お世話になったお礼(新卒の就職_親の知人宛)文例と書き方

お世話になったお礼(新卒の就職_親の知人宛)文例

お世話になったお礼(新卒の就職_親の知人宛)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

拝啓 ○○の候、○○様におかれましては、益々ご(健勝/壮健)のことと、お慶び申し上げます。
さて、この度は、私の○○社への就職の際しまして、(多大なご尽力/お口添え/ご推薦)を賜り、(心より/衷心より)お礼申し上げます。
(来春より○○社へ入社することとなりました/先日、○○社への入社が内定いたしました)。○○社は、(○○業界でも最大手の会社/私の第一志望の会社)であり、(私ごときが/私が)普通に選考に参加しても到底合格できるものではないと重々承知しておりましたが、(入社することができ/内定をいただけた)ましたのは、ひとえに○○様の(ご人徳のお蔭と/お力添えがあったからこそと)、感謝しております。
 
このうえは、○○様(へのご恩に報いるためにも/のお口添えに恥じぬよう)精一杯努力しまいる所存であります。
または
(何せ社会に出たての/来春より社会人となりますが、何も分からぬ)若輩者であります。(どうか/何卒)、(今後とも変わらね/末長く)ご指導いただきますようお願い申し上げます。
 
本来ならお伺いしてお礼を申し上げるべきですが、(遠方/○○)のためお伺いしてお礼を申し上げることができませんで、(不躾ですが/申し訳ないのですが/略儀ながら)(書中にて/お手紙で)お礼申し上げます。
または
取り急ぎ、お礼まで申し上げます。
または (暑さ/寒さ)厳しきおり、○○様には、くれぐれもご自愛くださいませ。
または
略儀ながら書中ももちまして、お礼方々ご(報告/挨拶)まで申し上げます。

敬 具

平成Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ様


12月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

12月上旬
師走の候
初冬の候
季冬の候

12月中旬
霜寒の候
寒気の候
激寒の候

12月下旬
忙月の候
歳末の候
歳晩の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について