手紙(後付けと副文)の書き方

手紙(後付けと副文)の書き方-手紙の基本構成をもとに手紙の書き出し(頭語/前文)から、主文、終わり(末文/結語)、後付け/副文までの書き方と手紙を書くとき心がけることを詳しく説明します。 また、語句や慣用句を流れに沿って列挙してありますので、語句の選択に迷ったときの参考にされてください。

後付け/副文とは

後付けには、発信日と発信者、宛名を書きます。また、副文は末文より後に書き足す文章です。

縦書きの後付け位置

発信日 - 文末(結語)の次の行の最上部 (1)
発信者 - 発信日の次の行の最下部 (2)
宛 名 - 発信者の次の行の最上部 (3)
副 文 - 宛名から1行あけて2〜3文字下げる。(4)

拝啓 ΟΟの候、ΟΟ様におかれましては益々健勝のことお慶び申し上げます。
 ・・・・ 
略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます 。

敬 具

令和Ο年Ο月Ο日 (1)

ΟООΟ (2)

ΟООΟ 様 (3)

   追伸 ・・・・・(4)

関連文例/例文一覧

横書きのの後付け位置

宛 名 - 頭語の前の行左端 (1)
発信日 - 文末(結語)の次の行左端 (2)
発信者 - 発信日の次の行の右端 (3)

ΟООΟ 様 (1)

拝啓 ΟΟの候、ΟΟ様におかれましては益々健勝のことお慶び申し上げます。
 ・・・・ 
略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます 。

敬 具

令和Ο年Ο月Ο日 (2)

ΟООΟ (3)

後付けで注意すべきこと

1.お祝いの手紙の日付は「吉日」「佳日」とすることがあります。また、年賀状では「元旦」、暑中見舞いでは「盛夏」とすることがあります。
2.家族や親しい間柄の場合、発信者名を「ОΟより」とるのが他人行儀にならすによいでしょう。
3.宛名の敬称「様/殿/先生」は、封筒の宛名と統一します。
4.代筆の場合、発信者の署名の下に「代」(妻の場合は「内」)と書きます。
5.宛名の敬称には、通常「様」を使います。「殿」は、事務的な文書には使われますが、基本的に目下の人に付ける敬称であり、手紙には一般的に使いません。 また、不特定多数宛の場合は、「各位」(敬称の意があり、重複するのでその後ろに「様」はつけません)。

副文の書き方

1.副文は、縦書きの場合、宛名から1行あけて2〜3文字下げて書き出し、本文より少し小さい文字で書きます。
2.本文で書きもらしたことや特記事項など「追伸 ・・・・」と書きます。 ただし、通常私信では使ってもビジネスレターでは使いませんので、本文にもれなく内容を盛り込むようにしましょう。

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項