進退伺_不正行為(残業/交通費水増)文例と書き方

進退伺_不正行為(残業/交通費水増)文例

進退伺_不正行為(残業/交通費水増)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課
ΟООΟ 印

進退伺

私は、(○月○日に残業をしていないにもかかわらず○時間の残業をしたと、/○年○月頃から概ね月に○時間程度の)残業時間を過剰申告し不正に残業代を受け(取りました/取っておりました)。
または
私は、(○月○日○○へ出張したおり/これまで/○年○月頃から)、実際にには(LCC/格安チケット/早得割で購入した航空券/金券ショップで購入した新幹線回数券)を利用したにもかかわらず、(正規/○○社)の料金を請求(する方法でこれまで)不正に水増した交通費を(取りました/取っておりました)。
 
(言うまでもなく/当然ながら)、(交通費/残業時間)の(水増し/虚偽)申告は、(違法/不正/会社にたいする背信)行為であり、(決して許されることではありません/如何なる理由であれ許されることではありません/一切の(申し開きの/弁明の)余地がりません)。
私の(不正行為により/なしたことで/社会人として自覚に欠いた行為で/(身勝手の/非常識な)行為で)、(会社に多大な損害を与え/多くの皆様に多大なご迷惑とおかけし)ましたこと、深くお詫び申し上げる次第です。
または
この度のことは、(少しくらいの残業時間の水増しは分からない/券売機や立替払いの交通費清算には領収書が取れないことで、不正は発覚しない)だろうという(甘い/社会人の自覚に欠いた/不誠実な)考えでなしたことであり、決して許されることではなく、今更ながら自身のなしたことを(後悔しております/深く反省するととにご迷惑をおかけした皆様に伏してお詫び申し上げる次第です。
 
不正に受領した(残業代/交通費)(は既に返済しております/近々ご返却したします/必ずや弁済いたす覚悟であります)が、私のなした(ことは、許されることではなく、/不正行為に関して)(いかなる処分も/相応の処分を)受ける覚悟でおりますので、今後の進退についてのご決裁いただきますようお願いいたします。
または
不正に受領した(残業代/交通費)は、(当然ならた/必ず)(弁済/返済)いたしますが、私のなしたこと不正行為の重大さを鑑み、ここに退職願いを添えて、今後の進退についてご決裁をお願いする次第です 。

以 上


 

10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

10月上旬
仲秋の候
爽秋の候
清秋の候

10月中旬
秋冷の候
秋麗の候
菊花の候

10月下旬
秋霜の候
錦秋の候
紅葉の候

進退伺文例と書き方

各種進退伺の文例と書き方一覧と進退伺関連コンテンツです。

進退伺文例一覧

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について