8時候の挨拶/季節の挨拶文/書き出し/結び

8月(上旬/中旬/下旬)時候の挨拶/季節の挨拶文/手紙の書き出し/結び -8月を上旬、中旬、下旬及びビジネス/フォーマル/カジュアルに分けて時々に合う時候の挨拶/季節の挨拶文と手紙の締めくくりである結びの例文を多数を掲載ていますので、状況や心情に応じた例文をコピー&ペーストして利用ください。
また、オリジナルで時候の挨拶/季節の挨拶文を書く場合に役に立つ8月の別名、季語、気候、草木、行事、風物詩などもまとめてありますので、参考にされてください。

8月の時候の挨拶文/書き出し(定型の慣用句)

8月上旬 (季夏/残暑/残夏/残炎)の(候/みぎり)
立秋とは名ばかりの暑さがつづいておりますが、・・
8月中旬 (避暑/新涼/納涼)の(候/みぎり)
まだまだ残暑が厳しいですが、・・
8月下旬 (暮夏/晩夏/秋暑/立秋/向秋)の(候/みぎり)
朝夕は少しばかりしのぎやすくなりましたが、・・

8月 ビジネスレター -改まった書き出し/挨拶文

謹啓 残暑のみぎり、貴社におかれましてはいよいよご隆盛の由、大慶の至りと存じます。
拝啓 新涼の候、貴社におかれましては、益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます。平素は一方ならぬご愛顧を賜り、衷心より御礼申し上げます。
拝啓 立秋の候、貴社におかれましては、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。日頃は格別のお引き立てにあずり、心よりお礼申し上げます。

8月 ビジネスレター(個人宛)-改まった書き出し/挨拶文

謹啓 残暑のみぎり、いよいよご壮健の由、大慶に存じ上げます。
拝啓 新涼の候、ΟΟ様におかれましては益々健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
拝啓 立秋の候、ΟΟ様におかれましては益々活躍のこととお喜び申し上げます。

8月(上旬/中旬/下旬)カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文

8月上旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
残暑お見舞い申し上げます。
御地は、記録的(猛暑/豪雨)にみまわれているとのこと、お見舞い申し上げます。
冷夏とのことで、例年より過ごしやすいですが、皆様お変わりありませんか。
今年は(空梅雨で/梅雨明けが早やく)、当地では水不足が心配されてますが、御地は大丈夫でしょうか。
立秋とは名ばかりの酷暑でありますが、いかがお過ごしでしょうか。
暑い日がつづいてますが、いかがお過ごしですか。
今年は特に残暑が厳しいようですが、お元気にお過ごしですか。
暦の上では立秋ですがまだまだ暑さが厳しいですね。
夏休みの予定は立てましたか。
今年のお盆休みは、(どこか旅行にいか/帰省さ)れるのでしょうか。
8月中旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
残暑のみぎり、健やかなる日々をお過ごしのことと存じます。
今日は夕立がありました。今夜は少し涼しく感じられます。
あれをゲリラ豪雨というのでしょうか、まさにバケツをひっくり返したような雨が降りました。
にわか雨に洗われて都会の景色が少し清々しく感じられます。
蒸し暑い日が続いてるけど夏バテなんかしてないか。(私/僕)はとても元気にしてます。
残暑厳しきの日々、ひたすら秋の訪れを待ちこがれております。
夏休みを楽しんでますか。
夏休みですね、もうどこかいきましたか。
先日、ΟΟ渓谷へ行ってきました。とても涼しくていい所でした。ΟΟ様も何処かいかれましたか。
庭のひままわりは、太陽に向かってすくすく背を伸ばし、いまでは2メートル越えです。
花もしおれるほどの暑さなのに夏草はなぜなれぼど勢いをますのでしょうか。
8月下旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
朝夕は少しばかりしのぎやすくなりましたが、いかがお過ごしですか。
地蔵祭りではしゃく子供らの元気な声に夏の終わりを感じます。
空の青さにいくぶん秋の気配が感じられます。
夏も終わりと申しながらまだまだ暑い日がつづいております。
虫の音に秋の気配を感じるこのごろです。
さすがに朝夕は暑さもやわらいだように思えます。
夏も終わりにさしかかりましたが、疲れは溜まっていませんか。
つくつくぼうしの鳴き声に夏の終わりを感じれる季節となりました。
久しく会わないうちに八月も終わろうとしてますが、皆さんお元気ですか。
夏も終わりがみえてきました。子供たちは夏休みの宿題に大忙しです。
八月も残すところわずかとなり、稲穂も心なしか色づきはじめているようにみえます。
もう半月もするとОΟの収穫がはじまるころですね。今年のできはいかがでしょうか。

