失火/火災事故/家事/ぼや 詫び状/お詫びメール 文例

失火/火災事故/家事/ぼや 詫び状/お詫びメール 文例 - 文例は、コピーしてご利用いただけます。 文例中には、文章を書く上で助けとなるよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句等を選んでご利用ください。

火災事故 詫び状文例(近隣世帯宛)

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇 様
または
〇〇地区の皆様へ

〇〇〇〇株式会社
(代表取締役社長/工場長) 〇〇〇〇

(失火/弊社〇〇工場火災)のお詫び

謹啓 時下ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
または
急啓(結びは「草々」)この度は、・・・
 
(さて、この度の/この度は、)弊社〇〇(工場/事務所)(火災/からの失火)では、皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。
 
今回の(火災事故/失火)では、発見が早かったお陰様で(小火程度ですみ/工場の一部を焼だけですみ/大きな火災となりませんで/近隣への延焼がなく)弊社としても、(胸をなでおろしている次第です/不幸中の幸いに存じます)。
とは申しましても、皆様方には多大なご不安を与えてしまい、(誠に申し訳ございません/全く面目ございません)。
または
今般の(火災/失火)は、(設備の老朽化/作業員の作業ミス/弊社の不始末)が原因であり、(全くもって面目次第もございません/弁解の余地がございません/深く反省いたしております)。
 
(今後は/かかるうえは)、二度とこのようなことのないよう(火元管理(の徹底/体制を強化)して/従業員一同肝に銘じて)まいりますので、今回ばかりは、何卒ご(寛容/容赦)賜りますよう伏してお願い申し上げます。
 
なお、この度にことで近隣の皆様にはご被害はないときき及んではおりますが、もし何か(不都合/お気付き)がありましたらお申し越しください。
または
なお、お詫びのしるしとしまして心ばかりの(粗菓/粗品)をお届けいたします。どうかご受納ください。
 
(甚だ略儀でありますが/取り急ぎ)、書面にてお詫び申し上げます。

敬白/草々

お問い合わせ先
〇〇〇〇株式会社
〇〇〇部〇〇課
電話番号 000-0000-0000
メールアドレス yyyyy@ddddd.ne.jp

以 上

関連文例一覧

火災事故(軽微)詫び状文例(被害者宛)

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇 様
または
(〇〇/店名/会社名) (殿/御中)

〇〇〇〇株式会社
(代表取締役社長/工場長) 〇〇〇〇

(失火/弊社〇〇工場火災)のお詫び

謹啓 時下ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
または
急啓(結びは「草々」)この度は、・・・
 
(さて、この度の/この度は、)弊社〇〇(工場/事務所)(火災/火災の消火活動)のため(貴(店/社)の営業が一時ができませんでしたことで/貴社には、(重要書類等の持ち出し/〇〇の退避)をれたとのことで/〇〇様宅では、消火用の放水でお庭や家の一部が水浸しになったとのこで)、深くお詫び申し上げます。
または
(さて、この度の/この度は、)弊社〇〇(工場/事務所)火災のため〇〇様方の皆様には、(深夜既にお休みの/夜の団欒の/朝の忙しい)時間にそ騒がせ(してしまい/したばかりか、(お仕事や学校へ遅刻/お仕事をお休みさせて)しまいましたこと)、(誠に申し訳なく存じます/深くお詫び申し上げます)。
または
(さて、この度の/この度は、)弊社〇〇(工場/事務所)火災での避難に際して〇〇様が(お怪我/足を挫かれた)とのことで、(心よりお見舞い申し上げます/その後お加減はいかがでしょうか/誠の申し訳ございませんでした/深くお詫び申し上げます)。
 
今回の(火災事故/失火)では、発見が早かったお陰様で(小火程度ですみ/工場の一部を焼だけですみ/大きな火災となりませんで/近隣への延焼がなく)弊社としても、(胸をなでおろしている次第です/不幸中の幸いに存じます)。
とは申しましても、皆様方には多大な(ご迷惑とおかけし/ご迷惑とご不安を与え)てしまい、改めてお詫び申し上げます。
また、今後二度とこのようなことのないよう(火元管理(の徹底/体制を強化)して/従業員一同肝に銘じて)まいる(覚悟/所存)でありますので、今回ばかりは、どうかお許しいただきますようお願い申し上げます。
または
今般の(火災/失火)は、(設備の老朽化/消火設備の不備で初期消火ができなかったこと/作業手順のミス/全くって弊社の不始末)が原因であり、(全くもって面目次第もございません/弁解の余地がございません/深く反省いたしております)。
かかるうえは、(消防設備の再点検/作業員への火気使用に関する再教育を実施して/徹底的な再発防止策を講じて)まいる所存でありますので、この度のことは、何卒ご(寛容/容赦)賜りますようお願い申し上げます。
 
なお、この度にことに関しましては、別途(ご相談/火災保険会社の担当とご説明にお伺い)させていただきたく存じます。
または
まずは、(お詫びのしるしとしまして心ばかり(粗菓/粗品)を/甚だ些少ではありますが、お見舞いを)お届けいたします。どうかご受納ください。
 
(近々お伺いしてお詫びを申し上げさせていただきますが、まずは/誠に略儀ながら)、書面にてお詫び申し上げます。

敬白/草々

- ▲をクリックで表示/非表示切替 -

工場/事務所火災(重大事故)詫び状文例(近隣世帯宛)▲

失火/火災事故(消火協力のお礼)詫び状(近隣世帯宛)▲

失火/火災事故(火事見舞のお礼)詫び状(取引先宛)▲

火事/ぼや 詫び状文例▲

火事による類焼被害 詫び状文例▲

失火/火災事故(火事見舞のお礼)お詫びメール文例(担当宛)▲

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項