ハガキの縦書/横書の書き方

ここでは、ハガキを縦書き、横書きにした場合の書き方を詳しく説明します。
まず、ハガキを縦書きにするか横書きにるすかは、改まった内容や目上の方宛は縦書きが基本となります。 一方、知人や友人宛でさほど改まった内容でない場合に横書きでもよいでしょう。

縦書きハガキの例

 暑い日がつづいてますが、皆様にはお元気にお過ごしの
ご様子で何よりです。私たちも元気にしてます。
 さて、この度は結構なお中元の品をいただきまして
ありがとうございました。早速、家族みんなで美味しく
いただました。いつもながらのお心づかいには、主人共々
たいへん恐縮してます。
 これからも暑さが厳しいようです。皆様にはくれぐれも
お体お気をつけください。
 まずは、お礼までで失礼します。

かしこ   

横書きハガキの例

 〇〇〇〇 様

 無事に海外旅行から帰国されたとのことで安心しました。
 この度は、私たちにもわざわざお土産を
送っていただきありがとうございました。
 異国の香りするチーズを美味しくいただきながら今度は私たちもどこか海外へでも
行こうかと思いを巡らしているところです。
 機会があれば海外旅行の土産話を聞かせてください。その日を楽しみにしておきます。
 まずは、お礼まで。

〇〇〇〇 

関連文例一覧

ハガキで確認すべきこと

1.書き出しの位置が、上が1cm程度にあること。
2.上下左右の余白が均等となってること。
3.的確な字配りができていること。
縦書の例では、
「お過ごしの」改行「ご様子で何よりです。」
「いただきまして」改行「ありがとうございました。」
「美味しく」改行「いただきました。」
縦書の例では、
「お土産を」改行「送っていただき・・」
「どこか海外へでも」改行「行こうかと・・」
で字配りを意識した改行がなされています。
4.語尾が統一されていること。
例では、
「・・ます」で統一してますが、「・・いたします」「・・います」などで終わる文があると統一感がなく、ちぐはぐな感じとなります。ハガキは、短文のため語尾の不統一が目立ちやすいので注意が必要。
前のページ ハガキの書き方
次のページ ハガキの宛名の書き方

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項