お礼メール 火事お見舞い 文例/例文と書き方

お礼メール 火事お見舞い 文例/例文と書き方-掲載された文例や書式、テンプレートは、コピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトでは、書き方の説明を加えてあるものや文例/例文の中に書き換え語句や文章を挿入している場合もあります。それらを参考にして状況に応じて適宜、変更してご利用ください。

お礼メール 火事お見舞い 文例(軽微_取引先宛)


件名:(お見舞い、心よりお礼申し上げます/ご(心配/迷惑)をおかけしまして申し訳ございません/(お陰様で/何とか/幸い)被害は(最小限ですみました/ございませんでした)/ご心配いただき、ありがたく存じます)


株式会社 ΟОΟО
代表取締役社長 ΟООΟ 様
または
(部署名/役職)ΟООΟ 様
 
(平素は、大変お世話になっております。株式会社 ΟОΟОのОΟです。
または
日頃より、格別のご(愛顧/支援)を賜り心よりお礼申し上げます。
または
ΟΟ様には、益々ご(活躍/壮健/健勝)とのこと、何よりに存じます)。
 
この度は(私どもの不始末で/当社の火災/弊社ОΟ事業所の小火騒ぎで)、(貴社/ΟΟ様)にご心配をおかけし(まして誠に申し訳なく存じます/まして全くもって面目ございません/たこと、心よりお詫び申し上げます)。
(また/さらには)、(温かいお見舞い/お見舞いのお心遣い/励ましのお言葉)までいただき、(深く感謝しております/恐縮至極に存じます/恐縮いたしております)。
または
この度は(私どもの不始末で/当社の火災/弊社ОΟ事業所の小火騒ぎで)、(貴社/ΟΟ様)にご心配をおかけし(まして誠に申し訳なく存じます/まして全くもって面目ございません/たこと、心よりお詫び申し上げます)。
(また/さらには)、(温かいお見舞い/お見舞いのお心遣い/励ましのお言葉)までいただき、(深く感謝しております/恐縮至極に存じます/恐縮いたしております)。
 
今回の(火事/こと)は、(お恥ずかしいことで/当社の安全管理の不備で弁解の余地は無く)、(ОΟの不始末/火の消し忘れ/作業手順の徹底がなされていなかったこと/少しの油断)が原因でありました。
 
(幸いにして/辛うじて/発見が早く)、(大事にいたらずにすみました/直ぐに消し止められました/小火程度のものでした/ΟΟを焼いただけですみました)が、(多くの方にご迷惑をおかけし/貴社にもご心配をおかけし/一時近隣地域の方々が避難する騒ぎとなっ)てしまい(深く反省しております/深くお詫び申し上げるます)。
 
(火災後直ちに/弊社としては)、再度このようなことのないよう(作業員全員に対して安全の再教育を実施いたしました/改めて火元管理マニュアルの作成いたしました/火元確認の徹底をはかりました)ので、(どうか/何とぞ、)(ご容赦のほど/ご寛容のほど/お許しいただきますよう)伏してお願いいたします。
 
なお、ご不便をおかけしましたが昨日より通常(業務/営業/操業)に戻すことができましたので、今後とも(お引き立て/変わらぬご愛顧/ご厚誼)を賜りますようお願いいたします。
 
(甚だ簡単ではありますが/メールで失礼とは存じますしたが)、取り急ぎお礼かたがたご報告申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

お礼メール 火事お見舞い 文例(甚大_取引先宛)


件名:(お見舞い、心よりお礼申し上げます/お見舞い深く感謝申し上げます/ご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます/ご心配をおかし、誠に申し訳ございません/ご心配をおかけしましたが、今は何とか落ち着きました/(早々の/ご丁寧な)お見舞いありがたく存じます)


株式会社 ΟОΟО
代表取締役社長 ΟООΟ 様
または
(部署名/役職)ΟООΟ 様
 
(平素は、大変お世話になっております。株式会社 ΟОΟОのОΟです。
 
この度は(私どもの不始末/思いもよらぬこと/当社ОΟ火災/当社ОΟ工場焼失/当社ОΟ現場の火災)では、(貴社/ΟΟ様)に大変なご(心配/迷惑/不便)をおかけし(まして誠に申し訳ございません/まして全くもって面目ございません/たこと、衷心よりお詫び申し上げます)。
 
