入園のお祝い(近親者宛)招待状文例と書き方

入園のお祝い(近親者宛)招待状文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
入園のお祝い(近親者宛)招待状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(お父様/お母様/叔父様/叔母様/○○さん)へ

(ΟΟな季節となりましたが/桜の便りも聞かれるこのごろ/うららかな季節となりましたが/日一日と春めいてまいりましたが)、(お父様/お母様/皆様/叔父様/叔母様/○○さん)には(ご機嫌麗しく元気にお暮らしのこと、何よりに存じます/お変わりなくお過ごしでしょうか/お元気でしょうか)。
(日頃より、何かとお心遣い/平素は、いろいろとお世話)いただき(ありがとうございます/感謝いたしております/心からお礼申し上げます)。
さて、この度(長男/長女/○○)○○も晴れて(幼稚園/保育園)に入園(することになりました/させることにしました/できることになりました/しました)。
(早いもので○○の誕生から○年かと、改めてその時このことを思い出し、ここまで無事に育ってくれたことに感謝しています/○○が生まれたとき○○gしかなく、元気に育ってくれるか心配もしましたが、今では同じ年の子供達と比べても少し大きい方です/○○も今から幼稚園に行くのが楽しみな様子です)。
○○(幼稚園/保育園)は、(家から近くご近所の方も多く通わせているので、多くのお友達を作りもっと成長してくれるものと今から楽しみです/音楽に力を入れているところで、音楽の才能が伸びてくれるのを期待しています)。
または
さて、この度(長男/長女/○○)○○を(幼稚園/保育園)に入園させることにしました。まだ○才で(年少さんから/少し早いの)ですが、(私/妻)の(仕事/○○)のことも(あり、そうすることにしました/あって、行かせることにしました/あって、申し込んだんですが、タイミングよく入園できることになりました)。
私達としても少し心配はありますが、(いた仕方ないと思っています/それよりも、早いうちから多くの人に接することで、いろいろなことを早く覚えることができるのではないかと期待もしています)。
つきましては、(来る○日/○月○日/今度の日曜日、○日)○時から入園祝いを(しようと思いまして/することにいたしましたので)、 (お父様/お母様/皆様/叔父様/叔母様/○○さん)にも(是非とも来ていただきたくて/お越しいただけないかと思いまして)(お便りしました/ご案内をさし上げました)。
当日は、我が家でささやかなお食事を用意しますので(お忙しいところ恐縮です/ご多忙中とは存じます)が、○○の(姿/様子)をにも見ていただければ(幸い/嬉しい)です。
○○、入園祝いのご案内まで。

かしこ(書き手が女性の場合)

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000

-スポンサードリンク-

招待状文例と書き方

各種招待状の文例と書き方一覧と招待状関連コンテンツです。

招待状文例一覧

関連文例&コンテンツ

2月季節/時候の挨拶

2月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
2月上旬 (厳寒/余寒/立春)の(候/みぎり)
2月中旬 (残寒/残雪/晩冬)の(候/みぎり)
2月下旬 (春寒/寒風/梅花)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map