手紙/便箋の折り方/入れ方

手紙/便箋の折り方/入れ方の書き方--ここでは、手紙の折り方/入れ方-便箋やコピー用紙の折り方と入れ方、切手の貼り方と紙の重さによる郵便料金の目安及び郵便の基礎知識について詳細に説明します。

手紙便箋の折り方/封筒への入れ方

手紙/便箋の折り方

和封筒に入れる便箋の三つ折り

1.便箋の下1/3を折り重ねる。
2.上1/3を被せるように折り重ねる。
3.封筒を裏にして、折り重ねた上1/3を上にして封筒に入れる。

和封筒に入れる便箋の四つ折り

1.便箋の下半分を上に折り重ねる。
2.さらに半分に折り重ねる。
3.封筒を裏にして、2回目に折り重ねた面を上(書き出しが一番上になるよに)にして封筒に入れる。

洋封筒に入れる便箋の折り方

1.便箋の左縦半分を折り重ねる。
2.さらに下半分を折り重ねる。
3.手紙の書き出しが封筒の口の左にくる方向で封筒に入れる。

A4(コビー用紙)の折り方

ビジネス文書(横書きで左上に宛名を書く、スタイルの文書)の折り方に決まりは特にないが、いくらかの利点のある折り方を以下に紹介します。
1.便箋とは逆に印刷面を上にしてZ型に三つ折にする。一番上の宛名と差出人がみえる状態。
2.封筒を表にして、宛名が封筒に右上にあるよう入れる。
3.この折り方の利点は、入れる際に封筒の宛名と文書の宛名を確認しながら入れられるため、ミスを防ぐ助けになるともに、受け取側でも誤って他人宛の封筒を開封し、文書を出したとしても文書の内容を目にする前に気づく可能性があることです。

便箋/用紙の種類と選び方

便箋の種類と選び方

便箋には、罫線の有無、色、柄模様ありの種類があります。
1.罫線なしor縦罫線/白地
弔事や慶事の改まった手紙、通常の手紙
2.縦罫線/横罫線/色、模様あり
親しい相手へのカジュアルな手紙(親しくとも改まった内容には使わない)
3.横罫線/白地
通常の手紙、ビジネス用の手紙、親しい相手な手紙

切手の貼り方/郵便の基礎知識

切手の貼り方

1.縦向きに封筒を使う場合
縦向きに貼り、複数枚となるときは、その下に貼る。あまり多くならないように注意する。
2.横向きに封筒を使う場合
文字と同じ向きに貼る。複数枚となるときは、その左横に並べて貼る。

切手の種類

1.慶弔時は、慶弔用切手を貼るようにする。
2.記念切手は、親しい相手へのカジュアルな手紙に使う。

郵便の知識/郵便料金の目安

知っておきたい郵便の知識

1.定型/定形外郵便
定型規格は、長辺34cm以内、短辺25cm以内、厚さ3cm以内および重量1kg以内。
定形外郵便物は、長辺34cm以内、短辺25cm以内、厚さ3cm以内および重量1kg以内。
その他は、規格外。
2.料金後納郵便
一カ月分(50通/月以上が条件)の料金を翌月に一括払い。切手をはる手間が省けるため、発送業務を効率化できる。
(料金や詳しいサービスの内容は日本郵政のHPを確認ください。)

郵便の重さの目安

郵便物は重さにより料金がことなりますの、重さの目安を紹介しておきます。
1.便箋/コピー用紙の目安
定型郵便物は、25g以内[82円]/50g以内[92円]
25g>長形4号封筒(90x205)+便箋6枚
25g>長形3号封筒(120x235)+A4用紙4枚
(B5便箋1枚[3g]/A4用紙1枚[4g]を目安)
定形外郵便物は、50g以内[120円]
50g>角形2号封筒(A4がそのまま入る封筒)+A4用紙7枚
50g>角形2号封筒+クリアファイル+A4用紙2枚
(A4用紙1枚[4g]を目安)
2.硬貨の重さの目安(紙以外を入れる場合の目安)
一円硬貨-[1g]
五円硬貨-[3.7g]
十円硬貨-[4.5g](5枚<25g)
五十円硬貨-[4g]
百円硬貨-[4.8g](5枚<25g)
五百円硬貨-[7g]

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項