進退伺_取引停止文例と書き方

進退伺_取引停止の文例

進退伺_取引停止例文/文例と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

平成Ο年Ο月Ο日
営業部 ΟООΟ 印

進退伺

去る平成Ο年Ο月Ο日に私が担当しておりましたОΟО株式会社のΟΟ部長 を怒らせてしまい、ОΟО株式会社からの取引を全面的に停止されてしまいました。
当日は、以前納品した製品のクレーム対応でОΟО株式会社に出向き、 ΟΟ部長にお詫びとご理解を頂くため、誠心誠意のご説明をいたしておりました。 しかしながら、クレームの件に関してご理解いただけないばかりか、 当社とは直接関連のない事項に対しても言及され、当社の非を認め、 賠償をするよう求められため、私は多少強い口調で否定してしまいました。 そのことがΟΟ部長の逆鱗に触れ、その後は双方とも感情的な会話となり、 私は怒りを抑えきれず、物別れのままОΟО株式会社を立ち去りました。
私は帰社後ΟΟ課長にその旨報告し、課長はΟΟ部長とともに直ちに ОΟО株式会社へ出向きΟΟ部長に面会を求めましたが、応じてもらえず、 翌日、今後の取引を全面的に停止する旨の文書が送られてきました。 その後も度々上司の皆様がΟΟ部長への面会を求めましたが、既に結論が 出ていることと応じてもらえておりません。
本件は、理不尽な要求であったとしても冷静な態度を保てなかった、私の社会人としての自覚 と責任の欠如が原因であったと痛感し、深く反省しております。
つきましては、本書において改めて、会社に多大な損害を与えましたことを お詫び申し上げるとともに、ここに、今後の進退についてご決裁をお願いする次第です 。

以 上

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について