6月(上旬/中旬/下旬) 時候の挨拶/季節の挨拶文/コロナ時/書き出し/結び

6月(上旬/中旬/下旬)時候の挨拶/季節の挨拶文/コロナ時/手紙の書き出し/結び -6月を上旬、中旬、下旬及びビジネス/フォーマル/カジュアルに分けて時々に合う時候の挨拶/季節の挨拶文と手紙の締めくくりである結びの例文を多数を掲載ていますので、状況や心情に応じた例文をコピー&ペーストして利用ください。

季節/時候の挨拶他一覧

6月の時候の挨拶文/書き出し(定型の慣用句)

6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
梅雨の晴れ間にのぞく青空がまぶしく、夏を感じるこのごろです。
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
青田をわたる風もさわやかな頃となりました。
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
梅雨明けが待ち遠しいこのごろですが、

6月 手紙の時候の挨拶文/書き出し 文例

6月 ビジネスレター -改まった書き出し/挨拶文

謹啓 入梅のみぎり、貴社におかれましてはいよいよご隆盛の由大慶の至りと存じます。
拝啓 梅雨の候、貴社におかれましては、益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます。平素は一方ならぬご愛顧を賜り、衷心より御礼申し上げます。
拝啓 初夏の候、貴社におかれましては、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。日頃は格別のお引き立てにあずり、心よりお礼申し上げます。

6月 ビジネスレター(個人宛)-改まった書き出し/挨拶文

謹啓 入梅のみぎり、いよいよご壮健の由大慶に存じ上げます。
拝啓 梅雨の候、ΟΟ様におかれましては益々健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
拝啓 初夏の候、ΟΟ様におかれましては益々活躍のこととお喜び申し上げます。

6月コロナ禍の時候の挨拶/挨拶文/書き出し/結び/締め文例

6月コロナ禍の書き出し/時候の挨拶文 文例/例文

【コロナ禍での結び文例】
早くも梅雨入りを迎える季節となりましたが、これで雨が続くと(3密をどうしたらさけられるか/窓を開けたままにもできずどうしたものか)と案じているこの頃です。
拝啓 入梅の候、コロナと共存する新たな生活様式の実践は不自由さもありますが、身の安全は何物にも代えられないと心得て過ごしておりますが、(皆様/ΟΟ様)にはいかがお過ごしでしょうか。
拝啓 梅雨の候、(皆様/ΟΟ様)にはコロナとの共存の不自由さにあっても益々ご(健勝/活躍)のこととお喜び申し上げます/お元気ににされているとのことで何よりに存じます)。
(昨日/先日)、休校の措置が緩和されて子供たちが学校へ行けるようになりました。徐々にではありますが、前の日常が戻ってきているように思えるようなりました。
(御地/そちら)も街の賑わいが戻りつつあるとのことで、良かったですね。

6月コロナ禍のビジネスレター/フォーマルな書き出し

拝啓 入梅の候、ΟΟ様におかれましてはこのコロナ禍にあっても一層ご活躍のことと存じます。
拝啓 梅雨の候、貴社ににおかれましてはこのコロナ禍にあっても益々ご隆盛のこととお慶び申し上げます。
拝啓 薄暑の候、貴社ににおかれましてもこの未曾有の災禍とはいえ、(会社一丸となって/一致団結して)この難局に立ち向かわれていることと存じます。
(拝啓/急啓) 貴社におかれましても大変なご苦労をされておられれことと案じております。
(拝啓/急啓) ΟΟ様におかれましては、この災禍にあってご苦労も多いかと拝察いたしております。

6月コロナ禍での結び文例

今は第二波、三波に見舞われないように望むばかりです。
外出自粛は解除されたとはいえ、コロナがなくなった訳ではないので感染予防に注意されてお過ごしください。
コロナと共存する生活様式は不便さも多々ありますが、お互い気をつけましょう。
今はコロナとの闘いに勝利するために踏ん張り時と心得て過ごしておりますので、(ΟΟ様にも心落としのないようご過ごしください/ご安心ください)。
私は持病もありますので、感染予防に細心の注意を払い過ごしておりますが、ΟΟ様にもくれぐれもお気をつけください。
(感染の不安/ (コロナ/自粛)疲れ)があると存じますが、くれぐれも(お体ご大切にされて/ご自愛)ください。
コロナの影響でいろいろ大変だとは思いますが、もうしばらくです。皆で気を緩めず過ごしていきましょう。

月(上旬/中旬/下旬)カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文

6月上旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
薄暑のみぎり、皆様にはいよいよご清栄のこととお喜び申し上げます。
麦秋のみぎり、つつがなくお仕事に励まれている様子で何よりに存じます。
梅雨も入るのも間近になりましたが、ご家族の皆様にもお変わりはございませんでしょうか。
梅雨も入るのも間近になりましたが、そろそろ新しい場所での生活も慣れましたか。
梅雨冷えが肌寒い季節ですが、お元気にお過ごしですか。
今年もクールビズへの衣替えですが、今年こそおしゃれでもしてみませんか。
ΟΟさんは、夏の制服姿も可愛らしいのでしょうね。
梅雨入り前に木々の緑がいっそう深かまってまいりました。
どこからともなく、くちなしの香がただよってくるころとなりました。
今年もはや麦の刈り入れ時となりました。
もう田植えは終わったころでしょうか。お疲れ様でした。
6月中旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
長雨のみぎり、(皆様方/ОΟ様)には、ご機嫌うるわいくお暮しのことと存じます。
長雨の候、ΟΟ様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
長雨がつづいておりますが、皆様におかれましてはお変わりございませんか。
長雨の季節ですが、学業に励まれている様子で何よりです。
(当地/こちらでは)では先日梅雨入り宣言がありました。
今年は空梅雨になってしまうのでしょうか。夏の水不足が心配になります。
雨ばかりで気が滅入りがちだけど元気ですか。(私/僕)はとても元気にしてます。
久しく会わないうちに季節は梅雨に入りました。皆さんお元気ですか。
紫陽花が大輪の花を咲かせるころとなりましたが、いかがお過ごしですか。
桐の花の咲く季節となりましたが、皆様お変わりございませんか。
雨に濡れたあじさいの花色が、ことのほか美しいく感じられる季節となりました。
降りつづく雨も、草木や穀物にとっては恵の雨。山野の緑がいっそう濃くなったようです。
雨の中、クチナシの甘い香りがどこともしれず漂ってきます。
6月下旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
初夏の候、つつがなく(お勤め/お仕事に励まれ)てるご様子、何より(です/に存じます)。
向暑の候、皆々様お健やかにお過ごしのご様子で何よりと存じます。
青空が恋しいこのごろ、いかがお過ごしでしょか。
梅雨明けも間近になりましたが、皆様お元気にお過ごしでしょうか。
暑さが日ごとに増してまいりましたが、いかがお過ごしですか。
こちらは梅雨も明けたかのような夏の日差しが降り注いでおります。
この梅雨が明けるといよいよ夏本番の到来ですね。
青田をわたる風がさわやかです。
待ち遠しかった梅雨明けも間近にとなりました。
プール開きのニュースにいよいよ本格的な夏のはじまりを感じます。
今年もはや半年が過ぎようとしてます。月日の過ぎゆく速さに年齢を感じるはじめました。
雨がつづく日々、ひたすら梅雨明けを待ちこがれております。

- ▲をクリックで表示/非表示切替 -

6月 手紙/ビジネスレターの締めくくり▲

6月 やや長文で書く時候の挨拶文 例文▲

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項