火事お見舞い(取引先宛) お見舞いメール 文例

火事お見舞い(取引先宛) お見舞いメール 文例 - 文例はそのままコピーしてご利用ください。 文例中には、文章作成に役立つ置き換え語句や文章を入れていますので、 ご自身の心情等にあった言葉や文章を選んで文を完成させてお使いください。

火事お見舞い お見舞いメール 文例(第一報_取引先宛)


件名:(皆様お怪我などございませんか/貴社の火災に驚きご連絡しました)


〇〇〇〇株式会社
(部署名/役職)〇〇〇〇 様
 
〇〇〇〇株式会社
営業部 〇〇です。
 
(只今のニュースで/〇〇様より)、貴社〇〇より出火したと(しり/お聞きし)、(たいへん/誠に/耳を疑わんばかりに)驚いております。
 
貴社の皆様方には、(ご無事/お怪我などありません)でしたでしょうか。
 
何分にも、貴社の(ご様子が/被害状況も/詳しい状況が)分かりませんので、いまはお被害の(軽微/最小)でありますこととをひたすらにお祈りするばかりです。
 
直ぐにもお伺い(すべきですが/したいところですが)、まずはご連絡いたした次第です。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例一覧

火事お見舞い お見舞いメール 文例(甚大_取引先宛)


件名:(お見舞いを申し上げます/貴社の皆様がご無事か案じております/思いもよらぬことに驚いております)


〇〇〇〇株式会社
(部署名/役職)〇〇〇〇 様
 
〇〇〇〇株式会社
営業部 〇〇です。
 
(本日のニュースで/〇〇様より)(貴社/貴社ビル)が火災の被害に遭われてと(しり/お聞きし)、(たいへん/誠に/耳を疑わんばかりに)驚いております。
 
(聞くところによると/承りますれば/お伺いしたところ)、お怪我をされた方はなく皆様がご無事であったことだけが、せめてもの救いでしょうが、(思いがけない/不慮の)(災害/事故/災難/災厄)に、皆様の(お力落し/ご心痛はいかばかりかと/ご無念を)お察しいたします。
 
(しかしながら/このうえは)、(火災/災難/災厄)(に屈することなく/でも、皆様がお気持ちを強く持たれ)、一日も早く(営業再開/通常営業/通常操業)ができますよう、(衷心より/心より)お祈り申し上げる次第です。
 
弊社でも、及ばずながら(お手伝い/ご協力)をさせていただきますので、(何なりと/遠慮なく)お申し付けください。
 
(後日お伺いいたしたく存じますが/いまはお取り込み中と存じまして/メールにて失礼とは存じましたが/まずは)、お見舞い申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

火事お見舞い お見舞いメール 文例(軽微_取引先宛)


件名:(お見舞いを申し上げます/貴社の皆様にお怪我はありませんでしたか/火災があったとお聞きし、心配いたしております)


〇〇〇〇株式会社
(部署名/役職)〇〇〇〇 様
 
〇〇〇〇株式会社
営業部 〇〇です。
 
(本日のニュースで/〇〇様よりお聞きしたところ)(貴社/貴社ビル)で火災があり被害を受けられたとのこと、(たいへん/誠に)驚きました。
 
(承りますれば/幸いにも)、(お怪我をされた方はなく皆様がご無事/小火程度/〇〇の一部を焼いただけで消し止められた/被害は微少で業務に支障はない)とのことでしたからひとまず(安堵/安心)いたしましたが、(このような/思わぬ)(災害/事故/災難/災厄)に遭われましたこと、心よりお見舞い申し上げます。<
 
(このうえは/この災厄に屈することなく)、これまで以上に(皆様のお力を合わ/ご尽力)され、(社業のご発展/信用回復)に努めれれますことを願うばかりです。
 
(まずは/取り急ぎ)、お見舞い申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

火事お見舞い お見舞いメール 文例(見舞金送り状_取引先宛)


件名:(お見舞いを申し上げます/お見舞いをお送りしますので何かの足しにしてください)


〇〇〇〇株式会社
(部署名/役職)〇〇〇〇 様
 
〇〇〇〇株式会社
営業部 〇〇です。
 
(この度/昨日/先日)の火災で貴社(工場/倉庫/店舗)が(焼失され/被害に遭われ)ましたこと、(心/衷心)よりお見舞い申し上げます。
 
(〇〇社長をはじめ従業員の)皆様の(ご無念/ご心痛/お力落し)は、(いかばかりかと拝察いたします/察するの余りあります)。
 
(このうえは/思いもよらぬことではありましたが/不測の災厄ではありますが/復旧にはご苦労も多いとは存じますが)、どうか(皆様お力を合わして/お気持ちをしっかり持たれ)、一日も早く(営業再開/通常営業/通常操業)ができますよう、(衷心より/切に)お祈り申し上げるばかりです。
 
弊社も及ばずながら(お手伝い/ご協力)をさせていただきたく存じますので、(何なりと/遠慮なく)お申し付けください。
 
なお、(僅かばかり/些少ではございます)がお見舞いをお送りいたしま(す/した)。何かのお役に立ていただければ幸いです。
 
取り急ぎ、お見舞い申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営組織/業務案内免責事項