本人の快気祝い(親戚/家族宛) 招待メール 文例

本人の快気祝い(親戚/家族宛) 招待メール 文例 - 文例は、コピーしてご利用いいただけます。 文例中には、文章を書く上で助けとなるよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句等を選んでご利用ください。

快気祝い 招待メール 文例(本人より親戚/家族宛)


件名:(快気祝いのご案内/心配をかけまいたが、(快気/全快)できまた)


(叔父様/叔母様/〇〇様)
 
(ご)(心配/迷惑)をおかけして(申し訳ございませんでした/すみませんでした)。(何々の名前)(です/でございます)。
 
この度は(私/妻/長男〇〇)の(入院に際しまして/病気療養中に/思いもよらない怪我で)は、(何かとお忙しい中お見舞いにまでお越しくださったうえに、/いろいろお心遣い頂いたたばかりか/温かいお見舞い状ばかりか)、(過分なご厚志/お見舞いの品/素敵な〇〇)まで(頂戴し/賜り)、(心より感謝いたしています/ありがとうございました/厚くお礼申し上げます)。
 
(幸いにして/お陰さまで/皆様の(温かい励まして/助け/ご温情)のおかげで)、(無事に退院しました/晴れて快気いたいました/医師の許しも出て、会社へ復帰することができました/床を払うことができました)。これも(叔父様/叔母様/〇〇さん/〇〇様をはじめ多くの方々/皆様)の(励まし/助け)があってのことと改めまして(お礼申し上げます/感謝いたしております)。
 
つきましては、(以下のとおり/来る〇日夕刻より/〇月〇日〇時より)、(お世話になりまいた皆様方/皆様)を(当家にお招きして/お招きし)、(是非ともお礼を申し上げたく存じます/形ばかりですが一献さし上げて感謝の気持を示したく思います)。
 
(皆様/叔父様/〇〇様)には、(ご忙しい/ご迷惑か)とは存じますが、(何卒/どうか)(お出で/お越)いただ(きますようお願い申し上げます/ますれば、幸いに存じます)。
 
(まずは/メールで失礼とは存じましたが/略儀ではありますが)、ご案内かたがたお願いまで。
 
日時 〇月〇日(〇) 午後〇〇時〜
場所 〇〇〇ホテル 〇〇の間
住  所 〇〇〇〇〇〇〇〇〇
電話番号 00-000-0000
予約の都合がありますので、〇月〇日迄にご来否のご返事を(メールにて/私まで(000-000-0000)いただければ(幸いです/ありがたく存じます) 。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例一覧

快気祝い 招待メール 文例(本人より親戚/家族宛)

拝啓 〇〇の候、(叔父様/叔母様/〇〇さん)には益々ご(健勝/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は(私/妻/長男〇〇)の(入院に際しまして/病気療養中に/思いもよらない怪我で)は、(何かとお忙しい中お見舞いにまでお越しくださったうえに、/いろいろお心遣い頂いたたばかりか/温かいお見舞い状ばかりか)、(過分なご厚志/お見舞いの品/素敵な〇〇)まで(頂戴し/賜り)、(心より感謝いたしています/ありがとうございました/厚くお礼申し上げます)。
(幸いにして/お陰さまで/皆様の(温かい励まして/助け/ご温情)のおかげで)、(無事に退院しました/晴れて快気いたいました/医師の許しも出て、会社へ復帰することができました/床を払うことができました)。これも(叔父様/叔母様/〇〇さん/〇〇様をはじめ多くの方々/皆様)の(励まし/助け)があってのことと改めまして(お礼申し上げます/感謝いたしております)。
つきましては、(下記のとおり/来る〇日夕刻より/〇月〇日〇時より)、(お世話になりまいた皆様方/皆様)を(当家にお招きして/お招きし)、(是非ともお礼を申し上げたく存じます/形ばかりですが一献さし上げて感謝の気持を示したく思います)。
(皆様/叔父様/〇〇様)には、(ご多忙中/ご迷惑か)とは存じますが、(何卒/どうか)(お出で/お越)いただ(きますようお願い申し上げます/ますれば、幸いに存じます)。
まずは、ご案内かたがたお願いまで。

敬 具

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

 日時 〇月〇日(〇) 午後〇〇時〜
 場所 〇〇〇ホテル 〇〇の間
    住  所 〇〇〇〇〇〇〇〇〇
    電話番号 00-000-0000
          地 図
 
 
予約の都合がありますので、ご来否の返事を私(000-000-0000)へ〇月〇日迄にいただきまたく存じます 。

以 上

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項