招待状 七五三お祝い 文例/例文と書き方

招待状 七五三お祝い 文例/例文と書き方-掲載された文例や書式、テンプレートは、コピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトでは、書き方の説明を加えてあるものや文例/例文の中に書き換え語句や文章を挿入している場合もあります。それらを参考にして状況に応じて適宜、変更してご利用ください。

七五三お祝い 招待状 文例(三歳男女_近親者宛)

前略 (お父様/お母様/叔父様/叔母様/ΟΟさん)には、(私ども家族に/子育に関して)何かと(お心遣いを賜り/お世話いただき)、(ありがとうございます/心より、お礼申し上げます/感謝いたしております)。
お陰様で(長男/О男/長女/О女)ОΟも(健やかに成長して/大病することもなく)、このО日には晴れて(髪置き/三歳/七五三)の祝いを迎えることができます。
つきましては、(来る/О月О日)にОΟ(がこれからも健康に大きくなるよう願って/がこれまで元気に育ったことへの感謝とこれからも更に大きく成長ことを祈り)、(形ばかりですが/ささやかながら/内々で)七五三お祝いを(いたしたいと思いまして/催すことにいたしましたので/運びと相成りましたので)、ご案内をさし上げました。
当日は、我が家でささやかな(お食事を用意します/お祝いの宴席を準備しております)ので、О時頃にお越しいただければと考えております。
(お父様/お母様/皆様/叔父様/叔母様/ΟΟさん)方には、(お忙しい/ご多忙とは存じます)が、(是非とも足をお運びください/どうか、お越しください/来ていただきますようお願いいたします)。
略儀ながら、七五三お祝いのご案内を申し上げます。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

七五三お祝い 招待状 文例(三歳男女)

深秋の候、(叔父様/叔母様/お兄様/お姉様/皆様/ΟΟさん)方におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
この度、私ども(長男/О男/長女/О女)ОΟも(健やかに成長し/大病をすくことなく)、(当年取って/晴れて/無事に)三歳となり(ます/ました)。これも皆様の(ご厚情のお陰と/皆様のお助けがあってのことと)、心より(感謝いたしており/お礼申し上げ)ます。
つきましては、(長男/О男/長女/О女)ОΟの(髪置き/三歳/七五三)のお祝いをО月О日О時から下記にて(形ばかりではありますが/ささやではありますが)催したく存じます。
(皆様/ΟΟ様)方には、(ご多忙中とは存じます/お忙しいでしょう)が、(是非とも/ご都合がつきますなら)ご夫妻で(足をお運び/お越)(いただけますようお願い申し上げます/いただければ幸甚に存じます)。
略儀ながら、書中をもちまして七五三のお祝いのご案内とお願いを申し上げます。

敬 具

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ
〒000-0000 ΟΟ県ΟΟ町100番1号

ΟООΟ様

会場及び時間のご案内
日時 Ο月Ο日(Ο) 午後ΟΟ時〜
場所 ОΟО会館 ΟОの間
住  所 ОΟООΟООΟО
電話番号 00-000-0000
誠に恐れ入りますが、ご来否はΟ月Ο日(Ο)までにお返事をいただければ(幸いです/ありがたく存じます) 。

七五三お祝い 招待状 文例(五歳男児_近親者宛)

深秋のみぎり、(お父様/お母様/叔父様/叔母様/ΟΟさん/皆様/ΟΟ様)におかれましてはご機嫌麗しく元気にお暮らしのことお慶び申し上げます。
さて、(早いもので/あっという間に/この度、)私ども(長男/О男)ОΟも(当年取って/数えの)五才となり(ました/ます)。(今ОΟは、幼稚園にも通い健やかに成長しています/これまで、大病もすることなく、元気に成長してくれてます/今はもう身長がОcmまで伸び、男の子らしく元気にしています)。これも(お父様/お母様/叔父様/叔母様/ΟΟさん)方(から温かいお心遣いを賜った/にお世話いただいた/にお助けいただいた/からのご厚情の)お陰と、心より(お礼申し上げます/感謝いたしております)。
つきましては、(古くからの慣わしに従い)(来るО日/О月О日/今度の日曜日、О日)に(長男/О男)ОΟの(袴着/七五三)のお祝いを(催/いた)すことにしましたにで、(お父様/お母様/皆様/叔父様/叔母様/ΟΟさん)にも(お越しいただきたく/足をお運びいただけないかと思い)ご案内をさし上げました。
当日は、我が家でささやかなお食事を用意しますので、О時頃にお越しいただければと考えておりますが、(お父様/お母様/皆様/叔父様/叔母様/ΟΟさん)方には、是非ともОΟの(健やかな成長を願い/輝かしい将来を祈り)ご一緒におい祝いしていただ(ければ幸甚に存じます/幸いです/けれが嬉しいです)。
まずは、七五三のお祝いのご案内まで。

早 々/敬具

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

七五三お祝い 招待状 文例(七歳女児_近親者宛)

秋も深まり紅葉もみごろとなりましたが、(お父様/お母様/叔父様/叔母様/ΟΟさん/皆様/ΟΟ様)におかれましてはお変わりなくお過ごしでしょうか。
さて、(早いもので/あっという間に/この度)私ども(長男/О男)ОΟも(当年取って/数えの)七才となり(ました/ます)。(今ОΟは、小学校にも毎日元気に通っています/ΟΟは、これまで大病をすることもなく、健康の過ごしてきました/今はもう身長がОcmまで伸び、女の子とは思えないほどに元気です)。
これまでОΟが健やかに成長できましたのも(お父様/お母様/叔父様/叔母様/ΟΟさん)方(から温かいお心遣い/お助け/のご厚情)(のお陰/あってのこと)と、(改めましてお礼申し上げます/心より感謝いたしております)。
つきましては、(古くからの慣わしに従い)(来るО日/О月О日/今度の日曜日、О日)に(長女/О女)ОΟの(帯解き/紐落し/七五三)のお祝いを(催/いた)すことにしましたにで、(お父様/お母様/皆様/叔父様/叔母様/ΟΟさん)にも(お越しいただきたく/足をお運びいただけないかと思い)(ご案内をさし上げました/メールしました)。
当日は、我が家でささやかなお食事を用意しますので、О時頃にお越しいただければと考えておりますが、(お父様/お母様/皆様/叔父様/叔母様/ΟΟさん)方には、是非ともОΟの(輝かしい将来を祈って/健康で美しく育ちますことを祈って)おい祝をしていただ(ければ幸甚に存じます/幸いです/けれが嬉しいです)。
まずは、七五三のお祝いのご案内まで。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項