怪我お見舞い お礼状 文例,例文,書き方

怪我お見舞い お礼状 文例,例文,書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストしてご利用ください。 その多くの文例,例文には、置き換えの文言や意味合いの違う文章が入っています。ご自分の実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。
手紙/ハガキの書き方一覧
時候の挨拶   手紙   ハガキ   封筒   宛名   便箋折り方

怪我お見舞い お礼状 文例(軽微_一般向丁寧)

拝復 ΟΟの候、(ОΟ/皆)様におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は(思いもよらぬ私の/私の不注意による/長男ОΟ)の(怪我/突然の入院/入院)に際して、(早々に/わざわざ)(温かいお見舞状/励ましのお言葉/お見舞いにお越しいただいた)ばかりか (多大なお見舞い/お心遣い/お見舞いの品/素敵なОΟ)まで(頂戴いたし/賜り/いただき)、(深く感謝しております/たいへん恐縮しております/厚くお礼申し上げます)。
(幸いにして/辛うじて/処置が早かったこともあり/お陰様で)、(大事にいたらずにすみました/数日の入院で退院いたしました/順調に良くなってます/今ではОΟもできるくらいになりました)。 (とは言いましても/とは申しても)、(処置がもう少し遅れていたらと考えると背筋の凍る思いがします/その時は、激痛にみまわれ生きた心地がしませんでした/気を失い病院のベッドで目が覚めた時は自分が何処にいるかすら理解できませんでした) (が、/。しかし、/。でも)今では(元気に仕事にも復帰できました/経過も順調です/自宅と病院でリハビリ治療をしていております/快方に向かいつつあります/完全に以前の生活にもどりました/日常生活には全く不便がなくなりました)ので、ОΟ(様/さん)も(ご安心/ご休心/ご心配なされなて)ください。
(また/それと)、(お見舞いをいただいておきながら/入院中はまだ体の自由がきかず)、(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)が遅くなりましたこと、(何卒/どうか)(ご容赦/お許し)いださい。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、皆様方におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

関連文例/例文一覧

怪我お見舞い お礼状 文例(軽微_知人宛)

前略 この度は(思いもよらぬ私の/私の不注意による)(怪我/突然の入院/入院)では、ОΟ(様/さん)にまで心配をかけてしまい(すみませんでした/面目ありません)。 また、温かいお見舞状ばかりかお見舞い(の品/素敵なОΟ)までいただき、ありがとうございました。
(幸いにして/お陰様で)、(大事にいたらずにすみました/数日の入院で退院いたしました/順調に良くなってます)。 とは言え、その時は(背筋の凍る思いがします/激痛にみまわれ生きた心地がしませんでした)が、今では(元気に仕事にも復帰できました/完全に以前の生活にもどりました/日常生活には全く不便がなくなりました)ので、ОΟ(様/さん)もご心配ください。
また、(お見舞いをいただいておきながら/入院中はまだ体の自由がきかず)、(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)が遅くなりましたこと、どうかお許しいださい。
時節柄、ОΟ(様/さん)もお体にはくれぐれもお気をつけ(ください/くださいませ)。

早々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

怪我お見舞い お礼状 文例(重篤_知人宛)

