お見舞いメール 火事 文例/例文と書き方

火事お見舞いメール 文例/例文と書き方-掲載された文例や書式、テンプレートは、コピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトでは、書き方の説明を加えてあるものや文例/例文の中に書き換え語句や文章を挿入している場合もあります。それらを参考にして状況に応じて適宜、変更してご利用ください。

お見舞いメール 火事 文例(第一報_取引先宛)


件名:(皆様にはお怪我などございませんでしょうか/貴社の火災に驚き、ご連絡いたしました/この度のこと、心よりお見舞い申し上げます)


株式会社 ΟОΟО
代表取締役社長 ΟООΟ 様
または
(部署名/役職)ΟООΟ 様
 
(平素は、大変お世話になっております/株式会社 ΟОΟО ΟОです)。
 
(只今のニュースで/ΟΟ様より)、貴社ΟΟより出火したと(知り/お聞きし)、(たいへん/誠に/耳を疑わんばかりに)驚いております。
 
貴社の皆様方には、(ご無事/お怪我などありません)でしたでしょうか。
 
何分にも、貴社の(ご様子が/被害状況も/詳しい状況が)分かりませんので、今はお被害の(軽微/最小)でありますこととをひたすらにお祈りするばかりです。
 
直ぐにもお伺い(すべきですが/したいところですが)、まずは(お見舞い申し上げます/ご連絡いたした次第です)。
 
*************************
      署名
*************************

お見舞いメール 火事 文例(甚大_取引先宛)


件名:(この度のこと、心よりお見舞いを申し上げます/貴社の皆様がご無事か案じております/ご協力できることがありましたらお申しつけください/思いもよらぬことに驚いております)


株式会社 ΟОΟО
代表取締役社長 ΟООΟ 様
または
(部署名/役職)ΟООΟ 様
 
(平素は、大変お世話になっております/株式会社 ΟОΟО ΟОです)。
 
(本日のニュースで/ΟΟ様より)(貴社/貴社ビル)が火災の被害に遭われてと(知り/お聞きし)、(たいへん/誠に/耳を疑わんばかりに)驚いております。
 
(聞くところによると/承りますれば/お伺いしたところ)、お怪我をされた方はなく皆様がご無事であったことだけが、せめてもの救いでしょうが、(思いがけない/不慮の)(災害/事故/災難/災厄)に、皆様の(お力落し/ご心痛はいかばかりかと/ご無念を)お察しいたします。
 
(しかしながら/このうえは)、(火災/災難/災厄)(に屈することなく/でも、皆様がお気持ちを強く持たれ)、一日も早く(営業再開/通常営業/通常操業)ができますよう、(衷心より/心より)お祈り申し上げる次第です。
 
弊社でも、及ばずながら(お手伝い/ご協力)をさせていただきますので、(何なりと/遠慮なく)お申し付けください。
 
(後日お伺いいたしたく存じますが/(今は/何かと)お取り込み中と存じまして/メールにて失礼とは存じましたが)、(取り急ぎ/まずは)お見舞い(まで/申し上げます) 。
 
*************************
      署名
*************************

お見舞いメール 火事 文例(軽微_取引先宛)


件名:(この度のこと、心よりお見舞いを申し上げます/貴社の皆様にお怪我はありませんでしたか/火災があったとお聞きし、心配いたしております)


株式会社 ΟОΟО
代表取締役社長 ΟООΟ 様
または
(部署名/役職)ΟООΟ 様
 
(平素は、大変お世話になっております/株式会社 ΟОΟО ΟОです)。
 
(本日のニュースで/ΟΟ様よりお聞きしたところ)(貴社/貴社ビル)で火災があり被害を受けられたとのこと、(たいへん/誠に)驚きました。
 
(承りますれば/幸いにも)、(お怪我をされた方はなく皆様がご無事/小火程度/ΟΟの一部を焼いただけで消し止められた/被害は微少で業務に支障はない)とのことでしたから、ひとまず(安堵/安心)いたしましたが、(このような/思わぬ)(災害/事故/災難/災厄)に遭われましたこと、心よりお見舞い申し上げます。<
 
(このうえは/この災厄に屈することなく)、これまで以上に(皆様のお力を合わ/ご尽力)され、(社業のご発展/信用回復)に努めれれますことを願うばかりです。
 
(まずは/取り急ぎ)、(メールながら/失礼ながらメールにて)お見舞い申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

お見舞いメール 火事 文例(見舞金送り状_取引先宛)


件名:(この度のこと、心よりお見舞いを申し上げます/お見舞いをお送りしますので何かの足しにしてください/一日も早く復旧されますこと、心よりお祈りいたします)


