失火/火災事故/家事/ぼや 詫び状/お詫びメール 文例,例文,書き方

失火/火災事故/家事/ぼや 詫び状/お詫びメール 文例,例文,書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストしてご利用ください。 その多くの文例,例文には、置き換えの文言や意味合いの違う文章が入っています。ご自分の実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。

火災事故 詫び状文例(近隣世帯宛)

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ 様
または
ΟО地区の皆様へ

株式会社 ΟООΟ
(代表取締役社長/工場長) ΟООΟ

(失火/弊社ОΟ工場火災)のお詫び

謹啓 時下ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
または
急啓(結びは「早々」)この度は、・・・
 
(さて、この度の/この度は、)弊社ОΟ(工場/事務所)(火災/からの失火)では、皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。
 
今回の(火災事故/失火)では、発見が早かったお陰で(小火程度ですみ/工場の一部を焼だけですみ/大きな火災となりませんで/近隣への延焼がなく)弊社としても、(胸をなでおろしている次第です/不幸中の幸いに存じます)。
とは申しましても、皆様方には多大なご不安を与えてしまい、(誠に申し訳ございません/全く面目ございません)。
または
今般の(火災/失火)は、(設備の老朽化/作業員の作業ミス/弊社の不始末)が原因であり、(全くもって面目次第もございません/弁解の余地がございません/深く反省いたしております)。
 
(今後は/かかるうえは)、二度とこのようなことのないよう(火元管理(の徹底/体制を強化)して/従業員一同肝に銘じて)まいりますので、今回ばかりは、何卒ご(寛容/容赦)賜りますよう伏してお願い申し上げます。
 
なお、この度にことで近隣の皆様にはご被害はないと聞き及んではおりますが、もし何か(不都合/お気付き)がありましたらお申し越しください。
または
なお、お詫びのしるしとしまして心ばかりの(粗菓/粗品)をお届けいたします。どうかご受納ください。
 
(甚だ略儀でありますが/取り急ぎ)、書面にてお詫び申し上げます。

敬白/早々

お問い合わせ先
株式会社ΟΟΟΟ
ΟΟΟ部ΟΟ課
電話番号 000-0000-0000
メールアドレス yyyyy@ddddd.ne.jp

以 上

関連文例/例文一覧

火災事故(軽微)詫び状文例(被害者宛)

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ 様
または
(ΟО/店名/会社名) (殿/御中)

株式会社 ΟООΟ
(代表取締役社長/工場長) ΟООΟ

(失火/弊社ОΟ工場火災)のお詫び

謹啓 時下ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
または
急啓(結びは「早々」)この度は、・・・
 
(さて、この度の/この度は、)弊社ОΟ(工場/事務所)(火災/火災の消火活動)のため(貴(店/社)の営業が一時ができませんでしたことで/貴社には、(重要書類等の持ち出し/ΟΟの退避)をれたとのことで/ΟΟ様宅では、消火用の放水でお庭や家の一部が水浸しになったとのこで)、深くお詫び申し上げます。
または
(さて、この度の/この度は、)弊社ОΟ(工場/事務所)火災のためΟΟ様方の皆様には、(深夜既にお休みの/夜の団欒の/朝の忙しい)時間にそ騒がせ(してしまい/したばかりか、(お仕事や学校へ遅刻/お仕事をお休みさせて)しまいましたこと)、(誠に申し訳なく存じます/深くお詫び申し上げます)。
または
(さて、この度の/この度は、)弊社ОΟ(工場/事務所)火災での避難に際してΟΟ様が(お怪我/足を挫かれた)とのことで、(心よりお見舞い申し上げます/その後お加減はいかがでしょうか/誠の申し訳ございませんでした/深くお詫び申し上げます)。
 
今回の(火災事故/失火)では、発見が早かったお陰で(小火程度ですみ/工場の一部を焼だけですみ/大きな火災となりませんで/近隣への延焼がなく)弊社としても、(胸をなでおろしている次第です/不幸中の幸いに存じます)。
とは申しましても、皆様方には多大な(ご迷惑とおかけし/ご迷惑とご不安を与え)てしまい、改めてお詫び申し上げます。
また、今後二度とこのようなことのないよう(火元管理(の徹底/体制を強化)して/従業員一同肝に銘じて)まいる(覚悟/所存)でありますので、今回ばかりは、どうかお許しいただきますようお願い申し上げます。
または
今般の(火災/失火)は、(設備の老朽化/消火設備の不備で初期消火ができなかったこと/作業手順のミス/全くって弊社の不始末)が原因であり、(全くもって面目次第もございません/弁解の余地がございません/深く反省いたしております)。
かかるうえは、(消防設備の再点検/作業員への火気使用に関する再教育を実施して/徹底的な再発防止策を講じて)まいる所存でありますので、この度のことは、何卒ご(寛容/容赦)賜りますようお願い申し上げます。
 
