2時候の挨拶/季節の挨拶/挨拶文/書き出し/結び

2月(上旬/中旬/下旬)時候の挨拶/季節の挨拶文/手紙の書き出し/結び -2月を上旬、中旬、下旬及びビジネス/フォーマル/カジュアルに分けて時々に合う時候の挨拶/季節の挨拶文と手紙の締めくくりである結びの例文を多数を掲載ていますので、状況や心情に応じた例文をコピー&ペーストして利用ください。
また、オリジナルで時候の挨拶/季節の挨拶文を書く場合に役に立つ2月の別名、季語、気候、草木、行事、風物詩などもまとめてありますので、参考にされてください。

季節/時候の挨拶他一覧 [クリック-表示/非表示]

2月の時候の挨拶文/書き出し(定型の慣用句)

2月上旬 (厳寒/余寒/立春)の(候/みぎり)
余寒なお厳しき折、・・
2月中旬 (残寒/残雪/晩冬)の(候/みぎり)
水ぬるむ季節となりました。
2月下旬 (春寒/寒風/梅花)の(候/みぎり)
梅の開花の便りがとどく季節となりましたが、・・

2月 ビジネスレター -改まった書き出し/挨拶文

謹啓 立春のみぎり、貴社におかれましてはいよいよご隆盛の由、大慶の至りと存じます。
拝啓 余寒の候、貴社におかれましては、益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます。平素は一方ならぬご愛顧を賜り、衷心より御礼申し上げます。
拝啓 梅花の候、貴社におかれましては、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。日頃は格別のお引き立てにあずり、心よりお礼申し上げます。

2月 ビジネスレター(個人宛)-改まった書き出し/挨拶文

謹啓 立春のみぎり、いよいよご壮健の由、大慶に存じ上げます。
拝啓 余寒の候、ΟΟ様におかれましては益々健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
拝啓 梅花の候、ΟΟ様におかれましては益々活躍のこととお喜び申し上げます。

2月(上旬/中旬/下旬)カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文

2月上旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
今年は例年にない大雪とのことですが、お変わりございませんか。
立春とは申しますが、まだ寒さ厳しき日が続いております。
春なお浅く、余寒が身にしみる昨今ですが、お元気にされてますか。
暦の上では春とはいえ、まだまだお寒むいですね。いかがお過ごしですか。
酷寒の冬がもうすぐ終わろうとしているこのごろですが、ご機嫌のほどはいかがでしょうか。
余寒なお厳しいこのごろ、ΟΟ様にはご壮健とのこと何よりに存じます。
まだまだ寒気からぬけませんが、お風邪などお召になってませんでしょうか。
まだまだ寒さが厳しいですが、このところ日が長くなったように思えます。
寒さ厳しき日々、ひたすら春の訪れを待ちこがれております。
久しく会わないうちに季節はもう冬も終わろうとしてますね。その後(お元気にされてますか/いかがですか)。
2月中旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
余寒厳しいこのごろでありますが、いかがお過ごしでしょか。
寒気も少しずつ緩みはじめましたが、皆様いかがお過ごしですか。
水ぬるむ季節となりましたが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。
水ぬるむ季節を迎えるころとなりました。
三寒四温の季節、皆様におからましてはご健勝のこととお慶び申し上げます。
春の訪れが待ち遠しいですが、お元気にされてますか。
梅のつぼみがほころぶ季節となり、春の訪れを待ち遠しく思っております。
庭の梅の木のつぼみも大きくなり、もう少しで花がさきそうです。
いよいよ受験シーズンとなりましたが、お元気ですか。
息子がΟΟ受験をひかえ、私たちも落ち着かないこのごろです。
娘が推薦入試でΟΟへの進学が決まり、ほっとしています。
2月下旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
梅の開花の便りがとどく季節となりました。
春も近いと思わせるようになりましたが、お変わりありませんか。
まだ二月だというのにこの暖かさ、今年は春の訪れは早いかかもしれませんね。
もう少しで待ちに待った春がきますね。お元気ですか。
少しずつ日が長くなってなり、春の訪れもそう遠くないと感じています。
日中の暖かに春の兆しを感じるこのごろです。
今朝、庭の梅の木に数輪の花が咲いているのをみつけました。
朝方うぎいすの初音を聞きました。春の到来を告げているようです。
一雨ごとに春めいてくるこのごろです。
東風が吹き、梅の香りを運んでくる季節となりました。

