社内申請>競業許可願い文例と書き方

競業許可願い文例

競業許可願い文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

        殿

提出日 平成  年  月  日
氏  名             印

競業となる兼業許可願い

1.所   属

2.兼業先
  会社名
  〒
 
  電話番号
 
3.兼業先の職務内容
例)取締役
4.兼業先の勤務曜日/時間
例)不定期勤務
5.兼業先の給与の有無
 □ 有  □ 無
6.兼業が本務に与える影響
例)事実上名ばかりの取締役のため、本務への影響なし。
7.兼業をするに至った特段の理由
例)父が自営でおこなっている電気工事業を、株式会社に組織変更 するに際し、取締役への就任を要請されたため。
なお、兼業先は当社の協力会社である。


備  考
 
□兼業先が会社の場合、会社概要を説明する書類を添付のこと。

社内申請書文例と書き方

7月季節/時候の挨拶

7月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
7月上旬 (梅雨明け/向暑)の(候/みぎり)
7月中旬 (仲夏/盛夏)の(候/みぎり)
7月下旬 (大暑/極暑/酷暑/炎暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について