拝復 ΟΟの候、(ОΟ/皆)様におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は(思いもよらぬ私の/私の不注意による/私の不始末から/長男ОΟ)の(怪我/突然の入院/入院)に際して、(早々に/わざわざ)(温かいお見舞状/励ましのお言葉/お見舞いにお越しいただいた)ばかりか (多大なお見舞い/お心遣い/お見舞いの品/素敵なОΟ)まで(頂戴いたし/賜り/いただき)、(深く感謝しております/たいへん恐縮しております/厚くお礼申し上げます)。
または
前略 この度は(思いもよらぬ私の/私の不注意による/私の不始末から/長男ОΟ)の(怪我/突然の入院/入院)で、(ОΟ/皆)様(に/にまで)ご心配をおかけしてしまい(申し訳なございません/すみません)。
(また/さらには/それに)、(温かいお見舞状/励ましのお言葉)ばかりか、(お心遣い/過分なお見舞い/お見舞いの品/素敵なОΟ)まで(いただき/頂戴し)、(たいへん感謝いたしております/ありがとうございます/恐縮いたしております)。
(入院後/手術後)の(病状/容態/状態/経過)は(安定はしているものの/未だОΟすることはできません/未だに傷口が痛みます/再度の手術が必要とのことですが/まだ完全には体の自由がきかないです)が、(命にかかわる程ではありません/優秀な医療スタッフが揃っているところでもあります/時間が経てば治るとのことな/リハビリで回復するとのことな/治療に専念しています/本人の意識もはっきりしています)ので、 (何卒/どうか)、ОΟ(様/さん)も(ご安心/ご休心/ご心配なされなて)ください。
または
(入院後/手術後)の(病状/容態/状態/経過)は(安定はしてます/未だ小康状態のままです/予断を許さないのです/良いとはいえません/手術が必要とのことです)が、(必ずや治ると信じております/優秀な医療スタッフの皆さんに全てを任せております/ΟΟさんをはじめ多くの方の励ましに応えなければと思っております/万一のこととはないと強く信じてます)ので、 (何卒/どうか)、ОΟ(様/さん)(も/におかれましても)(今のところ/当面は/まずは)(ご安心/ご休心/ご心配なされなて)ください。
(また/それと)、(お見舞いをいただいておきながら/この様な状況でもあり/入院中の身で自由がきかず)、(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)が遅くなりましたこと、(何卒/どうか)(ご容赦/お許し)ください。
または
(また/それと)、お見舞いをいただいておきながら、遅くなり申し訳なかったのですが、ОΟになり代わり(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)を申し上げ(ます/た次第です)。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、皆様方におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

怪我お見舞い お礼状 文例(軽微_友達宛)

前略 この度は(思いもよらない私の/俺の不注意から/長男ОΟ)の(怪我/突然の入院/入院)で、(ОΟ/君)にも心配をかけてし(まい申し訳なかったね/まい面目ない/まって、本当にすみませんでした)。 (また/それに)、(ОΟまで来てもらったうえにお見舞い/お見舞い状ばかりか、お見舞いの品/励ましの言葉ばかりかお見舞い)(までいただき/までもらい)、(感謝してます/ありがとうございました/とっても恐縮してます)。
(何とか/幸い/辛うじて/処置が早かったこともあって/お陰様で)、(大事にならずにすんだよ/数日の入院でだけで退院しました/今は元気になったよ/最初よりはかなり良くなったよ/今ではОΟもできるようになってるよ)。
(とは言っても/でも)、(病院に担ぎ込まれるのが少し遅れていたら大変なことになったと先生に云われて肝を冷やしたよ/その時は、もの凄い痛みで生きた心地がしなかったんだ/気を失って病院のベッドで目が覚めるまでなにも覚えてないくらいだよ)。 今はと言うと(もう元気に仕事にも復帰できてる/経過も順調だ/自宅と病院でリハビリ治療をしてる/今は快方に向かいつつある/完全に前と同じ生活に戻った/日常生活には全く不便がなくなった)から、(ОΟ/君)も(安心してくれ/これ以上は心配しないでいいからな)。
それと、(お見舞いをもらっておきながら/入院中は中々思うようにならなかったのもあって)、(報告/お礼/報告とお礼)が遅くなってしまい(申し訳なかったね/許してくれな/勘弁してくれな)。
(簡単だ/遅くなった)けど、お見舞いのお礼まで。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

怪我お見舞い お礼状 文例(重篤_友達宛)

前略 この度は(思いもよらぬ私の/俺の不注意による/僕の不始末から/長男ОΟ)の(怪我/突然の入院/入院)で、(ОΟ/君)にも心配をかけてし(まい申し訳ないです/まい面目ないよ/まって、本当にすみません)。
(また/それに)、(病院にまで来てもらい/心のこもったお見舞い状/とても勇気付けられる励まし)を(いただき/もらい)、(感謝してるよ/ありがとう/恐縮してるよ)。
または
(また/それに)、(病院にまで来てもらったうえにお見舞い/心のこもったお見舞い状ばかりか、お見舞いの品/とても勇気付けられる励ましばかりかお見舞い)(までいただき/までもらい)、(感謝してるよ/ありがとうございます/恐縮しています)。
(入院後/手術後)の(病状/状態/経過)は(安定はしているものの/良いとはいえないが/未だОΟするもできないが/未だに傷口が痛むが/再度の手術が必要とのことだが/まだ完全には体の自由がきかないが)、(命にかかわる程ではないから/優秀な医療スタッフが揃っているところだから/こんなことぐらいに負けられないと強い気持ちでいるから/万一のこととはないと信じるから/ΟΟ君をはじめ多くの方の励ましに応えないといけないと思ってるから)、 (どうか/今のところ/まずは/当面は)、(ОΟ/君)も(安心しててくれ/心配しなくていいからね)。
それと、(お見舞いをもらっておきながら/中々思うようにならなくて)、(報告/お礼/報告とお礼)が遅くなってしまい(申し訳なかったね/許してくれな/勘弁してくれな)。
(簡単だけど、お見舞いのお礼まで/良くなったら連絡します)。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

