入院(家族から親戚宛)_通知文例と書き方

入院(家族から親戚宛)_通知文例

入院(家族から親戚宛)_通知文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ΟООΟ 様

前略
(昨日/先日/先般/○○)、(叔父様/叔母様/○○さん)(には/が)(○○さん/家族の者/父/母)から(私の/私どもの)(父/母/夫/妻/長男)○○が入院したとお聞きになったと知り、お手紙(いたしました/をさし上げた次第です)。
または
前略
この度(ご連絡/お便り)いたし(た/ました)のは、(他でもない私の/私の/私どもの)(父/母/夫/妻/長男)○○のことです。
(実は/突然のことなのですが)、(数日前から体調がすぐれず、病院で診察を受けましたら○○○と云われ/昨日、急にめまいがし、直ぐに病院に行きましたところ、急性○○○と診断され/先日受けた健康診断で○○がみつかり/○○をしていて(○○に怪我をして/○○を骨折して)しまい/交通事故に遭い頭を打てしまい)、 (入院/念のため検査入院/緊急入院/○○のため入院)(しております/いたしました/することになりました)。
(今は/今のところ/まだ)、(検査が始まったばかりで/治療の最中で/手術前とのことで)(病名も/後どれくらいかかるか/どうなるか)(はっきりしない/よく分からない)のですが、 (命にかかわることではないとのこと/発見が早かった/先生の話では完治するとのこと/時間はかっても治る病気だとのこと/結果が出るのに時間はかからないとのこと/○○は大丈夫)ですから、 (あまりご心配なさらないでください/取りあえずはご安心ください/まずはご休心くださいませ)。
(不義理とは存じましたが/(他でもない/常々懇意にしていただいたいる)叔父様にだけはお知らせすべきとは思いましたが)、(急だったことで/皆様にご心配をおかけしたくなく/未だ家族以外の面会もできませんので)、(今は)(ご連絡は/ご通知は/入院をお知らせするのを)控え(させていただきました/ておりました/ております)。どうか(ご理解/斟酌/お察し)(いただきたく存じます/いただけませ/ください)。
(それでは/では)、(取り急ぎ/遅くなりましたが/まずは)入院の連絡まで。

入院先
○○病院 (○○科/第○病棟○○号室)
住所 ○○県○○市○○0000-00
電話番号 000-000-0000

早々

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000


8月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

8月上旬
避暑の候
新涼の候
納涼の候

8月中旬
残炎の候
残暑の候
残夏の候

8月下旬
暮夏の候
晩夏の候
向秋の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について