株式会社 ΟОΟО
代表取締役社長 ΟООΟ 様
または
(部署名/役職)ΟООΟ 様
 
(平素は、大変お世話になっております/株式会社 ΟОΟО ΟОです)。
 
(この度/昨日/先日)の火災で貴社(工場/倉庫/店舗)が(焼失され/被害に遭われ)ましたこと、(心/衷心)よりお見舞い申し上げます。
 
(ΟΟ社長をはじめ従業員の)皆様の(ご無念/ご心痛/お力落し)は、(いかばかりかと拝察いたします/察するの余りあります)。
 
(このうえは/思いもよらぬことではありましたが/不測の災厄ではありますが/復旧にはご苦労も多いとは存じますが)、どうか(皆様お力を合わして/お気持ちをしっかり持たれ)、一日も早く(営業再開/通常営業/通常操業)ができますよう、(衷心より/切に)お祈り申し上げるばかりです。
 
弊社も及ばずながら(お手伝い/ご協力)をさせていただきたく存じますので、(何なりと/遠慮なく)お申し付けください。
 
なお、(僅かばかり/些少ではございます)がお見舞いをお送りいたしま(す/した)。何かのお役に立ていただければ幸いです。
 
(取り急ぎ、/まずは、メールにて)お見舞い申し上げます 。
 
*************************
      署名
*************************

お見舞いメール 火事 文例(第一報_親戚宛)


件名:(皆さんにお怪我はありませんでしょうか/そちらのご様子が分からず、ご連絡いいたしました/この度のこと、心よりお見舞い申し上げます)


(ΟООΟ 様/叔父様へ/叔母様へ/お兄様へ/お姉様へ/ОΟさんへ)
 
(何々の名前)(です/でございます)。
 
(今朝のニュース/今のニュース/ΟΟさんからの電話)で、(叔父様/ΟΟさん)のご自宅が火災の被害に遭われてと(知り/との報せに)、(たいへん/耳を疑わんばかりに)驚いています。
 
(叔父様/ΟΟさん)やご家族の皆さん(はご無事なの/は大丈夫)なのでしょうか。
 
(何しろ/何せ/何分にも)電話も通じなくて連絡が取れない状況なので、(私/私ども)も(たいへん心配して/どうしたものかと案じて)います。
 
お取り込み中でしょうが、この(手紙/はがき)を見られたらご連絡いただきたく存じます。
 
今のところ(私たち/私ども)には何もできませんので、(叔父様/ΟΟさん/皆さん)のご被害が最小であることを(ひたすら/心より)お祈りしております。
 
(まずは/取り急ぎ)、(無事の確認方々お見舞いまで/ご連絡をさし上げた次第です 。
 
*************************
      署名
*************************

お見舞いメール 火事 文例(甚大_親戚宛)


件名:(この度のご被害、心よりお見舞いを申し上げます/ご被害があったとお聞きしてご連絡いたしました/一日も早く(平穏/従前の生活)を取り戻されますようお祈りします/お見舞いをお送ります。何かの足しにしてください)


(ΟООΟ 様/叔父様へ/叔母様へ/お兄様へ/お姉様へ/ОΟさんへ)
 
(何々の名前)(です/でございます)。
 
(今朝のニュース/今のニュース/ΟΟさんからの電話)で、(叔父様/ΟΟさん)の(ご自宅/納屋/ΟΟ)が(全焼/半焼)する被害に遭われたと(知り/の報せに)、(たいへん/耳を疑わんばかりに)驚きました。
 
(幸いにも/お聞きしたところでは)(叔父様/ΟΟさん)やご家族の皆さんは(お怪我がない/大丈夫)とのことで、(何はともあれ/一先ずは)(安心/安堵)いたしましたが、まったく(予想もしない/思いもよらない)(災難/災厄)に遭われて(叔父様/ΟΟさん)や皆さんの(ご落胆/ご無念の思い/お力落とし/ご心痛)はいかばかりかと(察するに余りあり/ご同情しますとともに)、心よりお見舞いを申し上げます。
 
この度のことで、何かとご(不自由/不便)と思いますので、ご入用の品があれば(お送りします/お持ちします)。及ばずながら私たちもできる限りのことをいたしますので、遠慮なくお申し付けください。
 
なお、(僅かばかり/ささやかです)がお見舞いをお送りいたします。何かのお役に立てください。
 
(まずは/取り急ぎ)、(メールながら/失礼ながらメールにて)お見舞い申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

お見舞いメール 火事 文例(軽微_親戚宛)


件名:(この度こと、心よりお見舞いを申し上げます/一日も早く平穏をとり戻らされますようお祈りします/ご被害が軽微とお聞きし、取あえず安堵いたしました)


