学校宛_子供の始末書(無断欠席)文例と書き方

学校宛_子供の始末書(無断欠席)の文例

学校宛_子供の始末書(無断欠席)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

ΟΟΟ(小/中/高等)学校
校長 ΟООΟ(殿/先生)

Ο年Ο組 ΟООΟ
保護者  ΟООΟ 印

始末書

この度、(子の名:○○)が(学校を無断欠席しました/嘘をついて学校を休んでしまいました/親や学校に無断で授業を欠席したとの)ことで、(担任の○○先生をはじめ多くの方々/学校)にご迷惑とご心配をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。
または
○○の無断欠席はこれで○回目であり、前回ご注意を受けた際も保護者として監督を徹底するとお約束したのにもかかわらず、同様のことを繰り返してしましたこと、深くお詫び申し上げます。
 
この度の無断欠席について本人(の話を聞きましたが、特段の問題を抱えてるいる様子はなく、単純に怠け心でなしたとのことがわかりましたので、学校で勉強することの意義を説諭し、本人もそのことを理解するに至りました。
または
今回無断欠席したのは、(ゲームをしたいという単純な/勉強するのが面白くないという)理由であり、(それだけで間単に学校を休むなど(許されることではありません/もっての他です)/学生の本分が学業であるとの意識が欠如していることは明らかです)。
または
誠にお恥ずかしいことではありますが、○○先生からご連絡をお受けするまで○○(の無断欠席を/が授業を無断で欠席することを繰り返していることを)知りませんず、保護者としての監督義務(を果たしていなかったことは明白であり/を怠っていたと言わざるを得ず)、深く反省をしたしております。
 
今後は、二度と(無断欠席をさせなよう/このよううなこのないよう)保護者として監督、指導してまいる(所存です/ことをお誓いします)。
または
今回のご指導を受けて本人も(無断欠席を/勝手に授業を欠席)しないと誓っておりますし、親としては指導と監督を徹底してまいる所存でありますので、今回に限りましては寛大なご(処分/措置)を賜りますようお願い申し上げます。
 
この度の不始末に関しまして、本人と連名で本書を提出いた(した次第です/します)。

以 上


 

始末書の文例と書き方

各種対外向_始末書の文例と書き方一覧と 対外向_始末書関連コンテンツです。

対外向_始末書文例一覧

6月季節/時候の挨拶

6月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について