9時候の挨拶/季節の挨拶/挨拶文/書き出し/結び

9月(上旬/中旬/下旬)時候の挨拶/季節の挨拶文/手紙の書き出し/結び -9月を上旬、中旬、下旬及びビジネス/フォーマル/カジュアルに分けて時々に合う時候の挨拶/季節の挨拶文と手紙の締めくくりである結びの例文を多数を掲載ていますので、状況や心情に応じた例文をコピー&ペーストして利用ください。
また、オリジナルで時候の挨拶/季節の挨拶文を書く場合に役に立つ9月の別名、季語、気候、草木、行事、風物詩などもまとめてありますので、参考にされてください。

季節/時候の挨拶他一覧 [クリック-表示/非表示]

9月の時候の挨拶文/書き出し(定型の慣用句)

9月上旬 (初秋/新秋/新涼)の(候/みぎり)
残暑もようやく和らぎましたが、・・
9月中旬 (白露/爽秋/秋晴)の(候/みぎり)
澄んだ青空が秋を感じさせます・・
9月下旬 (涼風/秋冷/孟秋)の(候/みぎり)
朝夕はめっきり涼しくなりました。・・

9月 ビジネスレター -改まった書き出し/挨拶文

謹啓 初秋のみぎり、貴社におかれましてはいよいよご隆盛の由、大慶の至りと存じます。
拝啓 秋晴の候、貴社におかれましては、益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます。平素は一方ならぬご愛顧を賜り、衷心より御礼申し上げます。
拝啓 秋冷の候、貴社におかれましては、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。日頃は格別のお引き立てにあずり、心よりお礼申し上げます。

9月 ビジネスレター(個人宛)-改まった書き出し/挨拶文

謹啓 初秋のみぎり、いよいよご壮健の由、大慶に存じ上げます。
拝啓 秋晴の候、ΟΟ様におかれましては益々健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
拝啓 秋冷の候、ΟΟ様におかれましては益々活躍のこととお喜び申し上げます。

9月(上旬/中旬/下旬)カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文

9月上旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
今年は特に残暑が厳しかったですが、その後お変わりありませんか。
残暑もようやく和らぎましたが、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
やっと朝夕は過ごしやすくなりました。
さわやかな秋風が吹く季節、皆様におかれましてはご健勝のこととお慶び申し上げます。
澄んだ青空が秋を感じさせますね。そちらでは稲刈りはもう終わりましたか。
澄み切ったの青空のように、皆様のお気持ちが爽快でありますようお祈り申し上げます。
スポーツに読書、旅行なにをするにも良い季節となりましたね。
秋風の爽やかな季節となりました。
一雨ごとに秋めいてくるように感じられます。
台風は大丈夫でしたか。
9月中旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
九月も半ばにとなり、やって秋の気配が感じられるようになりました。
朝夕ひところより過ごしやすくなりましたが、お変わりございませんか。
台風一過の秋晴れが爽やかなこごろ。
久しく会わないうちに季節はもう秋ですね。その後(お元気にされてますか/いかがですか)。
スポーツの秋到来ですね。私は休みの日に近くの公園でジョギングを楽しんでいます。
食欲の秋、(憎らしいくらいに/どれもこれも)美味しいものがかりが並ぶ季節になりました。 道の駅でみて今シーズンはじめての(栗/梨/巨峰/みかん)を食べました。旬だけいに(格別でした/美味しかったですよ)。
収穫の秋を迎え、お忙しいことでしょうね。
秋の夜長、虫の音が心地よい季節となりましたが、お元気でしょうか。
コスモスが秋風にゆれるころとなりましたが、皆様もお変わりなくお過ごしでしょうか。
(庭/近く/公園)のコスモスがとても美しく花を咲かせています。
9月下旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
暑からず寒からずほ好季節となりました。
朝夕はめっきり涼しくなりましたが、ご家族の皆様にはお変わりなく何よりと存じます。
庭の柿が色付きはじめる季節になりました。
めっきり秋らしくなりました。
暑さ寒さも彼岸までともうしますが、たいへん過ごしやすくなりました。
もう稲刈りは終わったころですね。お疲れ様です。
すすきが風になびく好季節となりました。
菊も蕾がしだいに大きくなってきました。大輪の花を咲かすのが待ち遠しいです。
天高く馬肥ゆる秋と申しますが、わたしも増量真っ最中です。
スポーツの秋とばかりにテニスをしたら、次の日筋肉痛となり、(無理をしたらいけないと/年を)痛感させられました。
今年は季節が移るのが早いようですすきがもう朝方は肌寒いくらいです。ます。お元気にされてますか。