なお、この度にことに関しましては、別途(ご相談/火災保険会社の担当とご説明にお伺い)させていただきたく存じます。
または
まずは、(お詫びのしるしとしまして心ばかり(粗菓/粗品)を/甚だ些少ではありますが、お見舞いを)お届けいたします。どうかご受納ください。
 
(近々お伺いしてお詫びを申し上げさせていただきますが、まずは/誠に略儀ながら)、書面にてお詫び申し上げます。

敬白/早々

工場/事務所火災(重大事故)詫び状文例(近隣世帯宛)

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ 様
または
(ΟО/店名/会社名) (殿/御中)

株式会社 ΟООΟ
(代表取締役社長/工場長) ΟООΟ

(失火/弊社ОΟ工場火災)のお詫び

急啓 (この度の/この度は、)弊社ОΟ(工場/事務所)(火災/爆発事故による火災)により(貴(店/社)/皆様/ΟΟ様方/近隣方々)に多大なご迷惑とご(不安/心配)をおかけしましたこと、(深く/幾重にも/(心/衷心)より)(お詫び/謝罪)申し上げます。
 
今般の(火災事故/失火/工場火災/爆発事故による火災)は、(まだ警察と消防が調査しておりますが、弊社が火元であることは明らか/(設備の老朽化/消火設備の不備で初期消火ができなかったこと/作業手順のミス/全くって弊社の不始末)が原因)であり、損害を被られた皆様方には、いかなる言葉をもってしても、言い訳の立たないことは承知しております。
または
特に貴(店/社)におかれましては、火災があった日から数日営業に支障をきたしていたとのことで、なんとお詫びすべきか、言葉もございません。
または
特にΟΟ様宅では、消火用の放水で家屋内にも水が入り込んだとのことで、(一時ご不便な生活を強いてしまい/平穏な日常生活を乱してしまい)、お詫びの言葉がみあたりません。
 
つきましては、(貴邸の被った損害/今後のこと)に関しては、(誠意をもってあたらせていただきます/後日改めて保険会社の担当とお伺いしてご相談させていただきたく存じます/改めて参上してご相談させていただきます)ので、その節はどうかよろしくお願い申し上げます。
または
なお、この度にことで近隣の皆様へ与えてしまいましたご被害に関しては弊社としても把握できておりませんので、後日改めて保険会社の担当とお伺いしたく存じますが、(もし/万一/特に/お急ぎのこと/現状で)何か(不都合/不自由なこと)がありましたら下記までお申し越しいただければと存じます。
または
まずは、(お詫びのしるしとしまして心ばかり(粗菓/粗品)を/甚だ些少ではありますが、お見舞いを)お届けいたします。どうかご受納ください。
 
(甚だ略儀でありますが/近々お詫びにお伺いいたしますが、まずは/まずは/取り急ぎ)、書面にてお詫び申し上げます。

早 々

お問い合わせ先
株式会社ΟΟΟΟ
ΟΟΟ部ΟΟ課
電話番号 000-0000-0000
メールアドレス yyyyy@ddddd.ne.jp

以 上

失火/火災事故(消火協力のお礼)詫び状(近隣世帯宛)

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ 様
または
ΟО地区の皆様へ

株式会社 ΟООΟ
(代表取締役社長/工場長) ΟООΟ

(事務所火災/弊社ОΟ工場火災)のお詫びと消火協力のお礼

謹啓 時下ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
または
急啓(結びは「早々」)この度は、・・・
 
(さて、この度の/この度は、)弊社ОΟ(工場/事務所)(火災/からの失火)では、皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。
また、(ΟО地区の皆様/ΟΟ様方の皆様/ΟΟ様)には、(危険をかえりみず/果敢に)消火活動にご協力いただきましたこと、心よりお礼申し上げます。
 
幸いにしてこの度の火災が、(小火程度で/工場の一部を焼だけで/大きな火災となりませんで/近隣への延焼がなく)すみましたのも皆様(のご協力あってのことと/のお陰と)感謝いたしますとともに、今後、二度とこのようなことのないよう(火元管理(の徹底/体制を強化)する(所存/覚悟)であります。
または
今般の(火災/失火)は、(設備の老朽化/作業員の作業ミス/弊社の不始末)が原因であり、(全くもって面目次第もございません/弁解の余地がございません/深く反省いたしております)。
かかるうえは、このような不始末を二度と起こさないよう従業員一同、肝に銘じてまいります。
 