怪我お見舞い お礼状 文例(軽微_親戚宛)

(拝復/拝啓) ΟΟの候、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、(思いもよらぬ私の/私の不注意による/長男ОΟ/父/妻)の(怪我/突然の入院/入院)に際しては、(早々に/わざわざ)(温かいお見舞状/励ましのお言葉/お見舞いにお越しいただいた)ばかりか (多大なお見舞い/お心遣い/お見舞いの品/素敵なОΟ)まで(頂戴いたし/いただき/お送りいただき)、(感謝いたしております/ありとうございます/厚くお礼申し上げます)。
または
前略 この度は、(思いもよらぬ私の/私の不注意による/長男ОΟ/父/妻)の(怪我/突然の入院/入院)では、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)(に/にまで)ご(心配/心労)をおかけしてしまい(申し訳なございませんでした/すみませんでした/心からお詫びいたします)。
(また/さらには/それに/それにもかかわらず)、(温かいお見舞状/励ましのお言葉)ばかりか(お心遣い/過分なお見舞い/お見舞いの品/素敵なОΟ)まで(いただき/お送りいただき)まして(ありがとうございました/たいへん恐縮いたしてます)。
(幸いにして/何とか/幸い発見も早かったので/お陰様で)、(大事にいたらずにすみました/数日の入院で退院できました/今は元気になりました/最初の頃よりはるかに良くなりました/今ではОΟもできるくらいなっています)。
(しかし/とは言いましても/とは申しても)、(もう少し病院に行くのが遅れていたら今の回復はないと先生に云われました/その時は、かなりの痛みがあり、重症なんじゃないかと心配ですした/ΟΟから連絡を受けた時はきがきではありませんでした/完治するのか不安でしかたありませんでした/寝たきりにならないかと心配しました)。
でも今では(元気に(仕事/学校)に(復帰/通って)います/経過も順調です/家に帰り、ゆっくり療養しています/快方に向かってますので私たちも安堵しています/完全に以前と同じとまでは行きませんが、大方自分で何でもできるようになりまいた/日常生活に不便がなくなりました)ので、(叔父様/叔母様/ΟΟさん/皆様方)には(ご安心/ご休心/ご心配なされないで)ください。
(また/それと)、お見舞いをいただいておきながら、(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)が遅くなりましたこと、(どうかご容赦ください/ΟΟになり代わりお詫び申し上げます)。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、(叔父様/叔母様/ΟΟさん/皆様方)にはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

怪我お見舞い お礼状 文例(重篤_親戚宛)