(また/それにもかかわらず)、(温かいお見舞状/励ましのお言葉)ばかりか、(お心遣い/過分なお見舞い)まで(賜り/いただき/頂戴し)、(深く感謝しております/恐縮至極に存じます/たいへん恐縮いたしております)。お見舞いはありがたく(頂戴いたします/使わせていただきます)。
 
今回の(火災/こと)は、(全くもって当社の安全管理の不備で弁解の余地はなく/明確な原因はこれから究明することとなりますが)、(ОΟの不始末/作業手順の徹底がなされていなかったこと/少しの油断/何らかのミスがあったの)が原因(でありました/だとみらてれいます/ではないかと考えられてます)。
 
(いずれにしても/原因がいかなるものであろうと)、(多くの方にご迷惑をおかけし/貴社にも多大なご迷惑をおかけし/近隣地域の方々を大変な危険にさらし/お騒がせし)ていたしましたこを(深く反省しております/伏してお詫び申し上げます/今更ではありますが後悔の念に苛まれる日々です)。
 
(今後のことは/操業開始時期/業務再開については)、まだ(何も決まっておりません/定かではありません/流動的です/これからの対応は検討中です)が、(社員一丸となって/全社あげて/最優先課題として)(信頼回復に努める覚悟をしております/安全管理の徹底に努める所存です)ので、何とぞ、これまでと変わらぬ(ご支援/ご愛顧/ご協力)を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
または
今は、ОΟの後片付け(や警察と消防の現場検証/仮事業所の手配/業務再開の段取り代替設備の設置/新たな安全管理マニュアル)も(終り/整い/完了し)、(一日も早く/近日中に)通常(業務/営業/操業)に戻す(ように全社体制で取り組んでおります/ことができることろまで辿りつきました)ので、何とぞ、今後とも(お引き立て/変わらぬご愛顧/ご厚誼)を賜りますよう伏してお願いいたします。
 
本来、(参上して/拝顔にて)お礼を申し上げるべきところですが、(略儀ながらメールにて/まずはメールにて)お礼かたがたご報告申し上(た次第です/ました)。
 
*************************
      署名
*************************

お礼メール 火事お見舞い 文例(軽微_親戚宛)


件名:(お見舞いのお礼を申し上げます/お見舞いありがとうございました/ご心配をおかけして申し訳ございませんでした/何とか家族共々無事でした/幸い大きな被害もありませんでした)


(叔父様/叔母様/ΟΟさん/お兄様/お姉様)
 
(ご心配をおかけして申し訳ございません/ご無沙汰しております)。(何々の名前)(です/でございます)。
 
この度は(当家/我が家/ΟΟ)の火災にに際して、(早々にご厚情あふれるお見舞い/何かとお心遣い/わざわざ励まし)を賜り、(厚くお礼申し上げます/心より感謝いたしております)。
または
この度は(私どもの不始末で/当家の火災/我が家の小火騒ぎで)、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)にご心配をおかけしまして(申し訳ございません/全くもって面目ございません/心よりお詫び申し上げます)。
更には(温かいお見舞い/お見舞いのお心遣い/励まし)までいただき、(深く感謝しています/ありがとうございました/恐縮しています)。
 
今回の(火事/こと)は、(お恥ずかしいことで/言い訳のしようもなく/私には弁解の余地は無く)、(ОΟの不始末/火の消し忘れ/料理中に少し油断したこと)が原因でした。
 
(幸い/発見が早く/ご近所の皆様のお陰で)、(大事にはいたらなかったんです/直ぐに消し止められました/小火程度のものでした/ΟΟを焼いただけでした)が、(多くの方にご迷惑をおかけし/ΟΟさんにもご心配をおかけし/ご近所の皆様に不安な思いをさせ/お騒がせし)てしまい(すみませんでした/深く反省しています/たいへん申し訳なく思ってます)。
 
今は、火事の後片付けやご近所さんへのお詫びもすませ、(何とか/やっと)少し(落ち着きましたので/安堵いていますから/平穏をとりもどしましたので)、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)も(ご安心/もうご心配されないでください)。
 
また、お見舞いをいただいておきながら、(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)が遅くなりましたこと、(何とぞ/どうか)(ご容赦/お許し)ください(ませ)。
 
(甚だ簡単ではありますが/メールで失礼ながら)、(まずは/取り急ぎ)お礼かたがたご報告(申し上げた次第です/まで)。
 
時節柄、(皆様/ご家族の皆様/叔父様)ともくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。
 
*************************
      署名
*************************

お礼メール 火事お見舞い 文例(甚大_親戚宛)


