金婚式のお祝い 招待状/招待メール 文例

金婚式のお祝い 招待状/招待メール 文例 - 文例は、コピーしてご利用いいただけます。 文例中には、文章を書く上で助けとなるよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句等を選んでご利用ください。

金婚式お祝い 招待メール 文例(本人〜知人宛)


件名:(私たちも金婚式を迎えます/金婚式のお祝いに是非お越しください/金婚式祝いのご案内)


〇〇(さん/君)
 
〇〇な季節となりましたが、(元気にお暮らしのこと、何よりに存じます/お変わりありませんですか/お元気でしょうか)。
 
この度、私どもも〇月〇日で(晴れて/双方とも壮健にて)結婚五十周年を迎え(ます/ました)。
 
(五十年の長きにわたり/この年まで)夫婦ともども(安泰にて/大過なく)過ごしてこれたのは、皆様の(ご支援/ご厚情/ご厚誼)(のお陰と/あってのことと)改めまして深く感謝いたして(おります/おる次第です)。
 
つきましては、(これまでお世話になりまいた/日頃、ご懇意にしていただいてる)皆様をお招きして、(ささやかな/形ばかりの)(祝宴/宴席/小宴)を来る〇月〇日(〇曜日)に催したく(存じ/思い)、ご案内をさし上げたました。
 
(〇〇様/〇〇さん/皆様)には(ご多忙中とは思いますが/何かとご多用のところ恐縮ではあります)が、(何卒/どうか/是非とも)(お越し/足をお運び/ご来席)いただけますよう心よりお願い申し上げます。
 
当日は、〇時より(我が家/拙宅)で(お食事/祝宴/料理/粗餐)を(準備し/用意し/整え)ますので、ご一緒に(愉快な時間を過ごせれば/一献傾けることができますれば)(幸いに存じます/嬉しいです)。
 
(まずは/取り急ぎ)、(ご案内/ご案内とお願い)まで。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例一覧

金婚式お祝い 招待メール 文例(近親者宛)


件名:(金婚式の祝いをしますので、是非お越しください/金婚式祝いのご案内)


(叔父様/叔母様/〇〇様)
 
〇〇な季節となりましたが、(叔父様/叔母様/〇〇様)におかれましては(お元気にされているとのことで何よりです/お変わりありませんですか/お元気でしょうか)。
 
さて、私ども父母も〇月〇日で晴れて結婚五十周年を迎え(ます/ました)。お陰様で双方とも(壮健にて/元気で)過ごすことができており、私どもにとりましてもこの上ない喜びであります。
 
つきましては、来る〇月〇日(〇曜日)(ささやかではありますが(祝宴)を催したく/形ばかりの金婚の祝いを行いたく/祝賀のまねごとを営みたく)思いご案内をさし上げたました。
 
(叔父様/叔母様/〇〇様)には(ご多忙中とは思いますが/何かとご多用のところ恐縮ではあります)が、(何卒/どうか/是非とも)(お越し/足をお運び/ご来席)いただけますよう心よりお願い申し上げます。
 
当日は、〇時より(我が家/拙宅)で(お食事/祝宴/料理/粗餐)を(準備し/用意し/整え)ますので、(久しぶりに/共に/ご一緒に)(父母とご歓談いただければ/父母の晴れの日をお祝いいただければ/愉快な時間を過ごせれば)(幸いに存じます/嬉しいです)。
 
金婚のお祝いの(ご案内を謹んで/ご案内とお願いを)申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

金婚式お祝い 招待メール 文例


件名:(金婚式祝いのご案内/金婚式の祝いをしますので、是非お越しください)


(叔父様/叔母様/〇〇様)
 
(叔父様/叔母様/〇〇様)におかれましては(お元気にされているとのことで何よりです/お変わりありませんですか/お元気でしょうか)。
 
さて、私ども(父母/の両親)も〇月〇日で(晴れて/双方とも壮健にて)結婚五十周年を迎えることができ(ます/ました)。
 
(これもひとえに/これも)、(日頃より、皆様が親しくしていただくから/多くの皆様が支えてくださるお陰/皆様のご(厚誼/支援/交誼/厚情)あってのこと)(と/と心得、/と存じ、)(深く感謝いたしております/(父母/両親)になり代わり、心よりお礼申し上げます)。
 
つきましては、来る〇月〇日(〇曜日)に(高齢のためご無沙汰いたしております/日頃から懇意にしていただいてる)皆様方もお招きして父母の金婚のお祝いを(催し/いたし)たく(存じまして/思いまして)ご案内をさし上げ(ました/た次第です)。
 
(叔父様/叔母様/〇〇様)にはご多忙中とは存じますが、ご都合が宜しければ(ご臨席/お越)いただけますようお願い申し上げます。
 
当日は、〇時より(我が家/拙宅/以下)で(ささやかな/形ばかりの)(祝宴/宴席/小宴/粗餐)を(準備し/整え)ますので、ご一緒に父母の(これからの健康を祈り、金婚のお祝いをして/更なる夫婦円満を祈りつつご歓談)いただければ(幸いです/嬉しく存じます)。
 
金婚のお祝いの(ご案内を謹んで/ご案内とお願いを)申し上げます。
 
会場及び時間のご案内
日時 〇月〇日(〇) 午後〇〇時〜
場所 〇〇〇会館 〇〇の間
住  所 〇〇〇〇〇〇〇〇〇
電話番号 00-000-0000
誠に恐れ入りますが、ご来否は〇月〇日(〇)までにお返事をいただければ(幸いです/ありがたく存じます) 。
 
*************************
      署名
*************************

金婚式お祝い 招待状 文例(本人〜知人宛)

〇〇な季節となりましたが、(元気にお暮らしのこと、何よりに存じます/お変わりありませんですか/お元気でしょうか)。
この度、私(どもも/こと)〇月〇日で(晴れて/双方とも壮健にて)結婚五十周年を迎え(ます/ました)。
(五十年の長きにわたり/この年まで)夫婦ともども(安泰にて/大過なく)過ごしてこれたのは、皆様の(ご支援/ご厚情/ご厚誼)(のお陰と/あってのことと)改めまして深く感謝いたして(おります/おる次第です)。
つきましては、(これまでお世話になりまいた/日頃、ご懇意にしていただいてる)皆様をお招きして、(ささやかな/形ばかりの)(祝宴/宴席/小宴)を来る〇月〇日(〇曜日)に催したく(存じ/思い)、ご案内をさし上げたました。
(〇〇様/〇〇さん/皆様)には(ご多忙中とは思いますが/何かとご多用のところ恐縮ではあります)が、(何卒/どうか/是非とも)(お越し/足をお運び/ご来席)いただけますよう心よりお願い申し上げます。
当日は、〇時より(我が家/拙宅)で(お食事/祝宴/料理/粗餐)を(準備し/用意し/整え)ますので、ご一緒に(愉快な時間を過ごせれば/一献傾けることができますれば)(幸いに存じます/嬉しいです)。
(まずは/取り急ぎ)、(ご案内/ご案内とお願い)まで。

草 々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項