始末書 子供のいたずら 文例/例文と書き方

始末書 子供のいたずら 文例/例文と書き方-掲載された文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストして利用にただけます。 当サイトの文例/例文には、書き換えの語句や文章が挿入している場合もあります。ご自身の心情や状況に応じて適宜、選択や変更してご利用ください。

度の過ぎた悪戯 子供の始末書 文例

令和Ο年Ο月Ο日

ΟΟΟ(小/中/高等)学校
校長 ΟООΟ(殿/先生)

Ο年Ο組 ΟООΟ
保護者  ΟООΟ 印

始末書

この度、(子の名:ОΟ)(が友人(О名/等)ともに/が)(ОΟをなしてしまい/悪戯としては度が過ぎたことをなし)、(皆さん/同級生のОΟ君/クラスメートの皆)に(不快な思いをさせて/迷惑をかけて)しまい、深くお詫び申し上げます。
本人は(悪戯の延長で軽い気持ちでなしたとはいえ/最初はちょっとした悪戯が、次第にエスカレートしていったとようではありますが/このような大きな問題となるとは思わずなしたことではありますが)、(自身の行動がもたらす結果を/そのことが他の方々(に迷惑をかける/を不快にさせる)こと)を(理解/認識/予測)する(分別/理性/自制心/道徳意識)すら持ち合わせなかったのは、(私ども/家庭で)の(教育/躾)に至らぬ点があったと痛感するばかりです。
つきましては、保護者として二度と(同様の/このような)不始末をさせないよう監督、指導してまいるますので、今回に限りましては寛大なご(処分/措置)を賜りますようお願い申し上げます。
(この度の不始末/息子ОΟの不始末)に関しまして、本人と連名で本書を提出いた(した次第です/します)。

以 上

- ▼ [クリック-表示/非表示] -

度の過ぎた悪戯 子供の始末書 文例▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項