なお、この度にことで(近隣の皆様にはご被害はないとは聞き及んではおりますが/消火活動でお怪我をされたなどありましたら)、何かありましたら(下記まで/遠慮なく)お申し越しください。
または
なお、(お詫びと)消火活動へのご協力のお礼(のしるしに/の意を表したく)、心ばかりではありますが(粗菓/粗品)をお届けいたします。どうかご受納ください。
 
(甚だ略儀でありますが/取り急ぎ)、書面にてお詫びとお礼まで申し上げます。

敬白/早々

お問い合わせ先
株式会社ΟΟΟΟ
ΟΟΟ部ΟΟ課
電話番号 000-0000-0000
メールアドレス yyyyy@ddddd.ne.jp

以 上

手紙/ハガキの書き方一覧
時候の挨拶   手紙   ハガキ   封筒   宛名   便箋折り方

失火/火災事故(火事見舞のお礼)詫び状(取引先宛)

(拝復/拝啓) ΟΟの候、(貴社/貴社の皆様)におかれましては益々ご(清栄/健勝)のこととお慶び申し上げます。
さて、こと度は(弊社ОΟ(工場/事務所)(火災/爆発事故による火災)により/弊社の不始末で)(貴社/皆様)に多大なご迷惑とご(心配/不便)をおかけしたこと、心よりお詫び申し上げます。
(また/さらには/それにもかかわらず)、貴社には(温かいお見舞い/お見舞いのお心遣い/励ましのお言葉)までいただき、(深く感謝しております/恐縮至極に存じます/恐縮いたしております)。
今回の(火災/こと)は、(ОΟの不始末/お恥ずかしながら弊社社員の(火/タバコ)の消し忘れ/弊社の安全管理の不備/作業手順の徹底がなされていなかったこと)が原因でありました。(幸いにして/発見が早く)、(大事に至らずにすみ胸をなでおろしたものの/直ぐに消し止められました/小火程度ですみましたが/ΟΟを焼いただけですみましたが)、(多くの皆様にご迷惑をおかけし/貴社にもご心配をおかけし/一時近隣地域の方々が避難する騒ぎとなっ)てしまい、深く反省しております。
(今後は/かかるうえは)、このようなことのないよう(作業員全員に対して火元管理の徹底していく/火元確認の徹底をはかりる/火気の取り扱いに関するマニュアルを再点検する)所存です。
なお、(何かとご不便/ご心配)をおかけしましたが、(昨日/昨日/О日)より通常(業務/営業/操業)に(戻っております/戻すことができました)ので、今後とも倍旧の(お引き立て/ご厚誼)を賜りますようお願い申し上げます。
(甚だ略儀ではありますが/近々お詫びにお伺いいたしますが、まずは/取り急ぎ)、書中にてお詫びとお見舞いのお礼まで申し上げます。

敬 具

О年О月О日

株式会社 ΟООΟ
(総務部長/役職) ΟООΟ

株式会社 ΟОΟО
(代表取締役社長/役職) ΟООΟ 様

火事/ぼや 詫び状文例

(急啓/冠省/前略) この度は、(私どのも不始末/私の(気の緩み/不注意)/当家のものの不始末)により、(ΟΟ様方/(マンション/ご近所)の皆様)に多大なご迷惑と(ご心配/ご不便)をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。
または
前略 (О日の/先日)の(当家が火元の小火/火災/ボヤ)では、皆様に多大なご迷惑をおかけしてしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。また、(ΟΟ様/ΟΟ様方の皆様)には、消防へのご連絡や消火にもご協力いただきましたこと、心よりお礼申し上げます。
または
前略 この度の(当家が火元の小火/火災/ボヤ)に関して(何はともあれ/まずは)(ΟΟ様方の皆様/ご迷惑とご心配をおかけした皆様)にお詫び申し上げたくて筆をとりました。
 
