怪我見舞(軽微_親戚)_お礼状文例と書き方

怪我見舞(軽微_親戚)_お礼状文例

怪我見舞(軽微_親戚)_お礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ΟООΟ 様

(拝復/拝啓) ΟΟの候、(叔父様/叔母様/○○さん)におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、(思いもよらぬ私の/私の不注意による/長男○○/父/妻)の(怪我/突然の入院/入院)に際しては、(早々に/わざわざ)(温かいお見舞状/励ましのお言葉/お見舞いにお越しいただいた)ばかりか (多大なお見舞い/お心遣い/お見舞いの品/素敵な○○)まで(頂戴いたし/いただき/お送りいただき)、(感謝いたしております/ありとうございます/厚くお礼申し上げます)。
または
前略
この度は、(思いもよらぬ私の/私の不注意による/長男○○/父/妻)の(怪我/突然の入院/入院)では、(叔父様/叔母様/○○さん)(に/にまで)ご(心配/心労)をおかけしてしまい(申し訳なございませんでした/すみませんでした/心からお詫びいたします)。
(また/さらには/それに/それにもかかわらず)、(温かいお見舞状/励ましのお言葉)ばかりか(お心遣い/過分なお見舞い/お見舞いの品/素敵な○○)まで(いただき/お送りいただき)まして(ありがとうございました/たいへん恐縮いたしてます)。
(幸いにして/何とか/幸い発見も早かったので/お陰様で)、(大事にいたらずにすみました/数日の入院で退院できました/今は元気になりました/最初の頃よりはるかに良くなりました/今では○○もできるくらいなっています)。
(しかし/とは言いましても/とは申しても)、(もう少し病院に行くのが遅れていたら今の回復はないと先生に云われました/その時は、かなりの痛みがあり、重症なんじゃないかと心配ですした/○○から連絡を受けた時はきがきではありませんでした/完治するのか不安でしかたありませんでした/寝たきりにならないかと心配しました)。
でも今では(元気に(仕事/学校)に(復帰/通って)います/経過も順調です/家に帰り、ゆっくり療養しています/快方に向かってますので私たちも安堵しています/完全に以前と同じとまでは行きませんが、大方自分で何でもできるようになりまいた/日常生活に不便がなくなりました)ので、(叔父様/叔母様/○○さん/皆様方)には(ご安心/ご休心/ご心配なされないで)ください。
(また/それと)、お見舞いをいただいておきながら、(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)が遅くなりましたこと、(どうかご容赦ください/○○になり代わりお詫び申し上げます)。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、(叔父様/叔母様/○○さん/皆様方)にはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000


10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

10月上旬
仲秋の候
爽秋の候
清秋の候

10月中旬
秋冷の候
秋麗の候
菊花の候

10月下旬
秋霜の候
錦秋の候
紅葉の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について