時候の挨拶/季節の挨拶文/季語 9月(上旬/中旬/下旬) 書き出し/結び

時候の挨拶/季節の挨拶文/季語 9月(上旬/中旬/下旬)手紙の書き出し/挨拶文/結び -9月を上旬、中旬、下旬及びビジネス/フォーマル/カジュアルに分けて時々に合う時候の挨拶/季節の挨拶と手紙の締めくくりである結びの例文を多数を掲載ていますので、状況や心情に応じた例文をコピー&ペーストして利用ください。
また、オリジナルで時候の挨拶/季節の挨拶を書く場合に役に立つ9月の別名、季語、気候、草木、行事、風物詩などもまとめてありますので、参考にされてください。

9月(上旬/中旬/下旬) 季節の挨拶/時候の挨拶文-手紙の書き出し/結び

9月の時候の挨拶文/書き出し(定型の慣用句)

9月上旬 (初秋/新秋/新涼)の(候/みぎり)
残暑もようやく和らぎましたが、・・
9月中旬 (白露/爽秋/秋晴)の(候/みぎり)
澄んだ青空が秋を感じさせます・・
9月下旬 (涼風/秋冷/孟秋)の(候/みぎり)
朝夕はめっきり涼しくなりました。・・

9月 手紙の時候の挨拶文/書き出し 文例

ビジネスレター(会社宛)-改まった書き出し/挨拶文

謹啓 初秋のみぎり、貴社におかれましてはいよいよご隆盛の由、大慶の至りと存じます。
拝啓 秋晴の候、貴社ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。平素は一方ならぬご愛顧を賜り、衷心より御礼申し上げます。
拝啓 秋冷の候、貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。日頃は格別のお引き立てにあずり、心よりお礼申し上げます。

ビジネスレター(個人宛)-改まった手紙の前文

謹啓 初秋のみぎり、いよいよご壮健の由、大慶に存じ上げます。
拝啓 秋晴の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
拝啓 秋冷の候、ますますご活躍のこととお喜び申し上げます。

時候の挨拶/季節の挨拶文-カジュアルな例文

9月上旬
今年は特に残暑が厳しかったですが、その後お変わりありませんか。
残暑もようやく和らぎましたが、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
やっと朝夕は過ごしやすくなりました。
さわやかな秋風が吹く季節、皆様におかれましてはご健勝のこととお慶び申し上げます。
澄んだ青空が秋を感じさせますね。そちらでは稲刈りはもう終わりましたか。
澄み切ったの青空のように、皆様のお気持ちが爽快でありますようお祈り申し上げます。
スポーツに読書、旅行なにをするにも良い季節となりましたね。
秋風の爽やかな季節となりました。
一雨ごとに秋めいてくるように感じられます。
台風は大丈夫でしたか。
9月中旬
九月も半ばにとなり、やって秋の気配が感じられるようになりました。
朝夕ひところより過ごしやすくなりましたが、お変わりございませんか。
久しく会わないうちに季節はもう秋ですね。その後(お元気にされてますか/いかがですか)。
スポーツの秋到来ですね。私は休みの日に近くの公園でジョギングを楽しんでいます。
食欲の秋、(憎らしいくらいに/どれもこれも)美味しいものがかりが並ぶ季節になりました。 道の駅でみて今シーズンはじめての(栗/梨/巨峰/みかん)を食べました。旬だけいに(格別でした/美味しかったですよ)。
収穫の秋を迎え、お忙しいことでしょうね。
秋の夜長、虫の音が心地よい季節となりましたが、お元気でしょうか。
コスモスが秋風にゆれるころとなりましたが、皆様もお変わりなくお過ごしでしょうか。
(庭/近く/公園)のコスモスがとても美しく花を咲かせています。
9月下旬
暑からず寒からずほ好季節となりました。
朝夕はめっきり涼しくなりましたが、ご家族の皆様にはお変わりなく何よりと存じます。
めっきり秋らしくなりました。
暑さ寒さも彼岸までともうしますが、たいへん過ごしやすくなりました。
もう稲刈りは終わったころですね。お疲れ様です。
すすきが風になびく好季節となりました。
菊も蕾がしだいに大きくなってきました。大輪の花を咲かすのが待ち遠しいです。
天高く馬肥ゆる秋と申しますが、わたしも増量真っ最中です。
スポーツの秋とばかりにテニスをしたら、次の日筋肉痛となり、(無理をしたらいけないと/年を)痛感させられました。
今年は季節が移るのが早いようですすきがもう朝方は肌寒いくらいです。ます。お元気にされてますか。

9月 手紙の締めくくり/結び(カジュアル/改まった)