(ΟООΟ 様/叔父様へ/叔母様へ/お兄様へ/お姉様へ/ОΟさんへ)
 
(何々の名前)(です/でございます)。
 
(今朝のニュース/今のニュース/ΟΟさんからの電話)で、(叔父様/ΟΟさん)の(ご自宅/納屋/ΟΟ)で火災があったと(知り/の報せに)、(たいへん/とても)驚きました。
 
(幸い/お聞きしたところでは)、(叔父様やご家族にお怪我をされた方はなく皆様がご無事/小火程度/ΟΟの一部を焼いただけで消し止められた)とのことで、ひとます(安堵/安心)しました。
 
(予想もしない/思わぬ)(災難/災厄)に皆さん(お疲れ/ご心労)もあることでようから、くれぐれもご自愛ください。
 
なお、(僅かばかり/ささやか/少しばかり)ですがお見舞いをお送りいたしま(す/した)。何かのお役に立てください。
 
(まずは/取り急ぎ)、(メールながら/失礼ながらメールにて)お見舞い申し上げ(ます/た次第です)。
 
*************************
      署名
*************************

お見舞いメール 火事 文例(第一報_知人宛)


件名:(ご家族にお怪我はありませんでしょうか/そちらのご様子が分からず、ご連絡いいたしました/この度のこと、心よりお見舞い申し上げます)


ΟООΟ 様
 
(何々の名前)(です/でございます)。
 
(今朝の新聞/只今のニュース/ΟΟさんからの電話)で、(ΟΟさん/君/あなた)の自宅が火災の被害に遭われてと(知り/の報せに)、(たいへん/耳を疑わんばかりに)驚いております。
 
(ΟΟさん/君/あなた)やご家族の皆さん(はご無事なの/は大丈夫)なのでしょうか。
 
(何しろ/何せ/何分にも)電話も通じなくて連絡が取れない状況なので(たいへん心配して/どうしたものかと案じて)おります。
 
今は、ひたすら(ΟΟさん/君/あなた)をはじめ皆さん(がご無事でいる/のご被害が最小であります)ことをお祈りしておりますので、落ち着かれてからでかまいません。どうかご(連絡/一報)いただきたく存じます。
 
(まずは/取り急ぎ)、(ご連絡をさし上げた次第です/お見舞い申し上げます)。
 
*************************
      署名
*************************

お見舞いメール 火事 文例(甚大_知人宛)


件名:(この度のご被害、心よりお見舞いを申し上げます/ご被害があったとお聞きしてご連絡いたしました/一日も早く(平穏/従前の生活)を取り戻されますようお祈りします/お見舞いをお送りします。何かの足しにしてください)


ΟООΟ 様
 
(何々の名前)(です/でございます)。
 
(今朝の新聞/テレビのニュース/ΟΟさんからの電話)で、(ΟΟさん/君/あなた)の(自宅/納屋/ΟΟ)が(全焼/半焼)する被害に遭われたとのこと、心よりお見舞い申し上げます。
 
(幸いにも/お聞きしたところでは)(ΟΟさん/君/あなた)やご家族の皆さんは(お怪我はなかった/ご無事だった/大丈夫だった)とのことなので、(何はともあれ/一先ずは)(安心/安堵)いたしましたが、まったく(予想もしない/思いもよらない)ことで(ΟΟさん/君/あなた)や皆さんの(ご落胆/ご無念の思い/お力落とし/ご心痛)いかばかりかとお察したします。どうか、この(災難/災厄)に(屈しないで/お力落しをしないで/お気持ちをしっかり持たれ)、一日も早く(平穏な生活/以前の暮らし)を取り戻すされようお祈りいたしております。
 
私には、だいしたこともできませんが、(僅かばかりの/ささやかな)お見舞いをお送りしま(した/す)。何かのお役に立てください。
 
(まずは/取り急ぎ)、(メールながら/失礼ながらメールにて)お見舞い申し上げ(ます/た次第です)。
 
*************************
      署名
*************************

お見舞いメール 火事 文例(軽微_知人宛)


件名:(この度こと、心よりお見舞いを申し上げます/一日も早く平穏をとり戻らされますようお祈りします/ご被害が軽微とお聞きし、取あえず安堵いたしました)


ΟООΟ 様
 
(何々の名前)(です/でございます)。
 
(今朝のニュース/テレビのニュース/ΟΟさんからの電話)で、(ΟΟさん/君/あなた)の(自宅/納屋/ΟΟ)で火災があったと(知り/の報せに)、(たいへん/とても)驚きました。
 