件名:(お見舞いのお礼を申し上げます/お見舞いありがとうございます/ご心配をおかけしまし(て、申し訳ございません/ましたこと、深くお詫び申し上げます)/今は何とか落ち着きました/私どもは、もう大丈夫です)


(叔父様/叔母様/ΟΟさん/お兄様/お姉様)
 
ご心配をおかけして申し訳ございません。(何々の名前)(です/でございます)。
 
この度は、(当家の不始末/思いもよらぬ火災/我が家の火事)では、(叔父様/叔母様/ΟΟさん/皆様)に(ご心配/ご心労)をおかけしてしまい(申し訳ございませんでした/心よりお詫びいたします/すみませんでした)。
 
(また/さらには/それに)、(温かいお見舞状/励ましのお言葉)ばかりか、(お心遣い/過分なお見舞い)まで(いただき/頂戴し)、(たいへん感謝いたしております/ありがとうございました/恐縮いたしております)。
 
今回の(火事/火災/こと)は、(全く我が当家の者の不始末で、弁解の余地もありません/長男ОΟの気の緩みが原因でした/ΟΟが調理の最中少し油断したのが原因でした)。
 
(幸いにして/辛うじて/消防やご近所の皆様のお陰で/ΟΟの的確な対処で)、(家の者やご近所の方々にも怪我人が出なかった/ご近所への類焼がなかった)ことだけが不幸中の幸いでした。
 
(それでも/とは申しましても)、(我が家はほぼ焼失してしまい/家の中は水びたしで多くの物が使えなくなってしまい/家の半分は焼け、住み続けることはできそもない状況となってしまい)、今は(焼け残った所を応急処置で改造して住んでる状況です/ΟΟに仮住まいしております/少し離れたところにアパートを借りて住んでいます)。
 
(私ども不始末とはいえ、悔しくてなりません/今も、子供たちは火災の恐怖から抜けきれていません/私どもの不始末で多くの方々にご迷惑をかけして申し訳なく思う毎日です)。しかし、(今更どうにもならないことなので/そのことばかり考えていてどうにもならないですから)、家族(一丸となって/皆が)この(苦しい状況/苦境/災難)を(打ち負かそう/跳ね返えそう/乗り越えよう)と強い気持ちを持つように(しましたので/なりまいたので)、(叔父様/叔母様/ΟΟさん/皆様)におかれましても(ご安心/ご休心/これ以上はご心配なされないでください)。
または
今は、火事の後片付け(や警察と消防の現場検証も終り/仮住まいの手配もでき/今後のこともおおかた決まり)、(何とか/やっと)(少し落ち着きを取り戻しますので/普段の生活に戻りつつありますので)、(どうぞ/何とぞ)、(叔父様/叔母様/ΟΟさん/皆様)におかれましてもご安心ください。
 
(また/それと)、(お見舞いをいただいておきながら/このような状況でもありましたので)、(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)が遅くなりましたこと、(何とぞ/どうか)(ご容赦/お許し)ください。
 
(甚だ簡単ながら/メールで失礼とは存じますかが/簡単ですが)、(取り急ぎ/まずは)ご報告とお見舞いのお礼をさし上げたした次第です。
 
*************************
      署名
*************************

お礼メール 火事お見舞い 文例(軽微_知人宛)


件名:(お見舞いのお礼を申し上げます/早々のお見舞いありがとうございます/ご心配をおかけして申し訳ございませんでした/(お陰様で/何とか)家族共々無事でした/幸い大きな被害もありませんでした。)


ΟООΟ 様
 
(何々の名前)(です/でございます)。
 
この度は(当家/我が家/ΟΟ)の火災に際して、(早々にご厚情あふれるお見舞い/何かとお心遣い/わざわざ励まし)を賜り、(厚くお礼申し上げます/心より感謝いたしております)。
または
この度は(私どもの不始末で/当家の火災/我が家の小火騒ぎで)、ΟΟ様にご心配をおかけし(まして誠に申し訳ございません/まして全くもって面目ございません/たこと、心よりお詫び申し上げます)。(また/さらには)、(温かいお見舞い/お見舞いのお心遣い/励まし)までいただき、(深く感謝しております/ありがとうございました/恐縮いたしております)。
 
今回の(火事/こと)は、(何ともお恥ずかしいことで/言い訳のしようもなく/私どもには弁解の余地は無く)、(ОΟの不始末/火の消し忘れ/料理中に少し油断したこと)が原因でした。
 