拝復 ΟΟの候、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は(思いもよらぬ私の/私の不注意による/私の不始末から/長男ОΟ)の(怪我/突然の入院/入院)に際して、(早々に/わざわざ)(温かいお見舞状/励ましのお言葉/お見舞いにお越しいただいた)ばかりか (多大なお見舞い/お心遣い/お見舞いの品/素敵なОΟ)まで(頂戴いたし/賜り/いただき)、(深く感謝しております/たいへん恐縮しております/厚くお礼申し上げます)。
または
前略 この度は(思いもよらぬ私の/私の不注意による/私の不始末から/長男ОΟ)の(怪我/突然の入院/入院)で、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)(に/にまで)ご(心配/心労)をおかけしてしまい(申し訳なございません/すみません)。
(また/さらには/それに)、(温かいお見舞状/励ましのお言葉)ばかりか、(お心遣い/過分なお見舞い/お見舞いの品/素敵なОΟ)まで(いただき/頂戴し)、(たいへん感謝いたしております/ありがとうございます/恐縮いたしております)。
(入院後/手術後)の(病状/容態/状態/経過)は(安定はしているものの/未だОΟすることもできませんが/未だに傷の痛みがとれませんが/再度の手術が必要なのですが/まだ完全には体の自由がきかないですが)、(命にかかわる程ではありません/優秀な医療スタッフが揃っているところです/時間が経てば治るとのことな/リハビリで回復するできる/治療に専念している/本人も懸命に治療に取り組んでる)ので、 (何卒/どうか)、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)も(ご安心/ご休心/ご心配なされなて)ください。
または
(入院後/手術後)の(病状/容態/状態/経過)は(安定はしてます/未だ小康状態のままです/予断を許さないのです/良いとはいえません/手術が必要とのことです)が、(必ずや治ると信じてます/優秀な医療スタッフの皆さんに全てを任せてます/叔父様をはじめ多くの方の励ましに応えなければと思ってます/万一のこととはないと強く信じてます)ので、 (何卒/どうか)、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)(も/におかれましても)(今のところ/当面は/まずは)(ご安心/ご休心/ご心配なされなて)ください。
(また/それと)、(お見舞いをいただいておきながら/この様な状況でもあり/入院中の身で自由がきかず)、(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)が遅くなりましたこと、(何卒/どうか)(ご容赦/お許し)ください。
または
(また/それと)、お見舞いをいただいておきながら、遅くなり申し訳なかったのですが、(ОΟになり代わり)(ご報告/お礼/ご報告とお礼)を申し上げました。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、皆様方におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

怪我お見舞い お礼状 文例(軽微_同僚宛)

前略 この度は、(私の/私の不注意による/思いもよらない私の)(怪我/突然の入院/入院)で、(皆さん/ΟΟさん/多くの方々/会社の皆さん)に(ご心配/ご心配とご迷惑/たいへんなご迷惑)をかけしてしまい(申し訳ございません/すみません/お詫び申し上げます/深く反省してます)。
(また/それにもかかわらず)、(温かいお見舞状ばかりか/わざわざ病院まで来ていただいたうえに)、(お心遣い/お見舞い/お見舞いの品)まで(いただき/頂戴し)、(たいへん感謝いたしています/ありがとうございました/恐縮してます/面目なく思っています)。
(幸いにして/何とか/辛うじて病院へ行くのが早かったお陰で/お陰様で)、(大事にいたらずにすみました/もう後数日で退院できそうです/今は元気になりつつあります/最初の頃よりはるかに良くなりました/今ではОΟもできるくらいなっています)。
(しかし/とは言ても)、(もう少し病院に行くのが遅れていたらこんなものではすまなかってと先生に云われました/その時は、もの凄い痛みに重症ではないかと心配でした/その時は、もの凄い痛みで生きた心地がしませんでした/気を失って病院のベッドで目が覚めるまでなにも覚えていませんでした)。
今は(早く仕事への復帰ができるように療養に専念する日々してます/経過も順調です/自宅でリハビリをしています/今は快方に向かっています/日常生活には全く不便がなくなりました)ので、(皆/ΟΟ)さんも(ご安心/これ以上ご心配なさらないで)ください。
なお、ご(迷惑/心配)を(おかけしましたが来週には仕事に復帰でしそうです/おかけしましたが近日中に仕事に戻れると思います/先生から職場復帰も近いと云われています)ので、(その時にはご連絡します/復帰したら、この分を取り返すように頑張る覚悟ですので、また宜しくお願いします)。
または
なお、(退院の目処は/仕事への復帰の時期は)(まだ立ってません/不明確です)が、一日も早く職場に戻れるように治療に専念してますので、今しばらくご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、(何卒/どうか)(ご(容赦/勘弁)ください/不在中のご対応よろしくお願いいたします。
(略儀ではあります/簡単です)が、書中をもちましてお見舞いのお礼かたがたご報告申し上げ(ました/た次第です)。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

- ▼ [クリック-表示/非表示] -

怪我お見舞い お礼状 文例(重篤_同僚宛)▼

怪我お見舞い お礼状 文例(軽微_取引先担当宛)▼

怪我お見舞い お礼状 文例(重篤_取引先担当宛)▼

怪我お見舞い お礼状 文例(軽微_取引先宛)▼

怪我お見舞い お礼状 文例(重篤_ビジネス宛)▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項