先日の(火事/ボヤ)は、(私/私ども/私どもの家族)が、(うっかりОΟした/ΟΟの火を消し忘れ/ΟΟをストーブの側においた/蛸足敗戦をしていた)ことが原因であり、全く弁明の余地がなく(今更ながら深く反省いたしております/猛省いたしております)。
または
今回の(火事/ボヤ)は(発見が早かったこともあり/皆様のご協力のお陰で/初期消火がうまくいって/消防が早く来てくれて)(大事に至らなかった/直ぐに消し止められた/ΟΟ様宅にまで燃え広がらなかった/ΟΟを焼くだけの被害で済んだ)とはいえ、(ΟΟ様/ΟΟ様をはじめ近隣の皆様)に(多大なご(迷惑/心配)をおかけして/ご不安な思いをさせて)しまい、(私どもの家族/私の)の(防火意識の甘さ/軽率な行為/火の怖さに対する認識の甘さ)を痛感するとともに家族一同、深く反省しております。
または
今回のことでは、(自身/家族のもの)の火の取りか使いに対する(考えの甘さ/注意力不足)を(今更ながら恥じる/今では後悔)するとともに家族一同、深く反省しております。
または
(この度は/今回のことは)、私(ども)の(落ち度/不注意/防火認識の欠如)(であり、弁明の余地もありませんで/であることは明白あり、)この度の(不始末を恥じ/行いを悔い改め/ことを後悔)るとともに深く反省いたしております。
 
今後は、二度と(このような不始末のない/皆様にご迷惑をおかけししない/火元をはなれない/ΟΟをしない)よう(肝に銘じて/細心の注意を払って)まいりますので、どうか(この度のことは/今回)だけはお許しいただけますようお願い申し上げます。
または
今後決して(ОΟをしない/蛸足配線/ストーブの側に燃えやすいものを置かない)ことをお誓いしますので、今回にばかりはどうかご(寛容/容赦)賜りますようお願い申し上げます。
 
昨日お伺いしましたが、ご不在でしたので書中でお詫び(とお礼)を申し上げたました。
または
(早々にご訪問すべきではありますが/週末にお詫びにお伺いしたいと思いますが/(平日/平素)は(お帰りが遅いとのこと/帰りが遅いもの)ですから)(まずは/取り急ぎ/略儀ながら)書中にてお詫び(とお礼を)申し上げます。
または
(後日改めてお伺いしてお詫びを申し上げたく存じますが、まずは/ΟΟ様にご迷惑をおかけしてしまった)お詫び(とお礼)まで申し上げる次第です。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ОΟОΟ (様/様方ご家族の皆様)

火事による類焼被害 詫び状文例

(急啓/冠省/前略) (この度の/この度は、)私どもから出火した火災により(皆様/ΟΟ様方/近隣方々)に多大な(損害を与えて/ご迷惑とご不便をおかけ)しましたこと、(深く/幾重にも/(心/衷心)より)(お詫び/謝罪)申し上げます。
または
前略 この度は、(私どのも不始末/私の(気の緩み/不注意)/当家のものの不始末)でΟΟ様方宅(の一部を類焼させてしまい/が消火のため水浸しにさせてしまい/のご迷惑をおかけし)ましたこと、深くお詫び申し上げます。
または
前略 この度の火災では、ΟΟ様宅にも(類焼させて/(損害/被害)を与えて)しまい(ましたが、私(そもは今ОΟに身を寄せている/も入院中の)ため/、ご家族の皆様に顔向けできませんで)(書面にてお詫びを申し上げる次第です/書中でお詫びを申し上げる(非礼/ご無礼)をお許しください)。
 
(この度/先日)の(火事/火災)は、(私/私ども/私どもの家族)が、(うっかりОΟした/ΟΟの火を消し忘れ/ΟΟをストーブの側においた/蛸足敗戦をしていた)、全くもって弁明のよちがありませんで、深く反省しております。
または
今般の(火災/火事)は、(まだ警察と消防が調査しておりますが、(当家が火元で/私どもに落ち度が)あることは明らか/全くって私どもの不始末)が原因)であり、損害を被られた皆様方には、いかなる言葉をもってしても言い訳の立たないことは承知しております。
または
この度の火災でΟΟ様宅には、消火用の放水で家屋内にも水が入り込んだとのことで、(一時ご不便な生活を強いてしまい/平穏な日常生活を乱してしまい)、お詫びの言葉がみあたりません。
または
今回のことでは、(自身/家族のもの)の火の取りか使いに対する(考えの甘さ/注意力不足)を(今更ながら恥じる/今では後悔)するとともに家族一同、深く反省しております。
または
(この度は/今回のことは)、私(ども)の(落ち度/不注意/防火認識の欠如)(であり、弁明の余地もありませんで/であることは明白あり、)この度の(不始末を恥じ/行いを悔い改め/ことを後悔)るとともに深く反省いたしております。
 