8月 手紙/ビジネスレターの締めくくり

8月 ビジネスレターの締めくくり
末筆ながら、貴社のますますのご発展を衷心より祈念しております。
末筆ながら、貴社の一層のご繁栄を心より申し上げます。
末筆ながら、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
ΟΟ様の一層のご発展とご活躍をお祈りいたしております。
社業が更にご発展されますよう心よりお祈り申し上げます。
稲穂がたわわに実るがごとく、社業がますますご発展されますようお祈り申し上げます。
何かとご多用とは存じますが、くれぐれもご無理などなさらないようご自愛ください。
ΟΟは何かと忙しいでしょうが、体にだけは気をつけて頑張ってください。
ΟΟ様の一層のご活躍をお祈りいたしております。
8月 個人宛カジュアルな手紙の締めくくり
まずは、残暑のお見舞いまで申し上げます。
時節柄、お身体ご自愛下さい。
今しばらくは残暑がつづきそうです。体にはくれぐれもお気をつけください。
まだまだ暑さが厳しいようです。体調をくずされませんようお気をつけてでお過ごしください。
ひところよりは涼しくなったとはいえ、まだ暑い日もあります。くれぐれもお体にお気をつけてお過ごしください。
残暑厳しき折、くれぐれも無理などされずお過ごしください。
昨今の暑さは昔とは違うみたいです。我慢せずクーラーを使ってくださいね。
この暑さだと室内でも熱中症の危険があるそうです。水分をこまめに取るようしてください。
夏の疲れがでるころです。無理しないでください。
(帰省した時に/近いうち)にお会いできますのを心待ちにしておきます。
(もう少し涼しくなったら/夏休みには)家でBBQをしようと思います。その時は来てください。
これからの季節、思いがけず朝方冷え込む日もあります。体調を崩されないようお気をつけください。
午前中は少し涼しくなりましたので、散歩がてらお出かけになるのもよいですよ。
(稲刈り/収穫期)を向かえる準備でお忙しいこととは存じましたが、筆を取らせていただきました。
まだまだ暑いけど、元気で頑張いきましょう。
今後の活躍を楽しみにしておきます。
頼りないぼくですが、どうか暖かく見守ってください。
これからもどうかよろしくお願いします。
乱筆乱文失礼いたします。

8月 やや長文で書く時候の挨拶文 例文

最近の個人的な出来事を題材とした挨拶文の例文
 お盆休みに家族をつれて私の実家のあるООへ帰省しました。 元気そうな親の顔をみられて安心したし、 普段はあまり外で遊ばない子供たちが、昆虫採集にいったり、川遊びをしたりと 私がしていたのと同じことを楽しくしていたのが、なんとも嬉しかったです。 (ОΟさんは、最近ご実家へ帰省されましたか/皆さんお元気にされていますでしょうか)。
 (さて/ところで/この度お手紙したのは)、・・・
相手との共通の趣味や思い出、出来事を題材にしたた挨拶文の例文
 この時期になると君と(高校/大学)最後の夏だから何か思い出をつくろうといって、ООへООをしに行ったのを思い出すよ。 暑い盛りだったね。あれからもうО年もたったというのに、なぜか思い出すんだよね。 (あの頃はよかったな/元気にしてうか/調子はどうだい)。
 (さて/ところで/この度お手紙したのは)、・・・
最近のニュースや出来事を題材とした挨拶文の例文
 今年はО万人がこの夏休みのに海外へ出国するというニュースをみました。 旅行好きの私としてもどこ海外へ行きたかったんですが、今年はどうしても長い休みがとれなくて断念しました。 来年は、絶対ООへいくぞ!と(心に決めて/今から計画をたてて/気持ちを奮い立たせて)頑張っています。 (ОΟさんは、夏休みはどうしますか/暑いけど元気にしてる/君は、休めそうですか)。
 (さて/ところで/この度お手紙したのは)、・・・
故事やことわざ、言い伝えなどを題材とした挨拶文の例文
 この前、夏らしい真っ青な空に緑や赤に彩られた雲をみつけました。写真に撮って友達にみせたら、彩雲(さいうん)と、教えてくらました。 この雲はよいことがおこる前触れなだそうです。(まだなにもないけど、何かいいことおこるのを楽しみに過ごしてます/それを信じて、いつかいつかと待ってるこのごろです)。 (最近なにかいいことありましたか/皆さん元気にしてますか/お元気ですか)。
 (さて/ところで/この度お手紙したのは)、・・・

- ▼ [クリック-表示/非表示] -

8月(歳時記/風物詩/習慣/動植物/食べ物/自然/季語/別名)▼

時候の挨拶で書き出す理由の考察▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項