6時候の挨拶/季節の挨拶文/書き出し/結び

時候の挨拶/季節の挨拶文と季語 6月(上旬/中旬/下旬)手紙の書き出し/結び -6月を上旬、中旬、下旬及びビジネス/フォーマル/カジュアルに分けて時々に合う時候の挨拶/季節の挨拶文と手紙の締めくくりである結びの例文を多数を掲載ていますので、状況や心情に応じた例文をコピー&ペーストして利用ください。
また、オリジナルで時候の挨拶/季節の挨拶文を書く場合に役に立つ6月の別名、季語、気候、草木、行事、風物詩などもまとめてありますので、参考にされてください。

季節/時候の挨拶他一覧 [クリック-表示/非表示]

6月の時候の挨拶文/書き出し(定型の慣用句)

6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
梅雨の晴れ間にのぞく青空がまぶしく、夏を感じるこのごろです。
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
青田をわたる風もさわやかな頃となりました。
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
梅雨明けが待ち遠しいこのごろですが、

6月 手紙の時候の挨拶文/書き出し 文例

6月 ビジネスレター -改まった書き出し/挨拶文

謹啓 入梅のみぎり、貴社におかれましてはいよいよご隆盛の由大慶の至りと存じます。
拝啓 梅雨の候、貴社におかれましては、益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます。平素は一方ならぬご愛顧を賜り、衷心より御礼申し上げます。
拝啓 初夏の候、貴社におかれましては、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。日頃は格別のお引き立てにあずり、心よりお礼申し上げます。

6月 ビジネスレター(個人宛)-改まった書き出し/挨拶文

謹啓 入梅のみぎり、いよいよご壮健の由大慶に存じ上げます。
拝啓 梅雨の候、ΟΟ様におかれましては益々健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
拝啓 初夏の候、ΟΟ様におかれましては益々活躍のこととお喜び申し上げます。

- ▼ [クリック-表示/非表示] -

6月(上旬/中旬/下旬)カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文▼

6月 手紙/ビジネスレターの締めくくり▼

6月 やや長文で書く時候の挨拶文 例文▼

6月(歳時記/風物詩/習慣/動植物/食べ物/自然/季語/別名)▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項