9月 手紙/ビジネスレターの締めくくり

9月 ビジネスレターの締めくくり
末筆ながら、貴社のますますのご発展を衷心より祈念しております。
末筆ながら、貴社の一層のご繁栄を心より申し上げます。
末筆ながら、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
時節柄、(皆々/ΟΟ)様にはくれぐれもご自愛ください。
ΟΟ様の一層のご発展とご活躍をお祈りいたしております。
実りの秋を迎え、社業の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。
たわわに実る稲穂ごとく、貴社がますますご繁栄されますようお祈り申し上げます。
何かとご多用とは存じますが、くれぐれもご無理などなさらないようご自愛ください。
9月 個人宛カジュアルな手紙の締めくくり
これからも、もうしばらくは残暑が続きそうです。体にはくれぐれもお気をつけください。
これからの季節、朝夕冷え込んでまいりますのでお身体にお気をつけください。
過ごしやすい季節ではありますが、体調をくずさないようお気をつけください。
日中も涼しくなりましたので、外へお出かけになるのもよいですよ。
これから朝夕冷えてまいりますので、体にはくれぐれもお気をつけください。
秋の夜長ともに酒を酌み交わしたいものです。近くにお立ち寄りの折に是非お越しください。
近いうちにお会いできますのを心待ちにしておきます。
(稲刈り/収穫)の準備にお忙しいと思いましたが、筆を取らせていただきました。
ΟΟにお忙しいとろかとは思いましたが、筆を取らせていただきました。
ご家族のご健康をお祈りいたしております。
これからの活躍を祈っておきます。
今後とも暖かく見守ってください。
これからも仲良くしてください。
元気に頑張ってください。
乱筆乱文失礼いたします。

9月 やや長文で書く時候の挨拶文 例文

最近の個人的な出来事を題材とした挨拶文の例文
 九月に入り、日中はまだ暑さが残るもののアブラゼミの大合唱は聞こえなくなり、 ツクツクボウシも鳴きはじめました。夜は、涼しい風も吹き、鈴虫の鳴き声も聞かれます。 暑かった夏が終わり、秋へと季節が移ろいでいうるのを感じるこのごろです。 (皆さんお元気にされてますでしょうか/夏の疲れはでてませんか)。
 (さて/ところで/この度お手紙したのは)、・・・
相手との共通の趣味や思い出、出来事を題材にしたた挨拶文の例文
 そろそろ(作品展/定期演奏会/ООの発表会/市民文化祭)の準備も佳境の時期ですね。 今年(はどのようなものを出展されるのでしょうか/のできばえはいかがでしょうか)。 ООさんのООは、私など足元にも及ばない(素晴らしいОО/プロ並みの演奏/皆の意表をつく作品)ですから、楽しみにしていまです。 (その後、お変わりありませんか/皆さんお元気にされていますでしょうか)。
 (さて/ところで/この度お手紙したのは)、・・・
最近のニュースや出来事を題材とした挨拶文の例文
 目黒のサンマ祭りのニュースをみました。今年は、例年になく(不漁のようで、また高くなるのではないか心配になりました。/大漁のようで、今年は腹いっぱい食べられそうで安心しました。とはいえ、) 最近は温暖化なんかで、なんでもかんでも高くなって困ったもんです。 収穫の秋というのに家の食卓は、秋風が吹き、寂しくな一方です。 (ОО君は、もうサンマは食ったかい/元気にしてますか)。
 (さて/ところで/この度お手紙したのは)、・・・
故事やことわざ、言い伝えなどを題材とした挨拶文の例文
 暑さ寒さも彼岸までといいますが、(まさにそのとおりで、こちらでもやった涼しくなってきました/最近はそうもいかないようで、まだまだ日中は真夏日が(つづいてい/あり)ます。とはいえ、ひところよりは、過ごしやすくなってきました)。 それにしても、今年の夏は本当に暑かったですね。それに(ゲリラ豪雨/集中豪雨)も何度もありました。 これから台風シーズンになりますが、(また/去年のような/これまで以上の)大きいやつがこないか心配になります。 (ООさんは夏バテなどしてませんか/皆さんお元気にされてますか/そちれは、もう涼しくなりましたか)。
 (さて/ところで/この度お手紙したのは)、・・・

- ▼ [クリック-表示/非表示] -

9月(歳時記/風物詩/習慣/動植物/食べ物/自然/季語/別名)▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項