進退伺_管理不行届(労働災害)文例と書き方

進退伺_管理不行届(労働災害)文例

進退伺_管理不行届(労働災害)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

株式会社 ○○○○
代表取締役社長
ΟООΟ 殿

(安全管理部/現場代理人)
 ΟООΟ 印

進退伺

私が現場代理人を務める○○工事において(○月○日/先般)発生した(社員/作業員)の(労災事故/転落事故/○○事故)で、会社(に多大なご迷惑とご負担をおかけし/の信用を著しく損ない)ましたと、深くお詫び申し上げます。
または
この度の(労災事故/転落事故/○○事故)では、会社(に多大なご迷惑をおかけしてしまい/(の信頼/の社会的の信用)を(著しく)損なう事態を招いてしまい)、(工事の/事業所における)(安全衛生/安全管理責任者)として心よりお詫び申し上げます。
 
本年は、私の現場代理人としての(著しい職務怠慢/管理不行届/安全管理への配慮義務に反していたこと否めないこと)であり、(多くの皆様にご迷惑をおかけしたことを/会社並びに怪我をされた(ΟΟ様/方々)に)改めて衷心よりお詫び申し上げます。
または
この度の(事故は、不測のことであったとはいえ/(事故/怪我)の軽重の如何にかかわらず)、(労災事故/事故)は決して(あってはならない/許されされない)ことであり、(安全管理責任者/現場代理人)の責任の重大さを痛感するとともに深く反省いたしております。
または
私は(安全管理責任者としての職責に照らして/本件により、自身の指導監督能力不足を痛感し)、その責任のをとる覚悟をいたしております。
 
つきましては、私の責任の重大さを鑑み、今後の進退につきご指示を賜りたく、お伺いを申し上げる次第です。
または
つきましては、いかなる処分であれ、謹んで服する覚悟でございますので、、今後の進退についてのご決裁をお待ち申し上げます。
または
本件につき、管理者として全責任を負いたく存じますので、ここに退職願を添えてご指示をお待ちする次第です 。

以 上


 

進退伺文例と書き方

各種進退伺の文例と書き方一覧と 進退伺関連コンテンツです。

進退伺文例一覧

6月季節/時候の挨拶

6月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について