接待のお礼状(取引先宛)文例と書き方

接待のお礼状(取引先宛)文例

接待のお礼状(取引先宛)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

前略 先日は(私/私ども)のために(心尽くしの宴席を設けていただき/ご配慮を賜り)、(誠にありがたく存じます/ありがとうございました/恐縮しております)。
 
言うまでもなく、私(がどれだけ貴社のお役に立てるか心もとないところでありますが/ごときの力で何もできませんが)、(誠心誠意努めてまいる所存であります/ご期待に沿えるよう鋭意努力してまいります)ので、今後ともよろしくお願いいたします。
または
おかげさまで(貴社の皆様とも懇親を深めることができ、今後よりよい関係を築いていけるものと確信いたしております/誠に楽しい時間をする過ごすことができました。改めてお礼申し上げます。
 
なお、ご同席したΟΟ様にもよろしくお伝えください。
または
(次の機会には/当社へお越しの際には)、私どもの方で懇親の席を設けさせていただければ幸いです。
 
取り急ぎ、お礼まで申し上げます。

早 々

平成Ο年Ο月Ο日

株式会社 ΟООΟ
ΟО部ΟО課   
ΟООΟ     

株式会社 ΟООΟ
  (役職) ΟООΟ様

お礼状文例と書き方

各種お礼状の文例と書き方一覧とお礼状関連コンテンツです。

お礼状文例一覧

6月季節/時候の挨拶

6月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について