[ビジネスレター締めくくり]
末筆ながら、貴社のますますのご発展を衷心より祈念しております。
末筆ながら、貴社の一層のご繁栄を心より申し上げます。
末筆ながら、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
時節柄、(皆々/ΟΟ)様にはくれぐれもご自愛ください。
ΟΟ様の一層のご発展とご活躍をお祈りいたしております。
実りの秋を迎え、社業の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。
たわわに実る稲穂ごとく、貴社がますますご繁栄されますようお祈り申し上げます。
何かとご多用とは存じますが、くれぐれもご無理などなさらないようご自愛ください。
[個人宛カジュアルな手紙の締めくくり]
これからも、もうしばらくは残暑が続きそうです。体にはくれぐれもお気をつけください。
これからの季節、朝夕冷え込んでまいりますのでお身体にお気をつけください。
過ごしやすい季節ではありますが、体調をくずさないようお気をつけください。
日中も涼しくなりましたので、外へお出かけになるのもよいですよ。
これから朝夕冷えてまいりますので、体にはくれぐれもお気をつけください。
秋の夜長ともに酒を酌み交わしたいものです。近くにお立ち寄りの折に是非お越しください。
近いうちにお会いできますのを心待ちにしておきます。
(稲刈り/収穫)の準備にお忙しいと思いましたが、筆を取らせていただきました。
ΟΟにお忙しいとろかとは思いましたが、筆を取らせていただきました。
ご家族のご健康をお祈りいたしております。
これからの活躍を祈っておきます。
今後とも暖かく見守ってください。
これからも仲良くしてください。
元気に頑張ってください。
乱筆乱文失礼いたします。

9月の季語/別名/歳時記/行事-挨拶文作成の参考

 手紙の書き出し(時候の挨拶/挨拶文)は、定型の慣用句を使うことでとこは足りますが、手紙の内容を読み手により印象に残させたいと望むなら読み手を引き付ける独自の書き出しを書くのが効果的です。 とはいえ、カジュアルな手紙ともかくも、目上の方への便りや改まった内容であれば、時候の挨拶に季節感は不可欠です。現代の生活では季節感を想起しづらいのもです。ここでは、歳時記や季節の行事、草花、動植物、旬の食べ物を紹介しますので自身で書き出しを考える参考にされてください。

9月 上旬の歳時記

9/1 防災の日
9/1 二百十日(にひゃくとおか)
雑節-立春から数えて210日目で、稲の花が咲いて実を結ぶ頃とされます。「台風を警戒する頃」の意味があります。
9/8 白露(はくろ)
二十四節気-秋が深まり、草花に朝露がつきはじめる頃。
9/9 菊/重陽(ちょうよう)の節句
菊を浮かべた酒を飲み、長寿を願いまます。別名-栗の節句、栗ご飯を食べます。

9月 中旬の歳時記

9/11 二百二十日(にひゃくはつか)
雑節-立春から数えて220日目で、「台風を警戒する頃」の意味があります。
9/13 十五夜
9/17 敬老の日
9/18 秋の社日(しゃにち)
その土地の産土神(うぶすながみ)を祀る日です。収穫を祈願します。

9月 下旬の歳時記

9/23 彼岸(ひがん)の中日
秋分の日の前後3日(20日-26日)を含めた7日間をお彼岸とよびます。ご先祖様の供養や墓参りをする日です。
9/23 秋分/秋分の日
二十四節気-昼夜の長さが同じになる日で、この日を境に日が短くなります。

9月を感じる言葉/行事/風習

防災の日
1960年(昭和35年)に制定されました。9月1日は、1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災にちなんだものです。国民が台風、高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備する」こととし制定された啓発日です。
十五夜/お月見/中秋の名月
十五夜とは月、主に満月を眺めて楽しむことです。観月(かんげつ)とも称します。 お月見は、旧暦9月13日から14日の夜(九月十三夜)に行われます、単に「十五夜(じゅうごや)」、「十三夜(じゅうさんや)」という場合、これらの夜を意味します。芋をお供えすることから「芋名月」ともいいます。陰暦8月15日の夜は中秋の名月の夜で、平安時代から酒宴を催し、詩歌を詠む習わしがありました。
敬老の日
敬老の日は、国民の祝日のひとつで、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としています。

