新卒就職でお世話になったお礼状文例と書き方

新卒就職でお世話になったお礼状

新卒就職でお世話になったお礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

拝啓 
秋晴れの心地よい季節となり、ΟΟ様にはご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、先日は私の就職に一方ならぬご力添えいただきありがとうございました。おかげさまで本日、第一志望であった株式会社ОΟОより内定の通知が届きました。希望どおりの会社へ就職が内定をいただいたうれしさで一杯です。これもひとえにΟΟ様のお口添えのおかげと、心より感謝申し上げます。
(この/かかる)うえは、ΟΟ様のお名前を汚さぬよう精進してまいりますので、今後ともご指導ご鞭撞の程よろしくお願い申し上げます。
後日、ご挨拶に伺わせていただきますが、取り急ぎお礼とご報告を申し上げます 。

敬 具

平成Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ
〒000-0000 東京都ΟΟ区1丁目1番
TEL 00-0000-0000

就職に関連する文例と書き方

各種就職関連の文例一覧と関連コンテンツです。

就職関連文例一覧

6月季節/時候の挨拶

6月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について