お世話になったお礼の接待 招待状 文例

お世話になったお礼の接待 招待状 文例 - 文例は、コピーしてご利用いいただけます。 文例中には、文章を書く上で助けとなるよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句等を選んでご利用ください。

お世話になったお礼の接待 招待状 文例

〇〇(様/さん)には(その後、いかがお過ごしでしょうか/元気でいらっしゃいますか)。
(さて/ところで)、(先日/過日/〇〇の時/〇〇のことで)は〇〇(様/さん)に(たいへんお世話になり/お気遣いいただき/〇〇のために〇〇していただき)(本当にあがとうございました/心から感謝しています)。
(つきましては、ついては/(その/過日の/先日の)お礼方々/先般のお詫びにはおこがましいですが/その(お礼/お詫び)ということでもありませんが)、(今度の〇曜日〇時/来る〇月〇日〇時頃/〇日お昼頃)、(我が家/拙宅/小宅)で〇〇(様/さん/先生)(への感謝の意を込めて/をお迎えして/お囲みして/の労に感謝して)(お食事をご一緒いただければと/小宴を催したい/楽しい時を過ごせれば)と(思いまして/思い立ちまして/存じまして)ご案内をさし上げ(ました/ましたが、いかがでしょうか)。
(急なことですが/お忙しいとは存じます)、(お越しいただけますようお願い申し上げます/足をお運びいただければ幸いに存じます)。
(まずは/取り急ぎ)、(ご案内/ご案内とお願い)まで。

草 々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

〇〇〇〇 (様/さん)

関連文例一覧

お世話になったお礼の接待 招待状 文例

〇〇(さん/先生/様)には(その後、いかがお過ごしでしょうか/元気でいらっしゃいますか/益々ご活躍とのこと、何よりに存じます/お変わりなく、ご壮健のこととお慶び申し上げます)。
(さて/ところで)、(先日/過日/〇〇の時/〇〇のことで)は〇〇(さん/先生/様)にまで(ご迷惑をおかけしてしまい/お手間を取らせてしまい/ご苦労をおかけしてしてしまい/ご心配をおかけしてしまい)(誠に申し訳なく思っております/恐縮したしております/恐縮いたすと共に心から感謝申し上げております)。
(つきましては、ついては/(その/過日の/先日の)お礼方々/先般のお詫びにはおこがましいですが/その(お礼/お詫び)ということでもありませんが)、(今度の〇曜日〇時/来る〇月〇日〇時頃/〇日お昼頃)、(我が家/拙宅/小宅)で〇〇(様/さん/先生)(への感謝の意を込めて/をお迎えして/お囲みして/の労に感謝して)(お食事をご一緒いただければと/小宴を催したい/楽しい時を過ごせれば)と(思いまして/思い立ちまして/存じまして)ご案内をさし上げ(た次第です/ました/ましたが、いかがでしょうか)。
(お忙しいとは存じます/〇〇(さん/先生/様)には遠路恐縮ではありますが)、お越し(いただけますようお願い申し上げます/いただければ幸いに存じます)。
(まずは/取り急ぎ)、(ご案内/ご案内とお願い)まで。

草 々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

〇〇〇〇 (様/さん/先生)

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項