学校宛_子供の始末書(他校との暴力事件)文例と書き方

学校宛_子供の始末書(他校との暴力事件)の文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
学校宛_子供の始末書(他校との暴力事件)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

ΟΟΟΟ 様

市立ΟО(小/中)学校
Ο年Ο組 ΟООΟ
保護者  ΟООΟ 印

始末書

この度、私の(長男/長女)(子の名:○○)(が友人(○名/等)ともに/が)、(街中/ゲームセンター/○○)で(他校の生徒/他の来店客/通りがかりの男性)に対して(一方的に/些細なことから/言いがかりを付けて)(暴力行為に及んだ/口論の挙句に暴力を振るってしまった/喧嘩となり、補導されてしまいまいた)こと、深くお詫び申し上げます。
または
(○月○日、/修学旅行中に/○○大会の際、)私の(長男/長女)(子の名:○○)が(再び)(他校の学生との)(口論の挙句/些細ないさかいから)暴力を振るってしまい、(に全治○日の怪我をさせたことで/の衣服が破れるなどしてしまったことで)、(先生方/学校に)大変なご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。
 
本人は、(相手から喧嘩を売られたとは申しておりますが/負傷させるつもりはなかったとはいえ)、他人(にお怪我を負わせてしまたことを/に暴力を振るったことを)今更ながらではありますが後悔とともに深く反省をいたしております。
または
本人が如何なる理由であれ、暴力を振るうことがどのような結果をもたらすかすら理解できなかったのは、(私ども/家庭で)の(教育/躾)に至らぬ点があったと痛感するとともに深く反省いたしております。
 
○○には私どもから他人(に暴力を振るえば/を傷つけてしまえば)、(社会では/成人であれば)逮捕されることを説諭して本人も理解いたしております。
または
○○には私どもから厳しく注意をすし、(二度と(暴力を振るわない/喧嘩しない)と誓っております/本人も自身の行いを悔いて深く反省しておおります)。
 
(今回に限って相手の方が/本人が深く反省していることから相手の方々が/怪我をされた方のご配慮で)警察への被害届を控えていただいたご恩を無にしないよう、二度と(同様/このよううな)ことを繰り返さないよう保護者として監督、指導してまいる(所存です/ことをお誓いします/ます)。
または
本人が、二度と暴力を振るわないと誓い、万が一にも再び(暴力行為/喧嘩)をしたら厳しい処分を受ける覚悟をしておりますので、今回に限りましては寛大なご措置を賜りますようお願い申し上げます)。
 
この度の不始末に関しまして、本人と連名で本書を提出いた(した次第です/します)。

以 上


 
-スポンサードリンク-

始末書の文例と書き方

各種対外向_始末書の文例と書き方一覧と 対外向_始末書関連コンテンツです。

対外向_始末書文例一覧

関連文例&コンテンツ

5月季節/時候の挨拶

5月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
5月上旬 (若葉/新緑/葉桜/立夏)の(候/みぎり)
5月中旬 (青葉/薫風/万葉/緑樹)の(候/みぎり)
5月下旬 (残春/惜春/暮春/軽暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map