対外向_始末書(客先での規則違反)文例と書き方

社外向_始末書(客先での規則違反)文例

対外向_始末書(客先での規則違反)例文/文例と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

平成О年О月О日

株式会社 ΟОΟО
(工場長/ΟΟ部長)
ΟООΟ 様

株式会社 ΟОΟО
(ОΟ部/ΟΟ部長)
 ΟООΟ 印

始末書

(О月О日/先般)、弊社(社員/ΟΟ)が(貴社に出向いた際、(誤って/取り決めを知らず/勝手に)立ち入り禁止(エリア/場所)に進入しまい/工場内の制限速度を大幅に上回る速度で構内を走行しましたこと//作業時に義務付けられている(安全帯/ヘルメット/安全靴/ΟΟ)を(着用/携帯)ぜず、安全衛生責任者より厳重注意を受けてしまい)、(会社(の長/を代表)/管理監督者)して心よりお詫び申し上げます。
または
この度は、私の(不始末/不注意/ルール無視/規則違反)で(貴社/ΟΟ様をはじめ多くの皆様)に多大なご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。
 
この度の(規則違反/こと)は、私の(不注意/気の緩み/思い上がり/緊張感のなさ)が原因で(ありまして、弁明の余地がなく/あり、申し開きできるものではなく)、(深く反省/猛省)いたしております。
または
この度の不始末は、弊社(ОΟ/社員)(がそのことを知らなかった/の不誠実さ/の勘違いではあります/の安全への意識の欠如)が原因であり、(弊社/管理監督をするべき私)(に責任があるのは/の(監督/管理)不行き届きがあったのは)明白でありまして(会社の長として/ΟΟを統括するものそして)(深く反省/猛省)いたしております。
 
今後は、二度とこのよな(不始末をおこさないよう(努めて/肝に銘じて)/基本的な(こと/規則)を遵守して)まいりますので、今回ばかりは(ご寛容賜り/お許しいたきき)ますようお願い申し上げます。
または
今回のことを受けて(ОΟ/当事者)には厳重な注意をするとともに貴社(で作業を行う作業員/にお伺いする営業担当者)に対して(緊急/改めて)(安全教育を実施/客先での行動規範を遵守するよう指導)いたし(ます/ました)ので、今回ばかりは(ご寛容賜り/お許しいたきき)ますようお願い申し上げます。
 
この度の不始末に関し、(改めて/本書をもって)深くお詫び申し上る次第です 。

以 上


 
【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について