(幸いにして/辛うじて/発見が早く/ご近所の皆様のお陰で)、(大事にまではいたらずにすみました/直ぐに消し止められました/小火程度のものでした/ΟΟを焼いただけですみました)が、(多くの方にご迷惑をおかけし/ΟΟさんにもご心配をおかけし/ご近所の皆様に不安な思いをさせ/お騒がせし)てしまい(すみませんでした/深く反省しています/たいへん申し訳なく思ってます)。
 
今は、火事の後片付けやご近所さんへのお詫びもすませ、(何とか/やっと)(落ち着きましたので/少し安堵いていますから/平穏をとりもどしましたので)、ОΟ(様/さん)も(ご安心/もうご心配されないでください)。
 
(また/それと)、(お見舞いをいただいておきながら/このような状況でもありましたので)、(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)が遅くなりましたこと、(何とぞ/どうか)(ご容赦/お許し)いただきますようお願い(します/いたします)。
 
こちらが落ち着きましたら、改めてご挨拶させていただきますが、(取り急ぎ/まずは)ご報告かたがたお見舞いのお礼(を申し上げます/いたした次第です)。
 
時節柄、皆様におかれましては、くれぐれもご自愛ください。
 
*************************
      署名
*************************

お礼メール 火事お見舞い 文例(甚大_知人宛)


件名:(お見舞いのお礼を申し上げます/お見舞いありがとうございます/ご(心配/迷惑)をおかけしまして、(すみません/申し訳ございません/お詫び申し上げます)/今は何とか落ち着きました/今はもう大丈夫です)


ΟООΟ 様
 
(何々の名前)(です/でございます)。
 
この度は、(当家の不始末/思いもよらぬ火災に/我が家の火事)で、(ОΟ/皆)様に(ご心配/ご心労)をおかけしてしまい(申し訳ございませんでした/心よりお詫びいたします/すみませんでした)。
 
(また/さらには/それに)、(温かいお見舞状/励ましのお言葉)ばかりか、(お心遣い/過分なお見舞い)まで(いただき/頂戴し)、(たいへん感謝いたしております/ありがとうございました/恐縮いたしております)。
 
今回の(火事/火災/こと)は、(全く我が家の者の不始末で、弁解の余地もありません/ちょっとした気の緩みでした/当家の者が少し油断したのが原因でした)。
 
(幸いにして/辛うじて/消防やご近所の皆様のお陰で/ΟΟの的確な対処で)、(家の者やご近所の方々にも怪我人が出なかった/ご近所への類焼がなかった)ことだけが不幸中の幸いでした。
 
(とは申しましても/しかしながら)、(我が家はほぼ焼失してしまい/家の中は水びたしで多くの物が使えなくなってしまい/家の半分は焼け、住み続けることはできそもない状況となってしまい)、(焼け残った所を応急処置で改造して住んでる状況です/今は、ОΟに仮住まいしております/少し離れたところにアパートを借りて住んでおります)。
 
(私どもの不始末とはいえ、後悔ばかりして/今も、家族の中には火災の恐怖から抜けきれてない者も/私どもの不始末で多くの方々にご迷惑をかけてしまい深く反省して)(おります。しかし/おりますが)、(今更どうにもならないことなので/そのことばかり考えていてもしょうがないことなので)、家族(一丸となって/皆が)この(苦しい状況/苦境/災難)を(打ち負かす/跳ね返す/乗り越える)んだと強い気持ちを持つように(しましたので/なりまいたので)、ОΟ(様/さん)におかれましても(ご安心/ご休心/これ以上はご心配なされないでください)。
または
今は、火事の後片付け(や警察と消防の現場検証も終り/仮住まいの手配も整い/今後のこともおおかた決まり)、(何とか/やっと)(少し落ち着きを取り戻しますので/普段の生活に戻りつつありますので)、(どうぞ/何とぞ)、ОΟ(様/さん)におかれましてもご安心ください。
 
(また/それと)、(お見舞いをいただいておきながら/このような状況でもありましたので)、(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)が遅くなりましたこと、(何とぞ/どうか)(ご容赦/お許し)ください。
 
(甚だ簡単ではありますが、取り急ぎお礼かたがたご報告をさし上げた次第です/落ち着きましたら改めてご報告をさせていただきたく存じます/メールで失礼とは存じましたが、取り急ぎお礼を申し上げます)。
 
*************************
      署名
*************************

お礼メール 火事お見舞い 文例(軽微_友達宛)


