注文書(書式)と書き方

注文書 書式

注文書(書式)と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

収入印紙 (場合による)

注文番号 0000000000

株式会社 ОΟОΟΟ 御中
個人宛ての場合、
ОΟООΟО 様

平成  年  月  日
株式会社 ОΟООΟО 社印
住所 ОΟООΟО 
役職 ОΟООΟО 
氏名 ОΟООΟО 
電話   00-000-0000
FAX   00-000-0000

注文書

<書き出し>
拝啓 ΟΟの候、貴社におかれましては(益々/いよいよ)ご(隆盛/繁栄/隆昌/清栄/盛業)のこととお慶び申し上げます。
平素、お世話になっております。
など
<本文>
さて、先般いただきました貴社(お見積もり/カタログ)(見積もり番号/カタログナンバー)により、 下記の通り注文いたします。
お手配の方宜しくお願いいたします。
<結び>
本件に関しては、ОΟОΟにお問い合わせください。
なお、最短納期をご回答をお願いします。
など

(拝啓で始めた場合)敬 具

1.注文品一覧(品名、金額、数量等)
1)ОΟОΟΟ Ο式(個) @0000  ¥000000
2)ОΟОΟΟ Ο式(個) @0000  ¥000000

2.納期
3.納品場所
4.仕様他

以 上

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

注文書の書き方

 注文書又は発注書とは、商品やサービス購入の意思表示をする書面です。
 
 特に、購入の条件が単純な場合や基本契約がある場合などに利用されます。購入金額が高額で条件が複雑な場合、正式な売買/請負などの契約書を交わすのがよいでしょう。
また、請負や受注生産品などの注文書又は発注書の場合、受注した側は、「注文請書」、「工事請書」又は単に「請書」に記名、捺印して相手に渡すことで契約を成立させます。
 
注文書と発注書は基本的に同じですが、会社によって呼び方が異なります。
 
一般的に、注文書が多く使用されますが、工事やソフト開発など特注品や単品物の場合、発注書とする場合が多いようです。
 
基本的に注文書/発注書は、物品やサービスの購入の意思表示(契約関係の成立)を目的としていますので、 注文書とはいえ、会社の代表者の氏名、会社の印を押すのが正式です。 但し、会社によっては、発注権限がある人の記名、捺印をする場合も多くみられます。 注文書作成する際は、この点に注意が必要となります。
 
その他、記載すべき事項は、
1)注文する相手の会社名「ОΟОΟ 御中」とする。
2)注文者名 会社名、代表者(又は、権限あるもの氏名と役職)住所、電話、FAXなど
3)注文日
4)注文書番号
5)品名とその員数
6)金額(価格が決定している場合)
7)仕様やオプションなどの指示
8)納期
9)納品場所と方法
10)支払い条件
11)収入印紙(実質的に請負契約書となる場合など必要)

Posted: 2007 - Updated: 9/19/2007

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について