快気祝い 送り状 文例

快気祝い 送り状 文例 - 文例は、コピーしてご利用いいただけます。 文例中には、文章を書く上で助けとなるよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句等を選んでご利用ください。

快気祝い 送り状 文例(添え状)

(拝啓/謹啓) 〇〇の候、皆様におかれましては益々ご(健勝/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、私の(入院に際しまして/病気療養中に/思いもよらない怪我で)は、(ご多忙中にもかかわらずお見舞いにお越しいただきましたうえに、/何かとお心遣いをいただき、また/お見舞いの労に加え、)(過分なご厚志/丁重なご芳志)まで賜り、誠に(ありがとうございました/ありがたく存じます)。
この度(無事に退院いたしました/快気いたいました/医師の許しにより会社へも復帰することができました/床を払うことができました)。これも皆様の(温情にのおかげ/温かい励ましあってのこと)と、(心より/衷心より)(感謝/お礼)申し上げます。(また、今後は健康管理に十分注意してまいる所存です/また、これからはこの様なことのないようしていきたいと思っています/なお、これから暫らくは、体を慣らして、仕事にも復帰する予定としております)。
つきましては、(皆様に快気の喜びをお伝えしたく/感謝のしるしとして)(快気祝いの品/さなやかな内祝い)を(別便にてお送りしました/〇〇デパートよりお送りしました/お贈りします)(。/ので、)(ご笑納ください/お納めいただければ幸いです/〇〇さんにも快気をともにお祝いいただければ幸いに存じます)。
(甚だ略儀ではありますが、書中をもちまして/書面にて失礼ですが)、ご(挨拶/報告/通知)かたがたお礼まで申し上げます。

敬具/敬白

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

〇〇〇〇 様

関連文例一覧

快気祝い 送り状 文例(添え状_知人宛)

拝啓 〇〇の候、(〇〇様におかれまして/〇〇さんに)はご益々ご(健勝/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、私の(入院に際しまして/病気療養中に/思いもよらない怪我で)は、(ご多忙中にもかかわらずお見舞いにお越しいただきましたうえに、/何かとお心遣いをいただき、また/お見舞いの労に加え、)(お心遣い/過分なご厚志/お見舞いの品/素敵な〇〇)まで頂戴いたし、(心より感謝申し上げます/たいへん恐縮いたしております/厚くお礼申し上げます)。
(お陰さまで/皆様の温かい励ましのおかげで)、この度(無事に退院いたしました/晴れて快気いたいました/医師の許しにより会社へも復帰することができました/床を払うことができました)。(暫らくは体を慣らして、仕事にも復帰する定です/今後は健康にも十分注意していかなければと思っています/これからは、この様なことのないようしていきたいと思っています)。
つきましては、(〇〇様にも快気の喜びをお伝えしたく/感謝のしるしとして)(快気祝いの品/さなやかな内祝い)を(別便にてお送りしました/〇〇デパートよりお送りしました/お贈りします)(。/ので、)(ご笑納ください/お納めいただければ幸いです/〇〇さんにも快気をともにお祝いいただければ幸いに存じます)。
(甚だ略儀ではありますが、書中をもちまして/書面にて失礼ですが)、ご(挨拶/報告/通知)かたがたお礼まで申し上げます。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、〇〇様におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬 具

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

快気祝い 送り状 文例(添え状_友達宛)

前略 (俺/僕/私)の(入院に際して/病気療養中には/思いもよらない怪我では)、(お前/君/あなた/〇〇/〇〇さん)にも心配をかけてし(まい申し訳ありませんでした/まい面目ありませんでした/まって、本当にすみませんでした)。
(また/それなのに/それにもかかわらず)、(お見舞いにまで来てもらったうえにお見舞いの品/お見舞状ばかりか心遣い)(までいただき/までもらい)、(本当にありがとうございました/恐縮しています)。
(お陰で/幸い/何とか)、(無事に退院しました/元通り元気になりました/近いうちに仕事へも復帰することになった)。 これも、(お前/君/あなた/〇〇/〇〇さん)をはじめ多くの方々の(励まし/助け)あってのことだと(改めまして)(感謝してます/思っています)。
(これを良い教訓に今後は健康に気をつけていきたいと思っています/これから暫らく自宅療養をして、〇〇頃から仕事に復帰する予定です)。
(ついては/つきましては)、(君にも元気になったことを伝えたくて/君への感謝の気持ちのしるしとして)(さなやかな品/快気祝い/内祝いの品)を(お送くりました/〇〇デパートから送ったから)(。/、)(遠慮なく受け取ってくれ/お納めてください/君も一緒に元気になったことを祝ってくれたら嬉しいです)。
簡単(だけど/ですが)、(快気の挨拶/退院の報告)(まで/とさせてもらいます)。
(お前/君/あなた/〇〇/〇〇さん)も(体/健康)には気をつけてください。

草 々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

快気祝い 送り状 文例(添え状_親戚宛)

拝啓 〇〇の候、(叔父様/叔母様/〇〇さん)におかれましては益々ご(健勝/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、(私/妻/長男〇〇)の(入院に際しまして/病気療養中に/思いもよらない怪我で)は、(何かとお忙しい中お見舞いにまでお越しくださったうえに、/いろいろお心遣い頂いたたばかりか/温かいお見舞い状ばかりか)、(過分なご厚志/お見舞いの品/素敵な〇〇)まで(頂戴し/賜り)、(心より感謝いたしています/ありがとうございました/厚くお礼申し上げます)。
(お陰さまで/皆様の(温かい励まして/助け/ご温情)のおかげで)、この度(無事に退院しました/晴れて快気いたいました/医師の許しも出て、会社へ復帰することができました/床を払うことができました)。(これから暫らくは体を慣らして、仕事にも復帰する定です/これからは、健康にも十分注意していきたいと思っています/これからは、この様なことのないよう肝に銘じました)。
つきましては、(叔父様に快気の喜びをお伝えしたく/感謝の気持ちとして)(快気祝いの品/さなやかな内祝い)を(別便にてお送りしました/〇〇デパートよりお送りしました/お贈りします)ので、(ご笑納ください/お納めいただければ幸いです/叔父様にも快気をともにお祝いいただければ幸いです)。
(誠に簡単です/甚だ略儀ではあります)が、書中をもちまして、ご挨拶かたがた(お礼を申し上げます/全快のご報告とさせていただきます)。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、(叔父様/叔母様/〇〇さん/皆様方)におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬 具

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項