対外向_始末書(人身/労災事故_元請宛)文例と書き方

社外向_始末書(人身/労災事故_元請宛)の文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
対外向_始末書(人身/労災事故_元請宛)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

株式会社 ○○○○
(代表取締役社長/現場代理人)
ΟООΟ 様

株式会社 ○○○○
代表取締役社長
 ΟООΟ 印

始末書

○○工事において(○月○日/先般)発生した弊社(社員/作業員)の(労災事故/転落事故/○○事故)では、貴社に多大なご迷惑と(ご心配/ご負担)をおかけしましたと、深くお詫び申し上げます。
または
この度は、弊社(作業員/従業員)の(不注意/不始末)で貴社(に多大なご迷惑をおかけしてしまい/(施工主様への信頼/社会的の信用)を(著しく)損なう事態を招いてしまいましたこと)、心よりお詫び申し上げます。
 
(この度/今回)の(事故/○○)は、(弊社の(安全管理の不備/安全管理教育の不徹底)/弊社作業員の不注意)が原因であり、(全く弁明のの余地もなく/申し開きできることではなく)、(弊社/現場代理人たる私)の(管理不行き届き/責任)を(深く反省/猛省)いたしております。
または
この度の(事故が(軽症/打撲/捻挫/○日の療養で完治する程度の怪我)ですんだ/事故は、不測のことであった)とはいえ、貴社の工事を請負ものとして(労災事故/事故)は決して(あってはならない/許されされない)ことであり、その責任の重大さを痛感するとともに深く反省いたしております。
 
今回のことは、(私/弊社)(の不徳の致すところで/に責任がることは明白で/安全管理義務の不行届が原因で)ありますので、相応の処分を受ける覚悟でおりますが、(弊社/私)の(反省/謝罪/反省と謝罪)の意をだけでもご賢察いただければ幸いに存じます。
または
今後は、二度と事故を起こさないよう(早急に安全対策を取りまとめ確実に実行して/先般提出したしました○○事故再発防止策を徹底して)まいりますので、今回に限り何卒(ご寛容賜り/ご容赦いかたき)ますよう伏してお願い申し上げます。
 
この度の(事故/不始末)に関し、(改めて/本書をもって)深くお詫び申し上る次第です 。

以 上


 
-スポンサードリンク-

始末書の文例と書き方

各種対外向_始末書の文例と書き方一覧と 対外向_始末書関連コンテンツです。

対外向_始末書文例一覧

関連文例&コンテンツ

3月季節/時候の挨拶

3月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
3月上旬 (弥生/早春/浅春)の(候/みぎり)
3月中旬 (軽暖/春暖/春分)の(候/みぎり)
3月下旬 (陽春/春色/萌芽)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map