件名:(お見舞いのお礼/お見舞いありがとう/ご心配をおかけして申し訳ありません/幸い大きな被害はありませんでした/(俺/私)は大丈夫です)


ΟООΟ (君/さん)
 
(何々の名前)(です/でございます)。
 
この度は(私たちの不始末で/我が家の小火騒ぎで)、(ОΟ/君)にもご心配をおかけてし(まい申し訳なかったね/まい面目ない/まって、本当にすみませんでした)。
それに、(お見舞い/お心遣い/励まし)まで(いただき/もらい)、(感謝してます/ありがとうございました/恐縮してるよ)。
 
今回の(火事/こと)は、(何ともお恥ずかしことだけど/言い訳のしようもなく/私には弁解の余地が無く)、(ОΟの不始末/火の消し忘れ/料理中に少し油断したこと)が原因だった。
 
(幸いにも/辛うじて/発見が早くて/ご近所の皆様のお陰で)、(大事にはいたらなかった/直ぐに消し止められました/小火程度ですんだ/ΟΟを焼いただけですんだ)けど、(多くの人に迷惑をかけ/ΟΟ君にもご心配させ/ご近所の皆様を不安にさせ/騒がせし)てしまい(深く反省しています/たいへん申し訳なく思ってます)。
 
今は、火事の後片付けやご近所さんへのお詫びもすませて、(何とか/やっと)(落ち着きましたので/少しホッとしているところなんで)、ОΟ(君/さん)も(安心/もうご心配しないでください)ね。
 
(また/それと)、(お見舞いをもらっていながら/こんな状況でもあったから)、(報告/お礼/報告とお礼)が遅くなったころ、(許して/勘弁して)くださいね。
 
(簡単だけど/取あえず/取り急ぎ)、(無事の連絡と)お見舞いのお礼まで。
 
*************************
      署名
*************************

お礼メール 火事お見舞い 文例(甚大_友達宛)


件名:(お見舞いのお礼/お見舞いありがとう/心配かけしてすみません/今は何とか落ち着いたよ/もう大丈夫だから、心配いらないよ)


ΟООΟ (君/さん)
 
(何々の名前)(です/でございます)。
 
この度は、(我が家の不始末/思いてもしてない火事/我が家の火事)で、(ОΟ/君)にまで心配をかけてし(まい申し訳なかったね/まいましたね。本当にすみませんでした)。
 
(また/それに)、(温かいお見舞状/励ましの手紙)ばかりか、(心遣い/多額の見舞/お見舞いの品)まで(いただき/送ってもらい/もらい)、(感謝してます/ありがとうございました/恐縮してるよ)。ありがたく使わせてもらうよ。
 
今回の(火事/火災/こと)は、(全くもって我が家の者の不始末で、弁解の余地がないです/ちょっとした気の緩みであったからでした/家の者が少し油断したのが原因でした)。
 
(幸い/辛うじて/消防や近所の方々のお陰で)、(家の者やご近所の方々に怪我人が出なかった/ご近所への類焼がなかった)ことだけがせめてもの救いだ。
 
(でも/とは言っても/しかし)、(我が家はほぼ全焼だよ/家の中は水びたしで家財道具は全部使えなくなってるよ/家の半分は焼けて住める状況じゃないよ)。今は、(焼け残った所を応急処置で改造して住んでるよ/ΟΟに仮住まいしてるよ/少し離れたところにアパートを借りて住んでいます)。
 
(僕らが悪いんだけど/今でも火事の恐怖は消えてないけど/俺の不始末で多くの人達に迷惑をかけて、とても反省してるんだけど)、(今更どうにもならないことだし/そのことばかり考えていてもしょうがないことだし/後悔ばっかりしてても元に戻る訳でもないし)、これからは、家族皆(で苦しい状況を乗り越えようとしてる/一から出直すつもりで頑張ろうとしてる/気持ちを切り替えてる)から、(ОΟ/君)も(安心/これ以上はご心配しないでいいからね)。
または
今は、火事の後片付け(や警察と消防の現場検証も終って/仮住まいの手配もできて/今後のこともおおかた決まって)、(何とか/やっと)(少し落ち着いてきたから/普段の生活に戻りつつあるから)、(ОΟ/君)も(安心してくれ/これ以上は心配いらないからね)。
 
(また/それと)、(お見舞いをもらっておきながら/このような状況だったんで)、(報告/お礼/報告とお礼)が遅くなったこと(勘弁/許)してくれな。
 
(簡単だ/遅くなった)けど、お見舞いのお礼まで。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営組織/業務案内免責事項