(幸い/お聞きしたところでは/お伺いしたところでは)、(あなたやご家族にお怪我をされた方はなく皆さんがご無事/小火程度/ΟΟの一部を焼いただけで消し止められた)とのことで、ひとまずは(安堵/安心)しました。
 
この(予想もしない/思わぬ)ことで、何かと(ご心労/ご心痛)もあるでしょうが、くれぐれも(ご自愛/無理などされないで)ください。
 
(メールながら/失礼ながらメールにて)お見舞い申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

お見舞いメール 火事 文例(第一報_友達宛)


件名:(ご家族の皆さんに怪我はありませんか/そちらの様子が分からず連絡しました/落ち着いてからでいいから連絡ください)


ΟΟ(君/さん)
 
(何々の名前)(です/でございます)。
 
(今朝の新聞/今のニュース/ΟΟさんからの電話)で(君/あなた/お前)の自宅が火災の被害に遭ったと(知って/知らされて)驚いてるよ。
 
(君/あなた/お前)やご家族の皆さん(は無事/は大丈夫)なのでしょうか。
 
(何しろ/何せ)電話も通じなくて連絡の取りようもなくて(とても心配して/どうしたらいいのかと思いながら)これを書いています。
 
今は何かと取り込んでるだろうから、落ち着いてからでも(連絡/一報)をください。
 
私たちには、(ひたすら/心より)(君/あなた/お前)(やがご家族がご無事であることだけを/の被害が最小であることを)祈っときます。
 
(まずは/取り急ぎ)、(無事の確認方々)お見舞いまで 。
 
*************************
      署名
*************************

お見舞いメール 火事 文例(甚大_友達宛)


件名:(火事のこと、心からお見舞申し上げます/早く元の生活に戻れるように祈っときます/火事があったと聞いて驚いたよ/家族の方々は大丈夫ですか/お見舞いを送くりします。何かの足しにしてください)


ΟΟ(君/さん)
 
(何々の名前)(です/でございます)。
 
(今朝の新聞/今のニュース/ΟΟさんからの電話)で、(君/あなた/お前)の(自宅/納屋/ΟΟ)が(全焼/半焼)する被害に遭ったと(知り/聞いて)とても驚(いたよ/きました)。
 
(幸い/聞いたところでは)、(君/あなた/お前)やご家族の皆さんは(怪我はなかった/無事だった/大丈夫だった)ようなので、(何はともあれ/一先ずは)安心したんだが、まったく(予想もしない/思いもよらない)ことで(君/あなた/お前)が(力を落とし/気落ち)していないか心配して(るよ/ます)。
 
(今は/事後処理などで)とても大変(だろう/でしょう)が、(気持ちをしっかり持って/家族の皆さんと力を合わして)一日も早く(平穏な生活/以前の暮らし)を取り戻すように(して/頑張って)くださいね。
 
私たちには(何もできないので、そのことだけをひたすらに祈っときます/大したこはできないけど、できる限りこことだけはしたいと思っているんで、何かあれば遠慮なく云ってくれ)。
 
(取りあえず/今できる何かをと思い)、(僅か/ささやか)だけどお見舞いを送りま(す/した)。何かのお役に立てください。
 
(追って/落ち着いた頃に)連絡(するけど/しますが)、(まずは/取り急ぎ)、お見舞いまで 。
 
*************************
      署名
*************************

お見舞いメール 火事 文例(軽微_友達宛)


件名:(火事のこと聞きました。心よりお見舞いを申し上げます/一日も早く平穏をとり戻せるように祈っときます/被害が少なかったと聞き、ほっとしたよ)


ΟΟ(君/さん)
 
(何々の名前)(です/でございます)。
 
(今朝の新聞/今のニュース/ΟΟさんからの電話)で、(君/あなた/お前)の(自宅/納屋/ΟΟ)が火災の被害にあっつたと(知り/聞いて)とても驚い(たよ/ています)。
 
(幸い/聞いたところ)、(君/あなた/お前)やご家族にもお怪我もなく、火災の被害も(小火程度/ΟΟの一部を焼いただけ)だっみたいだけど、(一歩間違うと/発見が遅れると)大きな被害になったかもしれないし、さぞや(肝を冷やした/驚いた/怖い思いをした)のでしょね。
 
(とはいえ/何はともあれ)、(被害が最小/皆さんが無事で)でまずは安心し(ましたが/たけど)、このことで、(君/あなた/お前)だけでなくご家族も(お疲れになった/ご心配された)だろうから、くれぐれも無理をしないように気を付けて(くださいね/くれよ)。
 
(追って/落ち着いた頃に)連絡(するけど/しますが)、(まずは/取り急ぎ)、お見舞いまで 。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営組織/業務案内免責事項