講師承諾のお礼状文例と書き方

講師承諾のお礼状文例

講師承諾のお礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

拝啓 ΟΟの候、○○(先生/様)には、ますますご(壮健/健勝/活躍)のこととお慶び申し上げます。平素は、格別の(ご高配/ご厚情)を賜り、心よりお礼申し上げます。
さて、この度は、ご多忙中にもかかわらず弊社○○でのご講演を(ご快諾/快くご承諾)いただきましたこと、心よりお礼申し上げます。
(先生の○○に関する講演は分かり易く/先生のご専門である○○は、注目されている分野であり/ユーモアを交えた素晴らしいお話は)聴衆を引き込む間違いないと確信しておりますし、私としても、今回のご講演もとても楽しみにしています。
 
なお、当日は、○○時(までに弊社までお越しいただければ幸いに存じます/に弊社より大学までお迎えにあがりますので、よろしくお願い申し上げます)。
または
なお、当日の詳細なスケジュールは○日までに(ご連絡/メール)させていただきます。
 
まずは、(略儀ながら書面にて/講師ご快諾の)お礼まで申し上げます。

敬 具

平成Ο年Ο月Ο日

株式会社 ΟООΟ
ΟО部ΟО課   
ΟООΟ     

株式会社 ΟООΟ
  (役職) ΟООΟ様

お礼状文例と書き方

各種お礼状の文例と書き方一覧とお礼状関連コンテンツです。

お礼状文例一覧

6月季節/時候の挨拶

6月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について