地震見舞(甚大_ビジネス)お礼メール文例と書き方

地震見舞(甚大_ビジネス)お礼メール文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
地震見舞(甚大_ビジネス)_お礼メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。
件名:(お見舞い心よりお礼申し上げます/早々のお見舞い、心より感謝いたします/ご心配いただき、ありがたく存じます/一日も早い復旧にむけ鋭意努力いたしております)


株式会社 ΟОΟО
代表取締役社長 ΟООΟ 様
または
(部署名/役職)ΟООΟ 様
 
(平素は、大変お世話になっております。株式会社 ΟОΟОの○○です。
 
この度は当地を襲った○○地震におきましては、(早速/早々に/いち早く)(ご厚情あふれるお見舞いと励まし/お心遣い/ご援助の申入れ/○○○)を賜り、誠にありがたたいことと、(厚くお礼申し上げます/深く感謝いたしております/恐縮いたしておりす)。
または
この度、当地を襲った○○地震に際(して/しまして)は、ご厚情あふれるお見舞と励ましのお言葉をいただいたばかりか(ご厚志/お心遣い/援助品/○○○)までも(お送りいただき/頂戴しましたこと)、厚くお礼申し上げます。
 
(ΟΟ様も/報道で)ご承知のとおり今回の地震では、当地に甚大な被害をもたらしました。(幸いにも/不幸中の幸いで/何とか)当社の者は皆無事でしたが、(工場設備には甚大な被害を被り/事務所の壁が崩壊し作業ができる状況ではなくなり/倉庫の物が崩れ落ち多くが廃棄せざるを得ない事態となり)、(この後の対応に苦慮していいるところです/当面生産ができない状況です/後片付けなどで当分は通常営業が困難な状況です)。
 
(ご心配をおかけしておりますが/ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんが/何かとご不便をおかけしますが)、(何とぞ/どうか)(ご容赦を/この状況を斟酌/お許し)いただきたく、(伏して)お願いいたします。
 
(今は地震のショックからも立ち直り/いつまでもくよくよもしていられませんので/今はもう)、社員全員が一丸となって(一日も早く/早急に/少なくとも○○までには)通常(業務/操業/営業)に戻すべく努力しておりますので、(ご安心/ご心配なされませんよう/今しばらくお待ちいただきますよう)お願いいたします。
 
(こちらが落ち着きましたら改めてご挨拶をさし上げる所存ですが/甚だ簡単ではありますが/メールで失礼とは存じますしたが)、(取り急ぎ/まずは)ご報告かたがたお見舞いのお礼(を申し上げます/いたした次第です)。
 
*************************
      署名
*************************

-スポンサードリンク-

災害等お見舞お礼メール文例と書き方

各種災害等のお見舞に対するお礼メール文例と書き方一覧とお礼状関連コンテンツです。
お見舞(災害/災難)お礼メール文例一覧

関連文例&コンテンツ

4月季節/時候の挨拶

4月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
8月上旬 (季夏/残暑/残夏/残炎)の(候/みぎり)
8月中旬 (避暑/新涼/納涼)の(候/みぎり)
8月下旬 (暮夏/晩夏/秋暑/立秋/向秋)の(候/みぎり)
暑中見舞い/残暑見舞いの時期について
小暑(2016/7/7)と大暑(2016/7/22)期間を暑中と呼び、暑中見舞いはこの期間に送るのが正式ですが、 一般的には、梅雨明けから立秋(2016/8/7)まで「暑中見舞い」を送り、それ以降は「残暑見舞い」として送ることも多いようです。 なお、残暑見舞いは処暑(2016/8/23)までに送ります。
ProPortal文例集 homepolicy運営組織/業務案内免責事項文例の転載についてsite_map