お見舞いメール 近火 文例,例文,書き方

近火お見舞いメール 文例,例文,書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストして使用にただけます。 その多くの文例,例文には、書き換えの語句や意味合いの違う文章が入っています。ご自分の実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。

お見舞いメール 近火 文例(第一報_取引先宛)


件名:(皆様にはお怪我などございませんでしょうか/貴社近くの火災に驚き、ご連絡いたしました/近火お見舞い申し上げます)


株式会社 ΟОΟО
代表取締役社長 ΟООΟ 様
または
(部署名/役職)ΟООΟ 様
 
(平素は、大変お世話になっております/株式会社 ΟОΟО ΟОです)。
 
(今朝/昨日/先日)のニュースで貴社ΟΟ工場に隣接しているОΟОΟで火災があったと知り、貴社にはご被害なかったかと(心配し/案じ)ております。
 
報道によると、(幸いにも/辛うじて)隣接地域への類焼は免れたようですが、消火のために何かしらのご被害などありませんでしたでしょうか。
 
何分にも、(そちらのご様子/詳細な状況/被害状況)がわからず、(もどかしく/どうしたものかと思案)いたしております。
 
もし何か私どもにできることがありましたら(お手伝い/ご協力)をさせていただきたく存じますので、遠慮なくお申し付けください。
 
(まずは/取り急ぎ)、(お見舞い申し上げます/ご連絡いたした次第です)。
 
*************************
      署名
*************************

- ▼ [クリック-表示/非表示] -

お見舞いメール 近火 文例(取引先宛) ▼

お見舞いメール 近火 文例(儀礼的_取引先宛)▼

お見舞いメール 近火 文例(第一報_親戚宛)▼

お見舞いメール 近火 文例(親戚宛)▼

お見舞いメール 近火 文例(第一報_知人宛)▼

お見舞いメール 近火 文例(知人宛)▼

お見舞いメール 近火 文例(第一報_友達宛)▼

お見舞いメール 近火 文例(友達宛)▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営組織/業務案内免責事項