進退伺 失火/火災 文例,例文,書き方

失火/火災の進退伺 文例,例文,書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストして使用にただけます。 その多くの文例,例文には、書き換えの語句や意味合いの違う文章が入っています。ご自分の実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。

進退伺 失火/火災文例

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

令和Ο年Ο月Ο日
設計部 ΟООΟ 印

進退伺

去る令和Ο年Ο月Ο日午前10:30頃、私が行っていた溶接の火が側にあった段ビールに引火し、火災が発生しました。 火災に気付いて、私と同僚数名で消火にあたりましたが、火災の回りが速く、 身の危険を感じましたので外に避難し、消防の到着を待ちました。消防が到着してからは15分程で消火されましたが、 工場の別棟が半焼する甚大な被害を出してしまいました。
この失火事故は、私が溶接作業における安全確認を怠ったことが原因であり、まったく弁明の余地がありません。 このような事故起こしてしまい、会社に多大な損害とご迷惑をおかけしましたこを深くお詫び申し上げます。
つきましては、その責任の重大さを鑑み、ここに退職願いを添えて、今後の進退についてご決裁をお願いする次第です 。

以 上

火災事故は責任が重いため、慎重に語彙を選択して使いましょう。
「失火」は、本人が犯した過失で火災を起こした場合に使い、
「出火」は、過失の有無を問わず火災を起こした場合に使います。
火元責任者の引責などでは、「ОΟОが起こした失火事故」又は、「ОΟОの火災/出火事故」とし、 出火に対して、火元責任者自身の直接的過失はないことを表しておくのが無難でしょう 。

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項