承諾(依頼返信_見積)メール文例と書き方

承諾(依頼返信_見積)メール文例

承諾(依頼返信_見積)メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

件名:(お見積依頼承りました/お見積依頼ありがとうございます/見積依頼の件)


○○○(会社名)
(役職)○○ΟΟ様
または
○○○○ 様
 
私は、○○株式会社の○○と申します。
または
(日頃より、ご愛顧賜り感謝申し上げます/お世話になっております)。
○○株式会社 (営業/○○)部○○です。
または
はめまして、私は、株式会社○○○(営業部/○○部)の○○と申します。
 
この度は、○○のお見積依頼を頂戴しまして、誠にありがとうございます。
お見積りは、(本日中に作成しまして/○日迄に/明日)(メール添付でお送りいたします/郵送させいただきます)。
尚、(見積内容等/ご不明なことがありましたら)何なりと(メール/メール又は電話で私宛に)お問合せください。
まずは、お見積依頼のお礼まで申し上げます。
 
または
 
○○のお見積の件、(承知いたしました/確かに承りました)。
(本日中に/明日には)、(正式な見積書を郵送/メール)いたします。
取り急ぎ、お見積依頼、承りのご連絡まで。
 
または
 
○○のお見積依頼、ありが(ありがとうございます/たく存じます)。
この度、お見積(の件でお尋ねが/をするうえでお伺いしたいことが)あり、メールいたしました。
(実は、○○には/○○は)、○○タイプと○○タイプがの2タイプがあります。
○○タイプ(定価0000円)は、・・・で○○タイプ(定価0000円)は、・・・となっております。

 
(もし、よければ/できましたら)どちらのタイプをお望みかを(お伺い/ご連絡)いただければ(幸いです/ありがたく存じます)。
または
ご連絡をいただきましたら直ぐにお見積をいたしますので、よろしくお願い申し上げます。
または
お見積は、両方のタイプで作成させていただき(本日には/直ぐに)お送りいたしますので、ご検討いただければ幸いです。
尚、(見積内容等/ご不明なことがありましたら)何なりと(メール/メール又は電話で私宛に)お問合せください。
 
*************************
      署名
*************************


9月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

9月上旬
初秋の候
新秋の候
新涼の候

9月中旬
白露の候
爽秋の候
秋晴の候

9月下旬
涼風の候
秋冷の候
孟秋の候

承諾状/承諾書文例と書き方

各種承諾書の文例と書き方一覧と承諾書関連コンテンツです。
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について