つきましては、(貴邸の被った損害/今後のこと)に関しては、(誠意をもってあたらせていただきます/後日改めて保険会社の担当とお伺いしてご相談させていただきたく存じます/改めて参上してご相談させていただきます)ので、その節はどうかよろしくお願い申し上げます。
または
この度にことで近隣の皆様へ与えてしまいましたご被害に関しては私どでまだ把握できておりませんので、後日改めて保険会社の担当とお伺いしたく存じますが、(もし/万一/特に/お急ぎのこと/現状で)何か(不都合/不自由なこと)がありましたらご連絡をいただければと存じます。
または
まずは、(お詫びのしるしとしまして心ばかり(粗菓/粗品)を/甚だ些少ではありますが、お見舞いを)お届けいたします。どうかご受納ください。
または
ご被害は(保険/当方)で(修理を/補償)させていただくとしても(修理/修復/現状復帰)の間ΟΟ様に(ご迷惑/ご不便)をおかけしてしまい(お怒りはご最もでありますて/簡単にお許しいただけないとは存じますが)、(何卒/どうか)ご(容赦/寛容)を賜りますよう伏してお願い申し上げます。
または
この度の火災は、(一切の責任は私どもに/全く私の責任で)あることを認めて(誠意をもって対応いたしたく存じます/私どもとしてもできるだけのことをさせていたさきたい/当然ながらでくる限りの(損害賠償/弁償)をいたします)ので、今回のことに関して(お許しいただけ/ご寛容賜り)ますよう伏してお願い申し上げます。
または
この度のことでは、ΟΟ様宅を類焼する被害を出してしまい、(ただただΟΟ様にお許しをいただけますようお願いするばかりです/ΟΟ様の温情にすがりお許しを賜りますよう伏してお願いする次第です)。
または
(当家からの失火/私の不始末)でΟΟ様のお宅まで被害をだしてしまったことは、決してして許されないことであり、(簡単/直ち)にお許しいただけ(るとは思いませんが/ないのは重々承知しておりますが)、(お許しを乞うのもおこがましいく、ただただお詫び申し上げるばかりです/(今は/まずは/できますれば)謝罪の気持だけお汲みとりいただければ幸甚に存じます)。
 
早々にご訪問すべきではありますが、(誠に失礼ながら/甚だ略儀ながら/取り急ぎ/改めて)書中にてお詫びを申し上げます。
または
後日改めてお伺いしてお詫びを申し上げたく存じますが、まずはお詫びまで申し上げる次第です。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ОΟОΟ (様/様方ご家族の皆様)

失火/火災事故(火事見舞のお礼)お詫びメール文例(担当宛)


件名:(ご心配いただき、心よりお礼申し上げます/ご(心配/迷惑)をおかけしまして申し訳ございません/(お陰様で/何とか/幸い)被害は(最小限ですみました/ございませんでした)/ご心配いただき、ありがたく存じます)


株式会社 ΟОΟО
(部署名/役職)ΟООΟ 様
 
平素は、大変お世話になっております。株式会社 ΟОΟОのΟОです。
 
この度は(私どもの不始末で/当社の火災/弊社ОΟ事業所の小火騒ぎで)、(温かいお見舞いの(お言葉/メール)/温かいお心遣い)までいただき、(心よりお礼申し上げます/甚だ恐縮しております/ありがとございます)。
 
(幸いにして/辛うじて/発見が早く/お陰さまで)、(大事にいたらずにすみました/直ぐに消し止められました/小火程度のものでした/ΟΟを焼いただけですみました)。
とは申しましても、(貴社/ΟΟ様)にも多大な(ご迷惑/ご心配)をおかけ(してしまい、誠に申し訳なくございませんでした/してしまい、全くもって面目ございません/してしましたこと、心よりお詫び申し上げます)。
 
今回の(火事/こと)は、(お恥ずかしながら/当社の安全管理の不備で弁解の余地は無く)、(ОΟの不始末/火の消し忘れ/作業手順の徹底がなされていなかったこと/少しの油断)が原因であり、再度このようなことのないよう(作業員全員に対して安全の再教育を実施いたします/改めて火元確認の徹底をはかってまいります)ので、今後とも(どうか/何卒、)(ご愛顧お引き立て)を賜りますようよろしくお願いいたします。
 
(甚だ簡単ですが/取り急ぎ/まずは)、お見舞いのお礼かたがたご報告まで申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項