二度目/再来店客へのお礼状(旅館/民宿)文例と書き方

二度目/再来店客へのお礼状(旅館/民宿)文例

二度目/再来店客へのお礼状(旅館/民宿)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

拝啓 (○○な季節を迎え○○なこの頃/○○とはいえまだだだ(暑さ/寒さ)厳し折、ΟΟ様方には、(ご機嫌麗しくお過ごしのこととお慶び申し上げます/健やかにお過ごしのこと、何よりです)。
 
さて、先日は、当○○(旅館/民宿)に再度のご宿泊、心よりお礼申し上げます。
または
ΟΟ様には、再び(当宿/宿の名前)にご宿泊いただきまして、誠にありがとうございます)。
 
今回は、紅葉の頃とあって○○も華やかに彩られてましたが、いかがでしたでようか。ご用意した料理も山の幸をふんだんに使ったものでしたが、お口にあいましたでしょうか。
または
今回は、ご同僚の方とご一緒とのこでぢたが、寛いでいただけましたでしょうか。お酒も進まれていましたね。当宿で少しでも日頃の疲れを癒してお帰りいただけたのであれば、私どもとしは仕事冥利の尽きます。
または
今回(お召し上がりいただいた/ご注文を承りました)○○のコースは、(当店自慢の○○を使用した○○です/当店のこだわりである○○で○○した/○○しか手に入らない希少な食材をふんだんに使った○○でした)が、(ΟΟ様に気に入っていただき大変ありがたい限りです/皆様にお褒めのお言葉を賜り、(恐縮に存じます/ありがたく存じます)/舌の肥えたΟΟ様から美味しいとお褒めをいただき、感無量であります)。
 
なお、(当地は、秋には紅葉でも有名で○○湖畔を埋め尽くす赤や黄色の樹木の光景は絶景であります/当店では、季節ごとに(新作料理/新たなコース料理)を提供しておりあす)ので、(○の頃にもまたお越しいただければ幸いに存じます/今度は、ご家族とご一緒にいらっしゃっていただきますよお願い申し上げます/またのお宿泊をお願い申し上げます)。
または
今後とも、ΟΟ様には末長い(ご愛顧/お引き立て)賜りますようお願い申し上げます。
 
ΟΟ様には、スタッフ一同またのご宿泊を心からお待ち申し上げます。
または
ΟΟ様(の/並びにご一同様の)(一層のご活躍を祈念/ご健康をお祈り)してましてご宿泊のお礼まで申し上げます。

敬 具

平成Ο年Ο月Ο日

(レストラン/民宿) ΟООΟ
代表 ΟООΟ/スタッフ一同

 ΟООΟ様
または
 ΟООΟ様
  ご一同様


10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

10月上旬
仲秋の候
爽秋の候
清秋の候

10月中旬
秋冷の候
秋麗の候
菊花の候

10月下旬
秋霜の候
錦秋の候
紅葉の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について