりますので、今回に限りまして寛大なご措置をいたさきますようお願い申し上げます。
 
この度の(営業目標不達成/職務怠慢)に関しまして本書をもちまして深くお詫び申し上る次第です 。

以 上


 
-スポンサードリンク-

始末書の文例と書き方

各種始末書の文例と書き方一覧と 始末書関連コンテンツです。

始末書文例一覧

関連文例&コンテンツ

3月季節/時候の挨拶

3月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
3月上旬 (弥生/早春/浅春)の(候/みぎり)
3月中旬 (軽暖/春暖/春分)の(候/みぎり)
3月下旬 (陽春/春色/萌芽)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map