9月の動植物/食べ物/自然/季語

彼岸花(ヒガンバナ)
球根のある多年草です。秋の彼岸ごろに咲くことに由来します。各地でその呼び名は様々あり、曼珠沙華(マンジュシャゲ)死人花(しびとばな)、地獄花(じごくばな)、幽霊花(ゆうれいばな)、蛇花(へびのはな)、剃刀花(かみそりばな)などなどたくさんあります。有毒があり、食用にはしませんが、根を張るため、田畑のあぜや堤防、墓地などを強くするために植えられました。
萩の花
落葉の低木です。秋の七草のひとつで、花は7月から10月に咲きます。 秋に枝の先端から多数の花枝を出し、赤紫の花の房をつけます。
秋なす
ナスは初夏から秋にかけてとれる野菜ですが、特に秋ナスは「秋ナスは嫁に食わすな」ということばがあり有名です。一般的な解釈は「秋ナスはとても美味しいので嫁なんかに食べさせるのはもったいない」というものですが、夏野菜であるナスは体を冷やす(カリウムの地尿作用による)から美味しいからといって多くたべてはいけないとの思いやりのことばと解釈することもできます。
サンマ
サンマは「秋刀魚」と書くように秋を告げる食べ物の代表格でしょう。サンマは広い海域を回遊する魚で、日本の近海では、南の暖かい海域で孵化した稚魚が成長しながら北上し、秋には産卵に向けて南下します。9月のはじめに落語の「目黒のさんま」につなんだ祭りもおこなわれます。
おはぎ
もち米とうるち米を混ぜたものを蒸し、米粒が残る程度に軽く搗いて丸めたものに、餡をまぶした食べ物です。米を半分潰すことから「はんごろし」ともよばれます。秋のお彼岸のお供え物とされます。春のお彼岸は「牡丹餅(ぼたもち)」ですが、名前がちがうだけで同じものです。秋は萩が咲くころで、春は牡丹が咲くころから由来するとされます。
秋の七草
秋を代表する七つの草花です。萩/尾花/葛(くず)/撫子(なでしこ)/女郎花(おみなえし)/藤袴(ふじばかま)/桔梗(ききょう)。春の七草は食べられるますが、秋の七草は鑑賞用で秋の訪れを知らせる草花ばかりです。
赤トンボ
赤色のトンボの総称です。秋の夕刻、夕焼けの中を群を成して飛ぶ様子が秋の情緒を感じさせます。
スズムシ
秋になって鳴く代表的虫の1種で,雄は前羽を立てて「リーン、リーン」と鳴きます。
コウロギ
秋になって鳴く代表的虫の1種で,羽にやすり状の発音器や共鳴室があり、発音器をこすり合わせて「鳴く」きます。数秒おきの間隔で「コロコロコロコロ」と鳴きます。
秋雨(あきさめ)
8月後半頃から10月頃にかけて降る長雨のことです。秋の長雨、秋霖(しゅうりん)、すすき梅雨ともいいます。 この時期に北日本から順に寒冷前線が南下、東進するようになります。それは次第に低気圧とともに前線化し、停滞する秋雨前線なります。
野分(のわき)
台風の古い名で、秋の野を分けるように強く風のことで、平安時代には使われいました。
露(つゆ)
秋になると朝方冷え込み水蒸気が露となり、太陽が昇ると消えることから「はかない」命や人生の象徴です。
鰯(イワシ)雲
正式には、巻積雲、鱗雲(ウロコ雲)です。夕暮れどき、小さな雲が群れをなし広く浮かんでいるようすが鰯の大群を思わせます。秋を訪れを告げる雲といえます。
暦/季節の行事/旬の食材/自然/動植物を使った定番の言い回し
ОΟを迎え、(いよいよ/やっと/早くも)・・
暦のうえではОΟと申しましましても・・
今年初めてОΟをОΟしました。
ОΟ(の声を聴きました/が咲いていました)。もうОΟですね。
ОΟを(食べると/みると/迎えると)ОΟの訪れを感じます。
ОΟが終わると(本格的な/いよいよ)ОΟを迎えます。
ОΟにОΟの訪れを感じるこのごろです。

9月の別名

彩月(いろどりづき)/祝月(いわいづき)/詠月(えいげつ)/菊開月(きくさきづき)/菊月(きくづき)/晩秋(くれのあき)/玄月(げんげつ)/建戌月(けんじゅつづき)/青女月(せいじょづき)/竹酔月(ちくすいづき)/長月(ながつき)/寝覚月(ねざめづき)/晩秋(ばんしゅう)/暮秋(ぼしゅう)/紅葉月(もみじづき)

9月の俳句に用いる季語

葉月/秋意/八朔/震災忌/風の盆/二百十日/秋の朝/秋の夜/初月/三日月/夜長/白露/台風/秋の七草/鈴虫/秋場所/月/待宵/名月/月見/燕帰る/秋刀魚/蕎麦の花/爽やか/水澄む/富士の初雪/鯖雲

手紙/ハガキ/宛名/封筒/ビジネスレターの書き方 目次

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について