お世話になったお礼(定年後の再就職_元上司宛)文例と書き方

お世話になったお礼(定年後の再就職_元上司宛)文例

お世話になったお礼(定年後の再就職_元上司宛)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

拝啓 ΟΟの候、○○(様/専務/部長)には、益々ご(健勝/壮健/活躍)のことと、お慶び申し上げます。
さて、私の再就職に際しましては、(ご高配を賜りまして/大変お世話になりまして/ご尽力をいただきまして)、心よりお礼申し上げます。
○○(様/専務/部長)(にご紹介/のお口添えを)いただいた○○社に再就職できることとなり、誠にありたたく存じます。
それも、○○(様/専務/部長)(ご人徳/お力添えの)のお陰(であります/と存じます)。このうえは、○○(様/専務/部長)(のご恩に報いるよう/のお口添えに恥じぬよう)(○○社で養った経験を○○社の若い世代の技術者へ伝えて/これまでの経験を生かして精一杯勤めて)まいる所存でありますので、○○(様/専務/部長)には、何卒、今後とも(変わらぬ/倍旧の)ご(厚情/交誼/高配)を賜りますようお願い申し上げます。
 
または
 
前略 ○○(様/専務/部長)には、私の再就職で(ご尽力を賜り/何かとお世話になり)、心より感謝いたしております。
先日お電話でもご連絡しましたが、○○社に再就職が決まりました。改めまして、心よりお礼申し上げます。
(この齢/六十の半ば)ですから中々(条件の良いところがなかったのですが/再就職も難しところ)、○○(様/専務/部長)のお口添えで(何とか/やっと)再就職先が決まり安堵しまいた。
(これからは、自分の体力とも相談しながら病気をしない程度に頑張った勤めて/入社後は、今できる精一杯で頑張って)いきたいと思っております。
○○(様/専務/部長)には、くれぐれもお身体ご自愛ください。

 
○○(様/専務/部長)の(更なる/益々の)ご活躍をお祈りして、甚だ略儀ながら、書中をもちまして、お礼方々ご(報告/挨拶)まで申し上げます。
または
本来ならお伺いしてお礼を申し上げるべきありますしたが、ご多忙中と存じ、書中にてお礼まで申し上げます。

(敬 具/早 々)

平成Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ様

勤務先 〒000-0000 東京都ΟΟ区ΟΟ00番1号
        株式会社 ОΟОΟ 営業部
        TEL 03-1234-5678 FAX 03-1234-5679
        メール ******@*****.com


10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

10月上旬
仲秋の候
爽秋の候
清秋の候

10月中旬
秋冷の候
秋麗の候
菊花の候

10月下旬
秋霜の候
錦秋の候
紅葉の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について