2月 手紙/ビジネスレターの締めくくり

2月 ビジネスレターの締めくくり
末筆ながら、貴社のますますのご発展を衷心より祈念しております。
末筆ながら、貴社の一層のご繁栄を心より申し上げます。
末筆ながら、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
厳寒のみぎり、健やかに冬を迎えられますようお祈りいたします。
残寒のみぎり、ご家族のご健康をお祈りいたしております。
梅花の候、お風邪にはお気をつけてお過ごしください。
ΟΟ様の一層のご発展とご活躍をお祈りいたしております。
晩冬のみぎり、一層のご発展とご活躍をお祈りいたしております。
何かとご多用とは存じますが、くれぐれもご無理などなさらないようご自愛ください。
ΟΟは何かと忙しいでしょうが、体にだけは気をつけて頑張ってください。
2月 個人宛カジュアルな手紙の締めくくり
寒さ厳しき折、お風邪など召しませぬようお気を付けください。
時節柄、お身体ご自愛下さい。
まだまだ寒い日がつづきそうです。体調をくずされませんようお気をつけてでお過ごしください。
寒さもしだいにゆるみはじめるころではありますが、油断されずお過ごしください。
まだまだ寒さが厳しいですが、くれぐれもご自愛ください。
立春を迎えてたとはいえまだまだ寒さ厳しい折、お風邪など召しませぬようお気を付けください。
暖かくなったらどこか行きましょうね。そのときを楽しみにしておきます。
暖かい日などは、散歩がてらお出かけになるのもよいですよ。
そちらは大雪とのこと、くれぐれも雪の事故にはお気をつけくださいませ。
少し気温も高くなりました。雪下ろしはには十分ご注意なさってください。
皆様が良き春をお迎えになりますようお祈り申し上げます。
温かい食事を囲みながらお会いできる日を心よりお待ちしております。
春になったらまたお会いしたものです。そのときを心待ちにしておきます。
春からはΟΟへ行くのでようが、体にだけは気をつけてくささい。
これからも元気で頑張ってください。
これからの活躍を祈っておきます。
乱筆乱文失礼いたします。

2月 やや長文で書く時候の挨拶文 例文

最近の個人的な出来事を題材とした挨拶文の例文
 寒いですね。こちらは数日前に降った雪が(道端に/溶けきれず)残ってています。 実は、昨日の通勤途中に凍っている残雪に気づかす、足を取られて 尻もちをついてしました。今もその時打ったところが痛いんです。 でも、頭でなかったのは不幸中の幸いで、これからは注意しよう肝に銘じたところです。 (ОО君は僕のようなヘマはしてませんよね/元気ですか/皆は、元気にしるかな)。
 (さて/ところで/この度お手紙したのは)、・・・
相手との共通の趣味や思い出、出来事を題材にしたた挨拶文の例文
 受験シーズンなると、休みを利用してよく君とスキーにいってたことを思い出します。 君の指導のおかげで滑れるようになると面白くなって、難しいコースのあるスキー場を選んでいってましたね。 (結婚/大学を卒業/ООへ越)してからは、 (なかなか機会がなく/時間の余裕がなく)行くことがなくなりましたが、 ОО(さん/君)は(雪国育ち/得意)だから今も行ってるのでしょうね。 (お元気ですか/頑張ってる/仕事大変そうだね)。
 (さて/ところで/この度お手紙したのは)、・・・
最近のニュースや出来事を題材とした挨拶文の例文
 (御地/ОО地方)では、今年も雪がОm積もっているとのニュースをみました。 当地は、あまり雪が降らいので、 住宅の一階が完全に埋もれるほどの雪の中での生活を想像できません。 雪深い中で賢く生きる知恵はあるとしても、雪かきに雪下ろしは(たいへんでしょうね/危険な作業ですから、どうかお気を付けてなさってください。 (お元気にされていますか/皆さんお元気でしょうか)。
 (さて/ところで/この度お手紙したのは)、・・・
故事やことわざ、言い伝えなどを題材とした挨拶文の例文
 当地ではめずらしく積もるほどの雪が降り、一面の雪景色となりました。 これまでは、大寒波の襲来といってもうっすらと積もる程度だったので、全くもって油断して、スコップに長靴なにもなく、往生しました。 備えあれば憂いなしといいますが、自然災害の多い日本では、何に対しても万が一のことを考えて備えておかないといけないと痛感させられました。 (ООさんはしっかり備えておられるのでしょうね/皆様ご元気にだれてますか)。
 (さて/ところで/この度お手紙したのは)、・・・

- ▼ [クリック-表示/非表示] -

2月(歳時記/風物詩/習慣/動植物/食べ物/自然/季語/別名)▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項